ぶるぶろぐ

新ブログはhttps://moonlighting2019.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全912ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2005年4月からお世話せわになっていたYahoo!ブログも
本日で記入最終日となってしまいました。

色々と人様が提供してくださった作品の数々を、
色々と難くせ(?)つけまくった当ブログも、
とうとう店仕舞いの時がやってきたようです。


最後の記事として、ZARD CD&DVDコレクションNo.45のDVD画像をひとつ。

イメージ 1

↑“テレブ朝日収録編”での衣装合わせで、気に入らなかった衣装を『やめます』と
泉水嬢が否定するカット。

ふた言めの『やめます!』は少々キツめだったのが印象的だったのですが、
たしかにZARD坂井泉水としての衣装ではないよなぁ。(ぬはは)

70年代の麻丘めぐみさんあたりだったらピッタシ?


それでは、長きにわたりお世話になりました☆


someday somewhere♪





というワケで、新ブログはコチラ↓

【読み切り】

☆「名探偵 鳳かおるの事件簿」櫻井あつひと

>元ヤンだったヒロインが名家のメイドとして働くのだがそこのお嬢様が…

かつてワタシがお気に入りだった「辻浦さんとチュパカブラ」を
本誌連載していた作家さんによる読み切り。
アシスタントとして修業していた成果なのか、
「辻浦さん〜」時代と比較すると絵柄の上達が!?
でも内容は以前と変わらないユルユルのお笑いなのがうれしいかな☆
たしかメタルファンだったと覚えているのだが、
それをネタとしたお笑いにも期待したいのよね。


【連載中】

☆「弱虫ペダル」渡辺航

>まさか坂道がママチャリを魔改造(?)するとは!?
まるで「Capeta」の序盤のような展開ですが、
MTB編はいい感じで進んでおりますよ。

☆「SHY」実樹ぶきみ

>ヒーロー(ヒロイン)物としては、
事件が解決しても全くカタルシスを得られないのがアレだったのだが、
次のエピでは期待しておこうかな。

☆「魔入りました!入間くん」西修

>今回登場した魔人は、なんかPCエンジン版「妖怪道中記」に登場した
ニセの釈迦如来を思い出しましたとさ。

☆「あっぱれ!浦安鉄筋家族」浜岡賢次

>まさか今回は最後まで同じ調子で攻めて行くのか!?と思いきや、
途中の垣ママの代筆が達筆過ぎて見事なお笑いへと昇華☆(さすがプロ)

☆「BEASTARS」板垣巴留

>いよいよこの作品も修羅編に突入しちゃったかな?
ジャコウネコかぁ、そういえば某北斗なんちゃらでは、
修羅の国突入前の帝都編にジャコウなんてキャラがいたよなぁ?

☆「逃亡者エリオ」細川雅巳

>う〜ん、連載開始5話目にしてはちょっと色々と物足りないかも?

☆「吸血鬼すぐ死ぬ」盆ノ木至

>なんか作者さんの体調がかなりよろしくないようで。
前回は一ヶ月の休載だったのだが、
今回はそれ以上になろうともしっかりと休養してくださいな。
ワタシもこのトシになって仕事がかなりキツく感じるようになってきたのだが、
週刊漫画家はそれ以上にキツいだろうからねぇ。

イメージ 1

月刊コミック@バンチに掲載。

>世界中の歴史上人物たちが今わの際に訪れるレストラン。

イメージ 2

↑父親の後を継いだレストランだが、あまりにも客が来ないので自暴自棄となった
主人公兼オーナー兼シェフの園場。


イメージ 3

↑そんな大混乱中な店に訪れた一行は、なんと信長公!?


イメージ 4

↑なんとか気を取り直し、思わぬ客らを持て成す園場たちだが、


イメージ 5

↑別次元の某所にて、まさに最後の時を迎えようとしていた信長が注文した料理とは!?


歴史上の人物が現代に召還する作品はそれなりに存在しますが、
本作はレジェンドクラスの偉人らが口にする最後の食事を
用意するのが主人公の目的という、壮大なロマン物語?

イメージ 6

↑現代風洋食コース料理を給仕し、好評を得るのだが…


イメージ 7

↑自身を“第六天魔王”と名乗る天下人は、最後の一皿にこだわるこだわる!


イメージ 8

↑そのプレッシャーに押しつぶされそうになった園場は、信長自身を厨房に呼び入れ、
なんと…!?


イメージ 9

↑最後の料理に満足した魔王様は、お代として国宝級アイテムをこの時代を後に。


作者の日常メシを描いた「流れ飯」が面白かったので、
他の作品も読んでみっかと検索していたら
自室の未読マンガの山に埋もれていたのを発見し、
今回読破してみたのがこの一冊。(おいおい)

イメージ 10

↑お次に登場する偉人様は、フランス語を介するこちらの女性。


イメージ 11

↑ギロチン処刑目前だった彼女、マリー・アントワネットの注文とは一体!?


イメージ 12

↑他には、暗殺寸前のカエサル(シーザー)や、


イメージ 13

↑やはり暗殺寸前の坂本竜馬、


イメージ 14

↑母国では現在でも国民的ヒロインとして崇められる美女軍人に至っては、
本作のレギュラーとして現世に居残るという好待遇!?(あはは)


主人公の園場が、なんか某「王様の仕立て屋」の主人公っぽく見えるのだが、
あちらと違って少々性格に難があるのがネックとなり、
正直ワタシにはあまり好ましく思えないのだが、次巻はどうしよう…?
イメージ 1

いただき〼幸せごはん他に掲載。

>作者自身による日常での食事風景あれこれ。

イメージ 2

↑まだ新人マンガ家で一人暮らしだった当時の筆者による日常的食事一例。


イメージ 3

↑そんな彼がある日、外食をしようととあるお店を初訪問してみたのだが…


イメージ 4

↑食事に到達するまで色々と不安要素を抱えたこのお店での満足度とは!?
「牛たまねぎ炒め」。


ひとり飯作品で、冒頭のエピでこのような体験を投入してくるとは、
この先どのようなアレなお店が登場するのか別の意味で
ワクワクさせてくれる本作、掴みは実にナイス!?

イメージ 5

↑多忙なマンガ家となり、景気づけにとステーキに挑戦!


イメージ 6

↑350グラムのサーロインを、意地でもかっ食らうのはもう男の意地!?


イメージ 7

↑で、妻子持ちとなった現在は、肉を食らうのにちと気遣いが必要…?「ステーキ」。


イメージ 8

↑アシスタント時代、仕事完了後に先生のおごりで寿司食いねぇ♪


イメージ 9

↑で、今はアシにごちそうする立場となった筆者氏ですが…


イメージ 10

↑なんかカッコがつかないのも筆者の持ち味だ★「回転寿司」。


イメージ 11

↑若き頃、時間を掛けての自炊をば。


イメージ 12

↑ところがある日のそれは、もぅ自爆丼…?「角煮丼】。


一話8〜10ページという流行の短編グルメ物ですが、
この作品は一言で申せば“大当たり”の部類にカテゴリされるであろう一冊。

現在二巻まで発売されているようなので、
続刊も当然購読するしかあるまいて☆

【連載中】

☆「BEASTARS」板垣巴留

>絶体絶命のピンチによく陥るレゴシさんですが、
今回の脱出劇はなんかコミカル風だったかな?
それはそうと、シシ組との距離が縮まったのは良い傾向??(アザラシ最高☆)

☆「WORST外伝 グリコ」高橋ヒロシ/鈴木リョータ

>コミックス二冊の累計販売(出荷?)数が50万部突破とな!?
しかし"WORST"も名を冠するだけでこれだけの数字をハジき出せるなら、
すべての作品に“WORST外伝”って(以下自粛)。

☆「六道の悪女たち」中村勇志

>六道と乱奈による痴話ゲンカには驚いたのですが、
乱奈に良き自我が芽生えつつあるのが、なんかいいよね。

全912ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事