ここから本文です

書庫全体表示

 
 
俳優チュ・ジフンが、日本映画「夢の愛」の出演を前向きに検討していることが伝えられ関心を呼んでいる。
 
26日、チュ・ジフンの所属事務所の関係者は、マスコミにに対し、「チュ・ジフンが最近、日本映画『夢の愛』への出演オファーを受けた。映画出演を前向きに検討中している」と明らかにした。但し、「前向きに検討しているものの、出演決定と言うにはまだ早い」とあくまで検討中であるとの念押しをし、慎重な姿勢を見せた。
 
チュ・ジフンが、出演オファーを受けた日本映画「夢の愛」は、韓国でも人気を集めた映画「デスノート」などを手掛けた金子修介監督がメガホンを取る作品で、日韓の若者の友情と愛が描かれるとのこと。
 
チュ・ジフンの、映画「夢の愛」への出演が決まれば、日本での活動を再開することになるため注目を集めている。
 
所属事務所の関係者は、「現在撮影中の映画『良い友達』の撮影を終えた後、検討して決定する」と説明している。
 
現在、チュ・ジフンは、チソン、イ・グァンスと共演の映画「良い友達」の撮影の真っ最中だ。映画「良い友達」は、4月初めにクランクアップする予定となっている。
 
(K-PLAZAより)
 
金子修介監督は、今日から行なわれる夕張映画祭に参加するために先ほど札幌に到着したようです。
 
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事