BLOG さぬき路

BLOG青い国四国路(旧名BLOG さぬき路)から一部移転しました。

全体表示

[ リスト ]

摩尼山 普門院 安養寺

小豆島八十八ヵ所第二十四番札所
寺院名:摩尼山 普門院 安養寺
宗 派:真言宗善通寺派
開 創:不詳
本 尊:如意輪観世音菩薩
住 所:香川県小豆郡小豆島町西村甲
電話番号:0879-82-1443
納経所:本寺
由 緒
 境内の一隅に樹齢二百年を経た椿が何本かある。俗に椿の寺ともいうが、椿はまた、不老長寿の神木にたとえられる。
 島郡史には、「開基は不詳。寛文六年(1666)に復興し。本尊の作者は不明と雖(いえど)も頗(すこぶ)る古仏なりと伝う」とあった。
 寺宝に、大幅の赤刺繍の二十五菩薩来迎図がある。阿弥陀経には、臨終に際して西方浄土から阿弥陀如来が、二十五菩薩を伴って迎えに来ると説く。この説にならい、弥陀仏の来迎を優美に描いたのが、この仏画である。
 安養の意味は、仏の浄土へ安心して往生する心を養うことである。弘法大師(空海)は、「安楽覩史(あんらくとし)、本よりこのかた胸中にあり」といわれた。安楽覩史とは、安養の心をいう。
解 説
 寺号は本尊を安置しる御堂。院号は僧衆が住む場所。山号は仏菩薩の威光を現す。
 摩尼山は、如意宝珠を意味し、悪を除き、濁水を清らかにし、災難を避ける徳があるとする。普門は、おまねく門を開くこと、観世音菩薩の智慧を現し、無門関の頌に、
 大道無門 大きな道に入る門はない
 千差有道 その門はどの道にも通じている
 透得此関 無門の関を透り得ると
 乾坤独歩 その人は大地を独歩できる
とある。
 この理に則れば、寺院のすべてが理解できる。
感 想:やたらに犬が多くて吠えまくります。恐怖を感じました。
資 料:香川県立図書館蔵 「朱鷺書房刊 小豆島八十八所霊場会編 小豆島八十八所遍路」などより転載しました。
撮影日:2014年6月26日
近隣施設:小豆島は島全体が観光地、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 11

詳しい地図で見る

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事