ここから本文です
相田百合子の地球まるかじり
毎日食べ続けても飽きないパンを焼きたいです

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

アメリカ中西部のファーマーズマーケットで。兄妹だと思う。帰国の前日だったので小さいジャム購入。
何か飲んでいた。普段はあまり飲まないジュースなのかな。
農場で作るジャガイモ、卵、野菜、ジャム等を並べていた。放し飼いに近い鶏の卵はとても美味しいし、牛や羊も山羊も飼っているからバタも美味しいのだ。

オハイオに彼らが多く暮らす地域があってそのあたりを旅したことが。マーケットには馬車と馬がつながれ独特な衣服を着た人達が買い物をしたり談笑していたり。
戦争には行かない、電気は自家発電。電話を持たない。車も。つまりテレビ、パソコン、携帯電話は使わぬ生活。

この人達の食生活や作るお菓子、パン、料理を味わいたくて数日彼らの地域をウロウロした。吃驚したこと、意外だったこと、ネットでは絶対に公表出来ないこと・・・いろいろあった。
何しろ旅をすることは少し勉強が出来るのだね。仕事が溜まっているが旅に出たい!!

今年の夏アムトラックに乗ってシアトル〜シカゴ経由アナーバーまで3日間かけて移動。車窓からみかけた不思議な男性。

本当に何もない大平原を移動するわけで山あり大河あり湿地帯ありのアメリカだけれど途中の駅で見かけて何か心にひっかかった光景。アーミッシュの老御夫婦もみかけ駅からはタクシーに乗って帰宅するところやさびれた遊園地、農場で牛や馬がのんびり草を食べている様子や石油を掘っている掘削機を見かけたり・・・・いい旅だった。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事