特殊乗り物と近代妖怪

忘れてしまったあの日の世界へ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 軽便鉄道模型のレイアウトを目指すにあたり、まず鉄道名を決めた。「奥銀河軌道」である。

 なんとなく語感がいいからという理由だけだが、これならばレトロ未来調も偽SF3D調もOKである。某イベントのさかつうさんのブースで求めたロストワックスパーツを使ったスチームパンク風もありだろう。そうなると車両だけでなく、ストラクチャーもファンタジーSF風のものが作りたい。
 アメリカ、マッキーン社の気動車なんか十分レトロSF風ではあると思う。今だったらラピートがある。

 実際この方向性はBVRRや平野和美さんのうさぎの軌道にも影響を受けているんだけど、なんといっても謎のパイク「しいたけ軌道」の影響力は多大である。

…ってえのは他でも書いたんだけどね。こっちはネタ帳も兼ねた内容にしていこう。

 案外アルモデルのEEタイプ電機などHOナロー風にしてもいけるかもしれない。今資料も現物もないけど。

※いま思いついたネタ
 キャブにNゲージ玉電80(GMかBトレ)のボディを縮めたもの(1930年代未来列車に見えるようにデコレート)、ボイラーにシャチハタネームの入っていたプラスチックのケース、ボイラーのふたはBトレの車輪、煙突はボールペンの先をひっくり返したものを加工。これをチビ凸動力に載せ、スカートつけてグラスカステン+キャブフォワード+亀の子風味にするってのはどうか。ワンフェスで求めた石油缶を加工したテンダーを引かせるのもいい。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事