LES ACTUALITES JAPONAISES

Pardonnez-moi, pardonnez-moi, parce que je suis Japonais....

翻訳フランス語・文化

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

観桜の記 仰ぎ見る花こそ、美しく恐ろしい

« MON AVIS »

このたびの原文が、情景描写によって唐突に切り出されているので、戸惑われた方もいるかもしれない。申し訳ない。この記事は、吉田秀和氏が朝日新聞に連載されている「音楽展望」の、今月分の最後のchapitreに当る。彼が都心の高層ビルから、足元に広がる町並みに埋もれた桜の花を見たときの思いが、綴られている。すごく心を揺さぶる内容で感動したので、迷わず翻訳させてもらった。ひょっとしたらアサヒ・コムにも掲載されているかもしれないので、興味のある方は全文を読まれてみてはいかがだろうか。それにしても、昨日ぼくがブログに掲載した記事と、図らずも好対照なものになってしまった。「現実的なもの」と「詩的なもの」の間には、厳然とした違いがある。日本語ではなかなかそれを判別できないのだが、フランス語にすると明らかに違ったものが出来上がる。そこがフランス語のフランス語たる所以かもしれない。

« Article d’Asahi »

田舎の墓たちの笑い声の代わりに耳に入ってくるのはワアワア・ガヤガヤであろうと、これは音を通さないガラスの窓の中での想像の耳の働き。それら醜い箱が無数に散らばっている合間のあちこちに、薄紅色の哀れな桜の木が、何かのシミのようにへっつくばっている。かわいそうな桜。桜は、もしかしたら、その下に立って仰ぎ見るものではあるまいか、とこの時初めて気がついた。
どこでも、そうとは限らないのかもしれない。現に私も昔々中学生のころ吉野に行って、無数の桜を高みから眺め、その景観を楽しんだことがあった。だが、ここ、東京・六本木の高層ビルからの眺めは、私にそれを許さない。この醜悪な茸の群れのような建物の墓石が私の前に立ちふさがっているのだ。
コレガ オマエノ フルサトダ、と吹き来る風がいう
声なく立ちつくす私の姿を見て、親切な若い友人たちは大急ぎで摩天楼を離れ、青山墓地に連れて行ってくれた。そこにはありあまるほどの桜が連立していて、下から見上げる私を機嫌良く迎えてくれた。おまけに、驚いたことに友人たちは持ち運び用のイスまで用意していて、そこに私を座らせた。
「待て、しばし、やがて、君も休むだろう」と、私の耳のそばで誰かが囁いたような気がした。そうだ、私も思い出したよ。
年々や桜を肥やす花の塵

« Traduction »
 
 J’entendais des voix comme le brouhaha que je sentais se produire au-delà du carreau qui coupait le bruit extérieur ; il était différent de rires des tombes que j’avais entendus dans la campagne. Le terrain que encombraient les caisses tant vilaines qu’innombrables était tacheté des fleurs de cerisiers endeuillées en rouge fané. Quels pauvres cerisiers ! Je me suis apperçu que, sans doute, celles-ci devaient vouloir être vues d’en bas.
 Peut-être, c’est conditionnel. Effectivement, quand j’étais collégien, j’avais visité Yoshino et m’étais ému des immenses fleurs de cerisiers, en les embrassant de la hauteur. Mais le paysage dominé d’un haut immeuble ne m’en permettait pas dans Roppongi de Tokyo. Devant moi, ne grouillaient que les bâtiments funèbres qui ressemblaient aux champignons laids.
C’est ton berceau, disait le vent qui a couru vers moi.
Me voyant être découragé sans un mot, mes amis obligeants m’ont décroché de la gratte-ciel en hâte et emmené au cimetière d’Aoyama. On y trouvait les cerisiers touffus qui recevaient de bonne humeur nous qui les voyions aux yeux relevés. Qui mieux est et à ma grande surprise, les amis m’assoyaient sur la chaise pliante qu’ils installaient.
« Attends un instant et, toi aussi, tu te reposeras bientôt », alors j’étais saisi d’une voix comme si quelqu’un avait chechoté à mon oreille. Bien, je m’en souviens !
D’année en année, la futaie se nourrit mieux de ses fleurs qu’elle a laissé tomber.

この記事に

開く コメント(1)

自然体で芸を継承/実力あれば養子も

« MON AVIS »

「世襲議員」。実際ぼくは、この日本語が意味の点から正しいとは思っていない。最近の造語だろう。なぜなら議員という職は、「継がれるものではなく、選ばれることによって」、得られるものであるからだ。だから世襲議員は2代続けて立候補できない、という考え方は根本的に誤りである。結局問題なのは、選んでしまう国民と選挙制度ではないか。それに選ばれた人が立派に職責を果たすなら、2代目だろうが3代目だろうが構わない、とぼくは思う。言葉の誤用、それは日本語、ひいては言葉を雰囲気だけで使おうとする日本人の、悪い側面だと思う。そう言いつつも実際には社会現象として、この言葉はすでに定着している(日本語には「死語」という言葉も存在するくらいだから、いつまで残っているかは分からないが)。だから「世襲議員」の何が問題なのかを、しっかり論じることが一番だと思う。いつかの記事では2、3代目議員と「初顔議員」の格差について、触れたものがあった。だが格差なんて政治の世界に始まったことではない。しかも政治家は身分も所得も、一般市民とは比べ物にならないほど保証されている。議員自身こういったことを、四の五の問題にすること自体、みみっちくはないか?「あいつは世襲だから恵まれている」とか。それを言うなら、今の格差社会をどうしてくれる?、と言いたい。一言付け加えなければいけないが、最初に述べた通り第1 paragrapheのぼくの訳文は、「世襲議員」の説明において、フランス人に誤解を与える可能性が大である。

« Article d’Asahi »

ようやく総選挙になりそうだ。国会議員の世襲の是非が、ひところ盛んに議論されていた。そういえば日本の伝統文化や伝統芸能は世襲が多い。世襲は日本のお家芸なのだろうか。
歌舞伎では、観客も役者の世襲を期待するといわれる。一生かけて歌舞伎を見る観客は、曽祖父から孫まで五代を見ることで「自分が支えてきた」と満足感を得られるからだ。能楽、華道、日本舞踊などでは、「家」が技芸を継承する家元制度が確立。世襲が何百年も続いている。
二十六世観世宗家の観世清和さんの息子、三郎太さん(10)が6月、「合浦 一拍子之伝」で「初シテ」をつとめた。600年を超す歴史がある能楽観世流を継ぐ者が、子供の時に必ず勤める主役が初シテだ。
清和さんは「幼い頃から謡を耳にし、自然体で修業を続けつつ、家を継いでいく。この繰り返しです」と話す。

« Traduction »

Nous parviendrons finalement aux élections législatives. La transmission de la députation à son enfant était mise en question pour un instant. À propos, la culture et l’art traditionnels sont souvent héréditaires. L’hérédité du métier de ses parents, est-elle, spécifique du Japon ?
Quant au kabuki(théâtre traditionnel du Japon), les spectateurs espèrent, on dit, les enfants hériter du métier de ses parents. Parce que l’amateur du kabuki qui s’amuse à le voir au travers sa vie peut se satisfaire de soutenir les cinq générations, de l’avant-avant-grand-père au petit-fils en tant que supporteur. Le nogaku, le kado et le nihonbuyo comme les autres arts traditionnels ont institué la succession du sang dont un « groupe fixe » tenait le privilège. La même famille transmet l’art depuis quelques centaines d’années.
Le fils de 26ème successeur de la famille de Kanze, Kiyokazu Kanze, Saburota(10 ans) a joué le « rôle principal » de « Kappo Ichibyoshi-no-Den »(titre d’une pièce de théâtre). C’est le « hatsu-shite »(rôle principal) que présente l’héritier de l’école de Kanze du nogaku qui se perpétue depuis plus de 600 ans.
M. Kiyokazu dit qu’« en entendant des couplets depuis son enfance et s’entraînant sans se forcer, l’enfant succède à sa famille. Ainsi l’art se transmet de génération en génération ».

この記事に

開く コメント(1)

「文化知る手掛かり」民博が紹介

« MON AVIS »

前回の記事、「都市化が生む健康格差(朝日新聞11/07/2009の記事)」と比べると、不思議にも断然訳し易かった。分野でいえば前回が「現代社会」で、今回が「宗教」ということになるだろうか。本当は幸いにもどちらも、フランスの大学で学んだ分野だった。「現代社会」は地理で、「宗教」は歴史で。だから訳せて当たり前ではないか、と言われても仕方がないかもしれない。日本語でも同じだと思うのだが、それでも分野ごとに固有の言葉は存在するし、それらをきちんと捕らえていないと、なかなかうまい訳は与えられない。原文にある「土地神」、「山岳信仰」、「修験道」は案外手ごわいかもしれない。
前回よりてこずらなかったのも、「宗教」や「哲学」が好きな分野だから、というのもあるのだろう。実際朝日新聞の「こころ」というrubrique(欄)に掲載される記事は、以前は「生死」を扱った重いものが多くて、毎週楽しみにしていた。このたびの記事の同じ紙面に、本の発売が紹介されていた「日々是修業」はすごくよかったので、連載終了が本当に残念だった。ところで最近この「こころ」のページ、以前と比べると少しウェイトを落とした感じがする。以前の記事がかなり重厚なものだったので、読者によっては理解を得ることが難しかったのかもしれない。
生死の問題は「宗教・哲学」に限らない。今や「社会保障」、「医療」、「貧困」、「自殺」等多岐の分野にわたる。だから使われる語も、これらと関連性があると言って過言ではない。

« Article d’Asahi »

チベットに仏教が伝来する以前からあった土着的な宗教「ポン教」に関する大がかりな展覧会が、国立民族博物館(大阪府吹田市千里万博公園)で開かれている。チベットの文化を知る上で欠かせないにもかかわらず、日本ではほとんど知られていないポン教の世界を紹介する貴重な機会だ。
ポン教の起源は紀元前にさかのぼると推定されている。仏教がチベットにもたらされ、政権と結びついた8世紀後半に衰退するものの、11世紀には仏教の影響を受けた「新しいポン教」が生まれた。少数派ながら、今も中国のチベット自治区全域ほか、四川省、甘粛省、青海省、雲南省からヒマラヤ南麓まで広く分布している。
国立民族博物館の長野泰彦教授によると、ポン教は狩猟採集を主とした生活を背景に生まれ、土地神や山岳信仰などの土着的要素と密接な関連を保っている。日本の修験道にも似ているという。
初期の「古いポン教」は死者儀礼を主としてきたが、仏教に同化された「新しいポン教」はシャーマニズム的要素も帯びた。その一方で仏教に抵抗して、独自の高度な教理体系や図像体系を築き上げ、チベット仏教の哲学や儀礼にも影響を与えてきた。

« Traduction »

Au Musée Éthnique National(dans le parc de l’Exposition Universelle de Sénri de Suita-shi d’Osaka), est tenue la grande exposition de la religion autochtone, « Pon », qui avait été fondée antérieurement à l’introduction du bouddhisme dans le Tibet. Elle est indispensable pour approfondir la culture tibétaine mais si inconnue au Japon que l’événement est une occasion assez précieuse pour nous élairer sur elle.
L’origine de Pon remonte avant Jésus-Christ selon une supposition. Elle avait décliné à la seconde moitié du 8ème siècle où le bouddhisme fut introduit dans le Tibet et s’associa avec le pouvoir tibétain mais au 11ème siècle naquit l’autre religion « Pon » influencée par le bouddhisme. Malgré la minorité, elle se propage amplement, à commencer par tout le territoire autonome tibétain, des cantons de Sichuan, de Gansu, de Qinghai, de Yunna aux piemonts de l’Himalaya.
Selon le professeur du Musée Éthnique National, Yasuhiko Nagano, le ponisme créé sur la vie de chasse et de pêche est étroitement lié avec des éléments indigènes comme des dieux païens et cultes montagnards. On dit qu’il est semblable à l’ascétisme japonais pratiqué dans la montagne (appelé Shugendo).
L’« ancien ponisme » primitif était basé sur le rite du mort tandis que le « nouveau ponisme » intégré au bouddhisme se revêtait du chamanisme. De l’autre côté, résistant au bouddhisme, le dernier raffinait les systèmes dogmatique et iconographique, et au contraire influençait la philosophie et le rite du bouddhisme tibétain.

この記事に

開く コメント(0)

« MON AVIS »

 このたびは横文字がたくさん登場するので、仕方なくWeb上のEncyclopédieを活用させてもらった。いつものごとく利用したのは、ウィッキペディアである。ピア・バウシュ。初耳だけれど、ドイツのdramaturge & danseuse(演劇家&舞台のダンサー)であるらしい。新聞には死を悼む意味で、3日連続で彼女の特集が組まれていた。ドイツの劇作家らしいが、舞台では絶大な影響力があったらしい。ウィッキペディアでは、日本語版にもフランス語版にも、彼女の経歴等が詳細に記されていた。ヨーロッパには長年いたけれど、結局テアトル(théâtre=theater)を見たのはスイスにいたとき、寮で友達になった人たちに連れて行ってもらった1回きりである。芸術やコンサート、演劇が嫌いという訳でもないのだが、なぜか行く気になれなかった。2時間くらいをそういったことに費やすなら、他のことをしたほうがマシ、と頭から決め付けていた、そんなところもあった。そのくせ映画の方はよく見に行ったが。ということは、さほどその類が好きではないのかもしれない。でもピナ・バウシュの記事を読んでみると、彼女の舞台は見てみたい気がした。彼女の言葉で印象的だったのは、「嬉しいときどのように笑い、悲しいときどのように泣いたか。なぜそうしたかではない」(朝日新聞07/07/2009の記事:「舞踏家ピナ・バウシュを偲ぶ」浅田彰)である。これはひょっとしたら、浅田氏がピナの演劇をうまく要約した言葉なのかもしれない。でもこれを読んで、目から鱗が落ちる思いがした。

« Article d’Asahi »

60年代から70年代にかけ、アメリカではポスト・モダンが精彩を放っていた。ダンスは意味や物語や情緒から解き放たれ、シンプルで日常的な動き、ジェンダーレスな方向を目指し始めた。
しかし、70年代のヨーロッパで、ピナ・バウシュがブッパタール舞踏団を率いて、繰り出した作品の数々は、そのような流れとは逆を向いていた。例えば「コンタクトホーフ」では、男女が目配せをして嬌態を示す様子が執拗に描かれる。男女の集団が拮抗する、アリーナと化した舞台は衝撃的だ。
80年代の傑出した作品「カーネーション」や「ヴィクトール」になっても、男女間の行動の力学を描き分けるということは変わらないが、ダンサーの個人史的な挿話が頻繁に出現するようになる。ピナはけいこ中、ダンサーにたくさんの質問を発し、そこから抽出された脈絡のないエピソードを連ねる。そして舞台は、万華鏡のように変容し続ける。行為、言葉、叫びなどの些細な事柄がダンスと相まって、世界を映す鏡となる。これこそが「タンツテアター(舞踏芸術)」なのだ。

« Traduction »

Des années 1960 aux années 1970, la modalité poste-moderne était éclatante aux États-Unis. La danse avait franchi un cadre défini par la signification, le scénario et l’émotion et commençait à demander les gestes simples, quotidiens et asexués.
Mais de multiples œuvres que Pina Bausch avait présenté dans les années 1970 avec sa troupe, Wuppertal, en Europe tournaient le dos à ce mouvement. Par exemple, les acteurs et actresses faisaient des coquetteries avec les clins d’œil de manière harcelante dans « Kontakthof ». On fut frappé de la force exprimée par les séductions qui se heurtaient entre eux comme si l’on avait été en arène.
Dans les années 1980, ses ouvrages éminents comme « Œillets » et « Victor » étaient de même pleins de la dynamique produite entre deux sexes mais étaient parsmés des anecdotes individuelles des danseurs. Pina leur adressait beaucoup de questions dans l’exercice et attachaient bout à bout leurs épisodes qui ne se liaient pas. Et son théâtre se transformait comme le kaléidoscope. Les actes, rôles, cris et d’autres gestes s’inséraient dans la danse et devenaient un miroir sur lequel était projeté un univers. C’est, comme on dit, « Tanztheater ».

この記事に

開く コメント(0)

文芸評論家 斎藤美奈子

フランスでやっていたアニメで、タイトルが« Spy Ladies »だったかなんだったか、というのがあった。普通のギャル3人が主人公で、彼女たちがある機関の密命で悪と戦う(普通じゃない?!)、という勧善懲悪もの(多分)。恐らくこの番組でだったと思うのだが、彼女たちが仕事にかたをつけたとき、必ず« La mission est terminée. »(任務完了)というナレーションが入っていた。それを聞きながら、「このセリフ、頂き!」とよく思ったものだ。それくらいこのmissionという言葉の響きは、イカしている。そこでこの記事のタイトル「依頼と代行」について、あなたらならどんな訳を与えるだろうか? « Demande et Sous-traitance »みたいにしたら、無粋の極みのように思えるのだが、どうでしょう?それにしても今話したアニメのnationalité(国籍)が、イマイチよく分からなかった。ストーリーはまさに往年の「ダーティー・ペア」を彷彿とさせたが、画面に現れる文字が英語だったから、日本のものではないようだ。しかし指令を発するLadiesの上司が、明らかに日本人だったので、本当に「???」だった。あと確か、ジャッキー・チェンをアニメの主人公にしたものもあった。やっぱり「アメリカ発」なんだろうな。

« Article d’Asahi 2 »

ところで、この5~6月に出版された複数のベテラン作家の長編小説もまた、同じ構造を踏襲、変奏しているのは偶然だろうか。
宮本輝の『骸骨ビルの庭』は大阪十三に建つ通称「骸骨ビル」を舞台に進行する。骸骨ビルは「阿部のパパちゃん」「茂木のおじちゃん」と呼ばれる二人の男性が、戦災孤児や親に遺棄された子供たちを育ててきた場所だった。成人した孤児たちはしかし、老朽化したビルにいまも居座り続けている。
ビルの住人を円満に退去させるべく赴任した「私」に促がされ、自らと骸骨ビル、そして二人の養父の戦後を次々に紹介する住人たち。『骸骨ビルの庭』はいわば黒幕の「私」によって、養父と孤児らが過去を旅する物語といえるだろう。「双子」「捨て子」のモチーフと同時に、そこにはまた女性への虐待という汚名を着て死んだ片方の養父の冤罪を晴らし、二人の「父」の恩に報いたという、もう一つの「依頼と代行」の物語が隠されている。

« Traduction 2 »

À propos, des grands romans publiés en ce mai et le juin par des écrivains émérites, eux-mêmes, sont pareillement arrangés dans l’intrigue mais pourquoi ils prennent la même allure ?
« Jardin de l’Immeuble Squelettique » de Teru Miyamoto se déroule autour de l’immeuble surnommé « Squelette » qui se trouve à Juso d’Osaka. Dans cet immeuble, deux hommes appelés « Papa d’Abe » et « Tonton de Mogi » élevaient des orphelins de guerre et abandonnés par leurs parents. Mais les ceux-ci à l’âge d’homme s’attribuent le bâtiment vétuste depuis toujours.
Incité par « Moi » chargé de déloger les habitants sans heurt, ils lui parlent coup sur coup de leurs propres passés, de l’« Immeuble Squelettique » et du cours des vies de leurs adoptants après la guerre. Autant dire que « Moi » qui tient le rôle d’une éminence grise amène les adoptants et orphelins à se transporter dans leur passé(comme en les chargeant de mission). Il y existe les choses qui symbolisent « Jumeaux » et « Orphelin » en même temps que l’autre « Ordre et Mission » qui est que les orphelins vengent l’honneur d’un des beaux pères qui, accusé d’avoir martyrisé une femme, est mort couvert d’opprobre, et les paient de retour.

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事