ぶるぶろぐ

新ブログはhttps://moonlighting2019.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

週刊SPA!に掲載。

>父親が遺した手帖のメモを頼りに深夜の飲食店巡り。

イメージ 2

↑日付が変わろうかとする深夜、朔良(さくら)はとある飲食店を訪れる。


イメージ 3

↑不慣れな雰囲気の店内に緊張していた彼女だが、アルコールの影響もあるのか
徐々に馴染み、色々と料理を注文。


イメージ 4

↑なんかシメに凄いの注文しておりますが!?


イメージ 5

↑実は遺品の手帖にメモされていた、父が足を運んだお店で注文した料理の数々を、
トレースするように味わっていくのが彼女の目標?「手帖のグルメ」。


かつてグルメ漫画の始祖的存在となった『孤独のグルメ』が
掲載されていた週刊雑誌に、新たに登場したグルメ作品がこれ。

『孤独の〜』の主人公は下戸だったのですが、
本作の主役は女性なれどアルコールは結構イケるクチで。

イメージ 6

↑メモ通りのお店を訪れるというルールの下、やっぱ入りづらさがあるのは仕方なし。


イメージ 7

↑注文もメモ通りなので、分からないコトはお店のヒトからアドバイスを。


イメージ 8

↑心の暖気が整えば、メインデイッシュ(?)にまで一直線!?


イメージ 9

↑お酒も回れば、亡き父親と同席する気分にも…「運動会と父」。


イメージ 10

↑ルールを曲げないためには、解読不能なナゾ料理も注文しなくてはイケナイ!「ハロウィン」。


イメージ 11

↑目的のお店に到着するまでの苦労も見逃せない?「川沿い散歩」。


イメージ 12

↑他の客から手帖を覗かれ、ツッコミを受けるアクシデントも?「冬の到来」。


イメージ 13

↑任務遂行(?)のためには、一品でこのようなお値段の料理も躊躇いなく注文!?「Night Owls」。


またまた新たなるグルメ漫画との出逢いかと期待した本作ですが、
『孤独のグルメ』同様一話8ページというショート物語を
素直に楽しめないというナゾが発生。

その理由とは、

1.主人公に魅力が皆無?

2.インクではなく、枠線も含めすべてエンピツで描かれているため?

3.無理してまで、メモ帖通りの店&料理を選んでいるため?

4.井之頭五郎が登場しないから?(おい)

5.その他あれこれ?

う〜ん…よく分かりませんが、次巻の購入は微妙かも★(スミマセン)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

主人公に魅力が皆無?
今までにないタイプかと思えば(笑)

2019/8/7(水) 午後 9:59 LUN

顔アイコン

> LUNさん

まぁ…一番の原因はそれかもしれませんね。
ここまで空気だと、せっかくの料理や物語が冷めちゃいそう?

2019/8/8(木) 午後 10:03 ぶるじん


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事