特殊乗り物と近代妖怪

忘れてしまったあの日の世界へ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全24ページ

[20] [21] [22] [23] [24]

[ 前のページ | 次のページ ]

 ユニバース出版社からかつて出た「にっぽん宇宙人白書」には、なかなか興味深い事例がいくつも現地調査されて載っている。日本のUFO事件に関する重要な1次資料と言えるだろう。今回はその中の一つを紹介しよう。
 1974年、京都・大原に住む河上むつさんは、深夜、山鳴りの音に驚いて外に飛び出し、その帰りに庭を見たところ、そこに異様な「小人」の姿を見る。しかもそれは「飛行物体」を伴っていた。まとめると次のようになる。

目撃者:京都・大原で旅館「紫雲」を営む河上むつさん
目撃の年月日時:1974年5月15日 午前1時頃
目撃場所:むつさんの家の庭
現れた「搭乗者」の姿:身長30〜40センチの小人。白い固まりのようで後ろにプロパンガスのような炎を出す。
とった行動:砂利の上空10センチほどで男性が立小便するような姿で揺れる。白い光を目撃者の顔面にあびせる(目に痛みを感じる…この後むつさんは子供の水中メガネで保護してまた家から出てくる)。
現れた「飛行物体」の姿:むつさんが再び庭に出て目撃。まばゆい光を放つ棒状。長さ2m、幅20センチほど。100mも離れていない上空に見えた。

 1970年代と言う事で、まだまだ独自の特徴を備えているような感じも受ける。
 しかしこれだけで事件は終わらない。かねてより交通事故の後遺症で頭や手足の痛みに悩まされていたむつさんだったが、それが事件の後、しばらくしてすっかり良くなってしまったというのだ。
 こういった例はフランスも起きている。戦争後遺症に悩んだ「X博士」が二機の「円盤」に遭遇。そこから出た光線を浴びた後、痛みが無くなってしまったと言うものだ(この事件はかのジャック・ヴァレが調査している)。
 さらにまた奇妙な物体がむつさんの所には現れている。それも何度も。

目撃の年月日:1974年7月末の晩
目撃場所:むつさんの家の庭
現れた「飛行物体」の形状:「座布団をひねくったカタチ」の泡状
とった行動:鍋に入れて火にかけたかぼちゃをすっかり灰にしてしまう。匂いもしない。灰を手に取ると紫色に変色。
※この鍋はその後「アメリカの有名な博士」なる人物に持って行かれ、写真しか残っていないという。

 なんとむつさんの所には「MIB」が来ているという事ですな。かぼちゃの鍋を持っていくなんて行動も奇妙だし。

目撃者:むつさんと隣町に住むAさん
目撃の年月日:不明
目撃場所:むつさんの自宅近くの田んぼの上空
現れた「飛行物体」の姿1:ハート型の光体、周囲が赤く、内側がオレンジ色。一度消え、また現れる。
現れた「飛行物体」の姿2:上記の目撃の4分後。泡状で直径40センチほど。わずか5mの目の前に現れる。

目撃の年月日時:1974年 夏の深夜
現れた「物体」の形状1:卵型で自家用車のよう
とった行動:トラックの前輪を宙に浮かせる。別のトラックの前方も1mほど持ち上げる。
現れた「物体」の形状2:洗濯の泡のよう。むつさんの右肩に貼りついていた。
とった行動:強力な磁石のように吸いつく。むつさんが服ごと燃やすと黄色の煙を出してパチッ、パチッと燃えた。

目撃の年月日時:1975年2月 夜7時頃
目撃場所:むつさんの自宅近くの高圧線上
現れた飛行物体の形状:両手を広げたぐらいの大きさ。内側が燃えるような赤で、外がオレンジ色。
とった行動:付近を停電にし、近くを通る車のエンジンやライトも止めてしまう。
※1 矢追純一氏によると、1974年に京都・大原のゴルフ場で同じように「高圧線上の円盤」が目撃された。客とキャディが目撃し、数週間全身が痺れて寝込んだと言う。
※2 さらに翌日、カーキ色か茶色の作業服を着た2,3人の男がガイガーカウンターのような物を持ち、マイクで上空のヘリコプターと交信するのが目撃される。関西電力ではこの事件の頃には人を派遣していないという。

 またも「MIB」現る? といったところか。EM効果も見られるのは西洋的でもありますな。

目撃の年月日時:1974年頃 夜
目撃場所1:近所の阿弥陀寺
現れた「物体」の形状:白い光体
とった行動1:障子の向こうに現れ、すき焼きの鍋に火をつかせない。
目撃場所2:上記の帰途、車の左後方から迫る。
現れた「物体」の形状2:白い煙状
とった行動2:車のライトを数倍明るくしてしまう。

 このあたりは奇妙度爆発(笑)。何を考えているか判らないというのはいかにも「うちゅーじん」ですな。
 他にもある日は立命館の学生と上空を行ったり来たりする、「あたかも散歩しているような」物体を目撃したり、またある日には近所の人と3回続けて球状のピンク色の物体を自宅裏で目撃。ある冬の日などは留守なのに隣家の人が家に灯りがついているのを目撃、電気は消してあったのだが、1m程積もった外の雪が窓の幅の分、まるで熱湯をかけたように消失してしまっていたのだという。
 そしてむつさんはこんな目撃も経験している。

目撃の年月日時:1976年3月末 午前11時頃
目撃場所:むつさんの自宅玄関
現れた「人物」の姿:身長165センチぐらい。髪は茶と銀色が混じり真ん中で分けて肩までたらす。肌は小麦色でガラスのような透き通った目。服は首の所が詰襟のように高く、縫い目が無い。体にぴっちりしていて胴に幅広のベルト。朱色か茶色のような色で、靴はかかとの低い運動靴状。
とった行動:小雨の中立っているだけ。近づこうとするとどこからか「光線」が浴びせる。
※さらにその後、足跡が残っているのが発見される。それはアダムスキの目撃した(と主張する)金星人オーソンがカリフォルニアの砂漠に残したものにそっくりな物と、1965年3月2日にフロリダ州でジョン・リーブスが発見したものにそっくりな物の二種類だったという。

 靴を左右で別に履いていたのだろうか? 典型的なコンタクティタイプではあるものの、その行動は19世紀の幽霊飛行船の搭乗員のようでもある。
 まるで「UFO事件総まくり」な河上むつさん、一体何が起こっていたのだろうか?
 実はうらふじさんと、この旅館に行こうと話した事もあるのだが、電話が繋がらず、実現できていない。

開く コメント(3)

 年末、国際展示場で開かれます「コミックマーケット」という催しに、私の参加している「Spファイル」も出る予定なんですが、なんと今年は12月31日に当たってしまったんですね。いやはや。
 で、今回は去年の「コミックマーケット」にて入手した、「神話研究会」さんの「抄訳 三州奇談/続・三州奇談」についてのお話。これは加賀・能登・越中の三国の奇談その他を集めた江戸時代の書物で、正編は明和(1764〜72)の初め頃、続編は安永8(1779)年頃の成立と言う事で、著者は掘麦水という人だそうです。
 中には「光り物」関連の話もいくつかありますので、拾ってみましょう。

巻1−5より「くらげの火の玉」
目撃者:大聖寺藩の侍、小原長八
目撃年月日:元文年間(1736〜41)
詳しい内容:海岸近くの全昌寺という寺の裏を歩いていると、赤い火の玉が飛んできた。
目の前に来たので斬り付けると二つに割れ、松脂のような物が顔に貼りついた。
海辺に住む老人の話では、クラゲが時々風に乗って飛び、夜は火花のように見えるのだという。

 これは以前に書いた「利根川図志」の「カハホタル」のようで興味深いです。次の話もそう。

続編 巻6−2より「鬼火に投網」
目撃者:七尾の東辺の町に住む越後屋仲介
目撃年月日:元文年間(1736〜41)秋の夜
詳しい状況:網を打っていると松尾山の尾根から鬼火が飛んできて近くの水面に落ちた。
その辺りに網を投げるとたくさんの小さな火に分裂し、網の目を抜け、高さ2、3丈ほどでまた一団となった。網をたぐりよせたが何も残っていなかった。

 ここには「すすけ行灯」という、現在の石川県七尾市鍛冶町の安楽寺と寺町の間に出る怪異の事も出ており、地上5〜7尺上空に浮く、すすけた角行灯のようなもので、多くは雨の日に現れ、年に4、5度人を驚かすとの事です。人がすれ違うと消えるとか、飛び越された人もいるとか。
 また続編 巻6−6には安永6(1777)年の七尾の大野氏の屋敷で起こった怪異が出ており、その中には、四角い提灯のような火が地上1尺ばかり上空を飛んだ話もあります。
 さらには意外なものも空を飛んだようです。

巻4−17「空飛ぶ赤蛇」
目撃年月日:宝歴9(1759)年夏
目撃場所:加賀 青山家
詳しい内容:長さ1尺5,6寸程の火のように赤い蛇が、地上3尺ほど上空を飛んで門内に入って来た。
4、5間の間を行ったり来たりし、杉戸をつきぬけて消えた。杉戸には鉄砲で打ちぬいたような穴が開いていた。

 まだまだ他にも、現在の石川県小松市三谷での「人の形をしたものが三人、太鼓のようなものを取り囲んでいる怪火」など、色々な話が出ていますので、興味ある方は、見つけたら押さえておく事をおすすめします。

開く コメント(0)

 現在コンビニなんかで売っております「日本史 恐くて不思議な出来事」(中江克己 PHP研究所)、まあこういう本も「素材」として、また奇現象の世界に入っていくきっかけとして、なかなかに楽しめるものではないかと思うのです。
 もっとも、やれ家康に宇宙人が接触を試みただの、茨城の海岸に円盤みたいな舟が流れ着いただのという、まあ聞いたような話もあるのですが、「夜空を飛ぶ火焔はUFOか」というエピソード、これはあまり詳しく聞いた事が無かったので今回取り上げてみようという訳です。

 簡単にまとめてみましょう。

【目撃例 その1】

元資料:兎園小説(滝沢馬琴らによる奇談集)
目撃者:奥医師の山本宗英
目撃された年月日時:文化13(1816)年7月10日 4つ時(午後10時)頃
目撃場所:江戸本所(現・東京都墨田区)両国橋上空
詳しい状況:なにげなく夜空を見上げた所、一塊の火焔が青い光をたなびかせながら吾妻橋から大橋の方向に飛んでいった。目を凝らして見ると、その流れの中に青い衣を身にまとい(衣冠束帯姿)、馬に乗っている官人たちの姿が見えた。その姿は火焔を警護しているようであった。その後夜空に溶け込むように姿を消した。

【目撃例 その2】

元資料:我衣(加藤玄亀の風流随筆集)
目撃者:儒学者の多紀貞吉
目撃された年月日時:文化13(1816)年7月18日 9つ(午前0時)過ぎ
目撃場所:両国広小路(現・東京都墨田区)
詳しい状況:月を眺めていると、花火のような物が元柳橋の方にふわふわ飛んでいくのが見えた。同行の者と「不思議な事もあるものだ」と話していると、狩り衣のようなものを着た人物が青い馬に乗り、後を追って空を駆けて行った。高さはおよそ一丈(約3メートル)で、馬のひざから上ははっきり見えたのに、蹄の辺りは全く見えなかった。

 非常に面白いと思うのは、実はこれは「搭乗者目撃」ではないという事です。なぜなら人のいる位置は「光り物」の外なのですから。
 また、もう一つ言うならば、これとちょっと近い例が斎明元年(655年)の出来事として「日本書紀」に出ているのです。
 この年の5月1日、大空を龍に乗った者(まんが日本昔ばなしのオープニングのようですな)が現れたとの話で、その者は唐の人に似て、青い油笠を着ていたとの事。葛城山から生駒山の方角に飛んで隠れ、昼頃には住吉の松の梢から西の方に向かったのだそうです。

 そういえばニューギニアでのジル神父の目撃例では、「搭乗者」は「円盤」の上甲板に出ていました。
昔は人が外に出ている例も結構あるのかな? と思ったりしますが、中の人も外の人も目撃例として大変なのは変わりないでしょう。
 

開く コメント(0)

伊豆熱川事件

 先日ひょんなことから日本UFO界の有名人、韮澤潤一郎氏にお会いしてきた。私と韮沢氏のUFOに対する見解の違いはこの際関係無い。情報を持っている人には話を合わす。それが漢の生きる道(笑)
 実際にお会いした韮澤氏はアダムスキーどっぷりな人という訳ではなかったので、話もしやすかった。

 で、同好のペンパル募集氏から聞いた韮澤さんコラムの仰天記事がこれである。多分「UFOと宇宙」誌1979年か80年ぐらいの号に出てるんじゃないだろうか?

http://tamabook.com/j_nirasawa/2006/79.html

・事件の起きた時期:1979年3月、深夜2時頃
・事件の起きた場所:静岡県の伊豆、熱川に近い白田温泉郷の王監督の親戚の経営する中華料理店「温州軒」
・目撃されたUFOのカタチ:アダムスキー型に近い。窓は四角
・目撃された宇宙人のタイプ:黒く光るウェットスーツに身を包み、身長1m程度。頭は小さく耳が大きくて頭の両側に上へ向かってピンと突き出ている。頭はとがっていて、手の指は見当たらない。タレントのビートたけしの描く似顔絵に良く似ている。
・とった行動:中華料理屋に入り廊下を横切って冷蔵庫から何かを持ち出そうとする。壁を抜ける。
・とった行動2:朝早く窓の外の30センチぐらいの隙間で判らない言葉で話す。宙を横切ってふわふわと歩く。
・とった行動3:直径2mぐらいの着陸痕を残す。雑草が右周りになぎ倒され、中央が盛り上がっていて中の草は枯れずに残っていた。10センチ程度掘った所からシジュウカラぐらいの大きさで真っ黒、喉のところがオレンジ色の鳥が出てきた。野菜を食べず人間の食べるようなものを食べる。人間の嗄れ声で鳴く。犬が吠え立てても動じない。鳥類の専門家(インタビューではペットショップの店員)に聞いても正体は不明。閉まったままの籠の戸を開けて逃げる。

 とまあこんな感じなんですが、やはりこれも古典的な妖怪談の特徴を持っていますね。「甲子夜話」に出ていてもおかしくないような。
 またこういう奇妙な話の聞ける時代になるといいなあと思いました。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 福岡県朝倉郡というと、「朝倉軌道」という名前がすぐに出てくる人は(偏ってるかも知れませんが)鉄道関係ではマニアの部類に入るでしょう。
 その廃線跡とおぼしき所の近くにこの温泉はあります。とはいえ観光スポットというより「大規模な日帰り温泉」なんですが。
 そこで活躍しているのがゲテモノ単端ではなくて、このちょっとハイカラ風味のスロープカー、現代の珍軌道といってもいいでしょう。ライトはおへその位置にあるのも面白く、駅(?)にはホームドアもついています。
 最寄駅は甘木鉄道の山隈駅ですが、西鉄「朝倉街道」駅より杷木・甘木方面行きバスで粟田バス停で降りた方が近いようです。

開く コメント(3)

開く トラックバック(1)

全24ページ

[20] [21] [22] [23] [24]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事