BLOG さぬき路

BLOG青い国四国路(旧名BLOG さぬき路)から一部移転しました。

全体表示

[ リスト ]

松岩寺とマリア観音

 北面山 薬求院 松岩寺(ショウガンジ) 宗派 浄土宗 香川県高松市西宝町3丁目
 松岩寺は、キリシタン燈籠と穴観音(マリア観音)があり、生駒高松藩家老森家のゆかりのお寺のようで、小豆島と関係が深くキリシタン信者であったのかもしれません。近くの克軍寺にもキリシタン灯篭がある。
 本堂の天井の絵画も素晴らしいです。
 
 椎本芳室が延享四年(1747)3月4日84歳で没したが、没後、東讃の俳人が師を偲んで高松市西方町松岩寺に、「椎本芳室翁文塚」を建立し、毎年門弟達が追悼句会を開いていたが、文塚が何時の間にか姿を消し、高松市峰山墓地に捨てられているのを発見し、志度寺境内に移転したものである。
 
 生駒家は豊臣家臣として改易を早めたのである。また、家老森出雲の子森十右衛門正清の戒名が「松巌道仙信士」とあり、高松市西宝町三丁目「松巌寺」にはキリシタン灯篭と穴観音としてマリア観音を彫ったマリア地蔵がある。 
 藤井文庫蔵 藤井豊著 小豆島とキリシタン[渕崎庄屋森家]の項 より転載しました。
 撮影日 2013年4月8日・24日
 場所はスポットノート『キリシタンゆかりのmap/寺院・お堂などのmap』に投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 梵鐘歴史
 明治三十九年二月佛日
 鐘楼白山町(現三木町)多田茂氏の指導を得て当町内青年団が一致協力し当松岩寺境内に於いて作成 建立
 昭和十九年吉日(第2次世界大戦)
 軍部の調達により拠出。以後不明
 昭和五十一年四月二日 愛知県刈谷市豊田自動織機製作所に保管中 同社の好意で五月吉日返納 
 昭和五十一年五月十八日 本寺に再建
 昭和五十一年六月 松岩寺 後援西方寺西部自治会
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 2
 
イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

仏教の中のキリシタン、当時の人々の苦労が伝わります
キリシタン燈籠と穴観音(マリア観音)にナイス!

2013/5/20(月) 午前 2:04 まゆ陶工房 返信する

顔アイコン

まゆ陶工房さん、今でも知ってか知らずしてか普通に観音様としてお参りしているようです。洞窟の中は水が溜まっていて石像を上手く写せないのが残念です。
秀吉の時代は家臣の中にキリスト教が随分と広まっていたのですね。最近まで知りませんでした。

2013/5/20(月) 午前 9:18 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事