上海より

最近忙しくて更新ができませ〜ん。

全体表示

[ リスト ]

アンコールワット旅行

イメージ 1

もう12月ですね。
カンボジアの旅行の記憶も薄れてきてしまいました・・。

アンコールの情報って、遺跡に関しては多いけど他のことに関して少ないので
是非情報提供をと思っていたんですが、忘れてきてしまってます・・・。(汗)

カンボジア入国はビザが必要ですが、空港で取ることができます。
私の場合待ち時間は5分でした。早くてびっくりしました。

一言でいうと、プノンペン、アンコールワットは、英語が通じます。
びっくりしたのが、タクシーやトゥクトゥクのドライバー、物売りの子供達も英語が達者です。
なので、英語さえ話せれば何にも問題ありません。
(中国ってタクシードライバーなんて、英語話しませんから・・・・)

夜遅くにプノンペンに着いたのですが、空港にタクシーが待ってます。
英語が通じるのでホテルの名前を言えば、すぐに着きます。
アンコールでは、タクシーの受付が日本語話せます。

プノンペンは空港からホテルまでタクシーで10ドル、アンコールは5ドルでした。
プノンペンはガイドブックを見ると7ドルって書いてますが、
まぁ3ドルの差だったので黙ってのりました。

プノンペンは朝、夕のラッシュアワーの渋滞がすごいです。
でも、空港まで遠くないので渋滞でも30分ぐらいみれば余裕で着きますね。

プノンペンでもアンコールでもタクシーをチャーターしないで、トゥクトゥクをチャーターしました。
ドライバーの感じがとてもよかったので、プノンペンは一日10ドル、
アンコールは20ドルでチャーターしましたが、この値段だったらタクシーもチャーターできます。

トゥクトゥクは視界も広いし、外国にきてるなぁ!って余韻に浸れます。
バイクタクシーを近所の人に勧められましたが、外国人で乗っている人見ませんでした。
アンコールでは、レンタル自転車している観光客が多かったです。

中国も物価が安いけど、カンボジアはもっと安いです・・・。
でも、お土産やは、ふざけるな!って程高いです。
中国で500円ぐらいな怪しい置物などが、1万円ぐらいで売ってます。

つづく(たぶん)

閉じる コメント(2)

タクシーで日本語が通じるってすごいですね。

2007/12/10(月) 午後 0:42 gui*u04*8

顔アイコン

Guifuさん>そうなんですよ。しかもタクシー運転手にメールアドレスもらいました・・・。(英語も読めるってこと?)なんか進んでいる国ですね。

2007/12/12(水) 午前 10:14 mon*wa*00


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事