ここから本文です
相田百合子の地球まるかじり
毎日食べ続けても飽きないパンを焼きたいです

書庫四季折々自家製酵母

野菜、果物、ハーブから酵母を起こして焼くパンの味は格別です。酵母の作り方、起こし方から実習します。

<講座日程 2007/4〜2008/3> ★第2木曜日クラス 13:00〜16:30
☆第3月曜日クラス 13:00〜16:30 
回 日程 講座内容
1 4/12(木) ★
16(月) ☆ 自家製酵母の起こしかたの説明。苺酵母でベルギーワッフル
2 5/10(木) ★
21(月) ☆ ローズマリー酵母でプロバンス風フーガス
3 6/14(木) ★
18(月) ☆ タイム酵母でイングリッシュマフィン
4 7/12(木) ★
16(月) ☆ ドイツ製有機天然酵母を使ってカンパーニュ
5 9/13(木) ★
17(月) ☆ 白神酵母を使って葡萄パン
6 10/11(木) ★
15(月) ☆ リンゴ酵母でフルーツリング林檎パン
7 11/ 8(木) ★
19(月) ☆ バナナ酵母でアメリカンマフィン
8 12/13(木) ★
17(月) ☆ バナナ酵母でオリジナルパネトーネとフルーツスティック
9 1/10(木) ★
21(月) ☆ 酒粕酵母でアンパン
10 2/14(木) ★
18(月) ☆ 酒粕と黒豆エキスの酵母で胡麻たっぷり田舎パン
11 3/13(木) ★
17(月) ☆ ヨーグルト酵母で胡桃パン
石臼で小麦を挽き配合します
記事検索
検索
イメージ 1

玉ねぎ皮と鳥肉を茹で、漉したらきれいなスープに。殻が上手くムケナイ。食べ応えある豆腐の一皿。ツォツプで焼いたライ麦パンを🍞蒸してオープンサンドで。
お盆週間なので静かな団地。空いている道路、スポーツクラブ。ゆっくり掃除。
毎年この時期に読む本。「月が星見た」武田百合子著。ロシアに行きたい。一度行って料理を習ってきたものの・・・もっとね。

イメージ 1

荒木さんの講座で持ち帰ったパン🍞をすずしいからラスクとスパイス味のおつまみスナックに。11月に荒木さんの工房に訪問するパン🍞ツアー企画してます。
なるべく食材を無駄にしたくない。おつまみパンと飲み物でお昼は充分。コーンスープ等スープの浮き身にクルトンとしてもgood。おいしいから消費は早いよ。ラスクはアイスといっしょに。

ランチはトマト粥

イメージ 1

焼いたパン🍞の余りとかはしきれ、
畑のトマト🍅、玉ねぎ、ニンニク、ローリエ。

イメージ 1

ツオップで焼いたパンで。かぼちゃ🎃糠漬けが美味しいな。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

サワー種を使って。今日で7月が終わり。暑い中千葉迄行き自宅を出てから12時間後帰宅。小難しい講習会に行くことが楽しかった時期もあるが伊原さんの教え方はよくわかる。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事