ここから本文です
相田百合子の地球まるかじり
毎日食べ続けても飽きないパンを焼きたいです

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

ベランダで干した鮭カマ、鯛頭。畑大根サッと煮。クリームチーズ。畑で作業をしました。

鰊を食らう

イメージ 1

シカゴの息子からライン。現地は夜でこれから夕飯。私は朝飯。ペロリと完食。百合子ばあちゃんは食欲旺盛でありますぞ。窓洗い、風呂場掃除、特に今日は歯ブラシで床とかすみを石鹸でゴシゴシ。あ、買ってきた鮭カマを干しております。昨日カマス干物は完成。あと鯛の頭も塩したのを干しますか。天然鯛のお頭です。4/8から全日空のエコノミーでも有料機内食が申し込めるようになりtry中。和食と洋食で和食だけを頼み帰国便はべジのヒンズー食にして往復通路側席を取る。で・・・ちょっと油断すると一番安い時期のチケットを取れないこともあり。昨年なぜかプレエコに往復乗れたシカゴ便。うーん・・・どうってことないからね。ラウンジも・・・カード会社のラウンジでもそれなりに快適でありビールとかウイスキーも飲もうと思ったらお金払えばよい。珈琲とかはただ。旅は異空間に行くこと。空の上を漂い異次元体験。スナックだ、おつまみだ・・・なんて食べなくても良いからね。94歳、もうすぐ95歳母の引っ越しが終わったら香港のホテルで少し優雅に過ごさせてあげましょう。お米やら佃煮やらおせんべいやら本やら魚缶詰、崎陽軒のパック焼売やらをトランクに詰め込んで、パンも焼いて・・・食料をたんまり詰め込みのシカゴ行き。なんだかね
ランチ。チーズトースト。サラダほうれん草。茹で卵。
断捨離した後の荷物整理を少しずつ。焦らずやりますよ。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事