特殊乗り物と近代妖怪

忘れてしまったあの日の世界へ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

飛鳥山モノレール

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 スロープカー、ついに東京進出! ってえ事で、開業からしばらくして行ったのであった。

 なんか太陽公園のやつを一両にしたタイプである。

 使われ方はエレベータみたいなもんだが、一応「車両」になっていると落ち着く。落ち着くってのは言い方としてどうだか。

 このあたり、都電もあるし、鉄道好きにはなかなか楽しい辺りである。

 乗車時間が短いのがすごく残念である。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

天橋立ビューランド

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 ここは一度、「楽しい遊覧鉄道」やっている頃に行った場所であった。

 でも新型が入ったというので、この時同行していた(丹後半島二人オフとか言っていた)YASUさんにダダこねて回ってもらったのだった。「あそこは混みますよ」と言われたが、全くそのとおりだった。

 で、新型というのが嘉穂製作所製であった。繁盛しているなあ。

 レールは前と変わらないみたいだが、路線もちょっとは変わったのかなあ。片方には乗務員が乗っているので、モニターが設置されているみたいだった。

 おまけの豆汽車は動いてなかった。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

姫路 太陽公園

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 姫路駅からバスに乗って、ずいぶんと山奥まで行ったもんである。
 まだできた当初だから、お客さんもいっぱいいた。もっとも、バスの運転手さんは一度行ったらもういいとまで言い切ったもんであるが。

 ここになかなかいいカタチのスロープカーがいるらしいと聞いて出かけたのだが、全くそのとおりで、東京メトロにいそうなデザインであった。

 もっとも少し後に飛鳥山のスロープカーが開業してしまうのだが、でも、こっちは2両連結である。

 さらには車内のタッチパネルで運転するようであった。

 で、太陽公園そのものはどういうスポットかというと、なんか怪しかった。とにかく怪しいだけだ。そこに行けばどんな夢もかなうような気がした。気がするだけだった。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

上田女子短大

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 そういえば、このところ意欲がなくてあんまり旅行してないなあと思っています。

 まあ帯広のばんえい競馬のバックヤードツアーは行きたいですけどね。乗れないの?

 これはですね、長野県にある上田女子短大のスロープカーです。学園祭だと中に入れるみたいなんで見てきました。けど。

 乗れませんでした。


 消化不良のまま、この日は草軽電鉄の残っていた駅に行ったんだったなあ。

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

チタン塊落下 ケータイ投稿記事

ロシアか。

この間、歯車の化石もあったなあ。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事