BLOG さぬき路

BLOG青い国四国路(旧名BLOG さぬき路)から一部移転しました。

全体表示

[ リスト ]

日内山 霊芝寺

寺 名:日内山 霊芝寺
本 尊:十一面観音菩薩
草 創:空海
宗 派:真言宗高野山派
札 所:さぬき三十三観音霊場十番札所
住 所:香川県さぬき市末695
電 話:087-894-2425
由 緒
 往古は東林山遍照光院また火打山大岡寺と号した。
 寛文二年山城国西明寺の僧恵忍が来錫して、当寺再興を発願し、松平頼重公その道風に帰依して寺門修造の功を助けた。
 二代藩主頼常公に至り寺号を霊芝寺と改称した。当寺は松平藩の菩提寺で頼常、頼恕公の墓所がある。
解 説:
文化財:
資 料:現地説明板
撮影日:2010年6月11日・2015年2月8日
近隣施設:志度寺、長尾寺、

頼常
 松平頼常は寛文十三年(1673)二十二歳で高松藩主となり、三十一年在任した。その間藩主として綱紀の粛正に努め、質素倹約を励行させ、見事に草創期における高松藩の基礎を固めた。
 頼常は水戸藩主の光圀の実子で水戸家を継ぐ立場にありながら、高松藩主に就いたのには、寛文元年(1661)父光圀が次男でありながら水戸藩三十五万石の藩主に就き、光圀の兄頼重がすでに小藩十二万石の高松藩主になっていた事情から光圀は兄に対して申し訳ないと考えていた。そこで兄頼重の子綱方を自分の後継者にし、代わりに、頼重は光圀の子頼常を高松藩の後継者にする申し出によった。
 実父に光圀を持つ頼常は学問好きで、昌平校の学頭を務めた島津藩の儒者菊池武雅を三百石の禄高で招き、高松藩内に儒教精神を広めた。宝永元年(1704)四月、五十三歳の時江戸で亡くなった頼常は水戸家の祖父頼房や父光圀のように、儒教の方式で葬式するように遺言したので、藩の儒者菊池武雅が一式を指揮し、遺体を江戸からここ霊芝寺に運び埋葬した。

頼恕(よりひろ)
 松平頼恕は、水戸の藩主徳川治紀の第二子としてうまれた。文化十二年(1815)高松藩主第八代松平頼儀(よりのり)の養継子に迎えられ、文政四年(1821)二十四歳で第九代の藩主になった。
 在任中、考信閣を設け後醍醐天皇から御水尾天皇までの歴史を纏めた。「暦朝要紀」を学者に命じて編集させた。また、文政十二年(1829)には久米栄左衛門によって坂出に広大な新浜塩田を完成させ、塩の増産を飛躍させている。他にも砂糖会所を通じて藩内製糖の振興をはかった。
 のち「讃岐三白」と称えられた地場産業がそれぞれの市場でその地位を確立する時代に藩主を務めただけに、いろいろな分野で事績を残した名君であった。
 「暦朝要紀」というのは水戸本家の徳川光圀が編集した「大日本史」の続編で歴代天皇の事績などを記述したものです。初代藩主の頼重もこうした歴史書を編集することを考えていたようだし、その後五代藩主頼恭も同じように編集に着手しながら財政難で途中挫折していたのを、塩や砂糖の量産で藩財政が一息ついたので、頼恕がその仕事を再開させたものです。
 頼恕は天保十三年(1842)四月、四十五歳の若さで亡くなったが、生前から遺言によって、二代藩主頼常と同じように水戸家の家風に従って、この霊芝寺に儒葬の様式で葬ることにした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9

奥の院
イメージ 11

イメージ 12

松平2藩主の墓(見ません)
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

梵字岩
イメージ 16

イメージ 17

代々住職の墓
イメージ 18

イメージ 19

詳しい地図で見る

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

おはようございます。水戸藩の飛び地でしたか。お寺は領主は関係なしに昔から栄えていたようで立派なお寺ですね。ナイス!

2015/2/9(月) 午前 9:26 [ 庭園&公園を歩く(東京の四季) ] 返信する

顔アイコン

> 庭園&公園を歩く(東京の四季)さん
光圀の男子が将軍家より早く生まれたので、気遣って高松藩に養子に出されたようです。更にその子供を水戸家と交換し、長男の孫が水戸徳川家を継ぐ形に戻したといわれています。

このお寺は、古くから有ったのですが、土佐の長宗我部によって焼き討ちに会い、全ての伽藍消失したようです。
高松藩は浄土宗でしたので、水戸から来た二人は、頼重ゆかりのこのお寺に祀られたようです。
山全体が霊地のようです。山頂には石鎚神社が祀られています。四国の奥地にあるため港から近い此の地に上り南方へ遥拝したようです。

2015/2/9(月) 午前 11:11 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

奥の院の写真の下は、日光東照宮の家康の墓所ににてますね。

2015/2/9(月) 午後 8:12 まゆ陶工房 返信する

顔アイコン

> まゆ陶工房兇気
本堂の裏山に有るのですが、門に鍵がかかっていてお墓までは行けませんでした。玉垣の左奥にあがったところに有るようです。

2015/2/10(火) 午前 9:54 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事