ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

 
 
「イ・ジェギュ監督ですか?俳優たちと脚本家に合わせる顔がないと引きこもって家で缶ビールばかり飲んでいます」

映画「逆鱗」の製作陣は、メディア試写会後の落ち込んだチームの雰囲気をこのように一言で表現した。記者試写会の後押し寄せたメディアの酷評に、監督と俳優たちは大きな自己崩壊感に陥ったという。ストーリーと完成度に一定の自信を持っていた制作会社とロッテエンターテインメント、広報会社のAll That CINEMAも予想できなかった冷たいレビュー爆弾に当惑しながら3、4日を過ごした。

「3年ぶりに帰ってきたヒョンビン最高の演技」「ドラマのヒットメーカー、イ・ジェギュの意味のある映画デビュー作」などの好評も目についたが、「逆鱗」を見る大多数のメディアの視線は冷たく、湿気に満ちていた。「あまりにも多くの話を詰め込もうとした製作陣の欲」「ヒョンビンを取り巻く複雑な人物設定とストーリー」を指摘する内容が多かった。関連記事をクリックする度に祈るような気持ちになるという制作会社の代表の言葉も大げさな表現ではないようだ。

あえて受容美学を持ち出さなくても、「逆鱗」はもはや監督や制作会社だけの映画ではない。メディアが情報の伝達者としての役割を果たし、公開日である30日からは、まさに消費者、観客たちのものとなる。対価を払う価値があればヒットするはずであり、元が取れなかったと思わせれば否が応でも失敗することになるだろう。最近の映画界はSNSの発達で過去のような子供騙しのマーケティング手法は通じない、それこそコンテンツ真剣勝負の場になって久しい。

興味深いのは、「逆鱗」の製作陣と俳優たちがメディアの批評に対応する時の態度だ。共同プロジェクトやチームプレイの度によく登場するのが“他人のせい”だが、彼らはむしろ“自分のせい”にすることに熱心だ。イ・ジェギュ監督は、「もし映画が期待に沿わなかったなら、全ては私の責任だ。各自自分の位置で一生懸命取り組んでくれた俳優とスタッフたちに感謝する」と話し、チェ・ソンヒョン脚本家も、「全ての酷評は貧弱なストーリーを書いた私の責任であり、監督と俳優たちは涙が出るほど良くやってくれた。映画を見てたくさん泣いたし、皆を本当に尊敬している」と責任の矛先を自身に向けている。

これに負けじと、ヒョンビンとチョン・ジェヨンも「メディアの酷評には明白に耳を傾けなければならない部分があるが、それより重要なのは観客の皆さんが私たちの映画をどのように見てくださるかだ。真心を込めて演じただけに、人事を尽くして天命を待つ心構えで公開を迎えたい」と仲間たちの士気を高めようとしている。劇中で貞純(チョンスン)王后を演じ、インパクトを残したハン・ジミンも、カカオトーク(スマートフォンのコミュニケーションアプリ)で好評のレビューを一つ一つリンクさせ、監督と製作陣に送信して雰囲気を盛り上げようとしている。奇しくも同じ日に公開される映画「標的」にも出演したキム・ソンリョンだけでなく、チョ・ジョンソク、パク・ソンウン、チョン・ウンチェも心を一つにして舞台挨拶の日を待っている。

このような状況の中、彼らを喜ばせる嬉しいニュースが飛び込んだ。26日、韓国全土4000人を対象にした一般試写会で「逆鱗」は好評と喝采を受けたという。ヒョンビンとチョ・ジョンソクのファンクラブの意見を除いたとしても、「逆鱗」としては千軍万馬を得たような気持ちだろう。哀悼期間であることを考慮し、全ての広報活動をキャンセルしたが、5月第1週目の大型連休後は俳優と監督のインタビューも慎重に行うことにした。来月中旬に公開される「人間中毒」「GODZILLA(ゴジラ)」との第2ラウンドに備えての長期ヒットプランと見られる。

また、ヒットのバロメーターとなるチケット予約率(映画振興委員会集計)も「アメイジング・スパイダーマン2」と「標的」を上回っている。28日、60%に迫るチケット予約率で1位となった「逆鱗」は、既に6万人が前売り券を予約した状態だ。最近ヒット作の不作により落ち込んでいるロッテエンターテインメントも、「逆鱗」をテコに雰囲気を反転させようとしている。

メディアの酷評という乱気流の中を通過中の「逆鱗」が、堂々と観客の心を惹きつけ、5月の劇場街に無事着陸できるのか、注目される。
 
(OSNEより)
 
へぇ〜メディアからは酷評だったんだぁ…なんか意外
でもまあ一般に受ければOKなんだから、封切りしてみないと結果はわからないわよね^^
とりあえずヒョンビンが出てるだけである程度の数字は取れるだろうし〜
 
 
 
 

 
 
2014年「第50回 百想(ペクサン)芸術大賞」の受賞候補リストが発表された。

28日に百想芸術大賞が公式ホームページを通じて公開したテレビ部門のドラマ作品賞の候補者名簿には、KBS 2TV「グッド・ドクター」、SBS「君の声が聞こえる」、JTBC「密会」、SBS「星から来たあなた」、tvN「応答せよ1994」などの作品があがった。バラエティ作品賞のノミネートには、tvN「花よりおじいさん」、KBS 2TV「不朽の名曲−伝説を歌う」(以下「不朽の名曲」)、「ハッピーサンデー−スーパーマンが帰ってきた」(以下「スーパーマンが帰ってきた」)、MBC「僕らの日曜の夜−本物の男」(以下「本物の男」)、JTBC「HIDDEN SINGER」が選定された。

男性最優秀演技賞は、キム・スヒョン(SBS「星から来たあなた」)、ユ・アイン(JTBC「密会」)、イ・ジョンソク(SBS「君の声が聞こえる」)、チョ・ジェヒョン(KBS 1TV「鄭道伝」)、チュウォン(KBS 2TV「グッド・ドクター」)などが競い合う。

女性最優秀演技賞は、Ara(tvN「応答せよ1994」)、キム・ジス(SBS「温かい一言」)、キム・ヘス(KBS 2TV「オフィスの女王」)、イ・ボヨン(SBS「君の声が聞こえる」)、チョン・ジヒョン(SBS「星から来たあなた」)などが争いを繰り広げる。

このほか、演出賞はキ・ミンス(KBS 2TV「グッド・ドクター」)、シン・ウォンホ(tvN「応答せよ1994」)、アン・パンソク(JTBC「密会」)、チャン・テユ(SBS「星から来たあなた」)、チョ・スウォン(SBS「君の声が聞こえる」)、シナリオ賞はキム・ジウ(KBS 2TV「サメ〜愛の黙示録〜」、以下「サメ」)、パク・ジウン(SBS「星から来たあなた」)、イ・ウジョン(tvN「応答せよ1994」)、チョン・ソンジュ(JTBC「密会」)、ハ・ミョンヒ(SBS「温かい一言」)などが候補に挙がった。

男性バラエティ賞は、キム・グラ(MBC「黄金漁場−ラジオスター」、以下「ラジオスター」)、キム・ソンジュ(MBC「僕らの日曜の夜−パパ、どこ行くの?」、以下「パパ、どこ行くの?」)、シン・ドンヨプ(JTBC「魔女狩り」)、ユ・ヒヨル(tvN「SNL KOREA」)、チョン・ヒョンム(JTBC「HIDDEN SINGER」)などが候補に選定された。

女性バラエティ賞は、キム・ヨンヒ(KBS 2TV「ギャグコンサート」)、キム・ジミン(KBS 2TV「ギャグコンサート」)、パク・ミソン(MBC「世界を変えるクイズ〜セバキ〜」、以下「セバキ」)、パク・チユン(Y-STAR「食神ロード」)、イ・ヨンジャ(KBS 2TV「国民トークショー アンニョンハセヨ」、以下「アンニョンハセヨ」)などが競う。

今年の「第50回 百想芸術大賞」は、5月27日にソウル慶煕(キョンヒ)大学平和の殿堂で開かれる。昨年のテレビ部門の大賞は、コメディアンのユ・ジェソクが栄光を手に入れた。

【2014年「第50回 百想芸術大賞」テレビ部門の候補作品リスト】

◆ドラマ作品賞

KBS 2TV「グッド・ドクター」、SBS「君の声が聞こえる」、JTBC「密会」、SBS「星から来たあなた」、tvN「応答せよ1994」

◆教養作品賞

SBS「それが知りたい」、チャンネルA「イ・ヨンドンPDの食べ物Xファイル」)、SBS「父母vs学父母」、EBS「光の物理学」、JTBC「ソル戦」

◆バラエティ賞

tvN「花よりおじいさん」、KBS 2TV「不朽の名曲」、「スーパーマンが帰ってきた」、MBC「本物の男」、JTBC「HIDDEN SINGER」

◆演出賞

キ・ミンス(KBS 2TV「グッド・ドクター」)、シン・ウォンホ(tvN「応答せよ1994」)、アン・パンソク(JTBC「密会」)、チャン・テユ(SBS「星から来たあなた」)、チョ・スウォン(SBS「君の声が聞こえる」)

◆男性最優秀演技賞

キム・スヒョン(SBS「星から来たあなた」)、ユ・アイン(JTBC「密会」)、イ・ジョンソク(SBS「君の声が聞こえる」)、チョ・ジェヒョン(KBS 1TV「鄭道伝」)、チュウォン(KBS 2TV「グッド・ドクター」)
 
 
 
◆女性最優秀演技賞

Ara(tvN「応答せよ1994」)、キム・ジス(SBS「温かい一言」)、キム・ヘス(KBS 2TV「オフィスの女王」)、イ・ボヨン(SBS「君の声が聞こえる」)、チョン・ジヒョン(SBS「星から来たあなた」)

◆男性新人演技賞

キム・ソンギュン(tvN「応答せよ1994」)、B1A4 バロ(SBS「神の贈り物−14日」、以下「神の贈り物」)、パク・ソジュン(SBS「温かい一言」)、チョンウ(tvN「応答せよ1994」)、チェ・ジニョク「九家(クガ)の書 〜千年に一度の恋〜」(以下「九家の書」)

◆女性新人演技賞

キョン・スジン(KBS 2TV「ウンヒ」)、Tiny-G ドヒ(tvN「応答せよ1994」)、ペク・ジニ(MBC「奇皇后」)、ソン・ヨウン(SBS「3度結婚する女」)、ハン・グル(SBS「温かい一言」)

◆脚本賞

キム・ジウ(KBS 2TV「サメ」)、パク・ジウン(SBS「星から来たあなた」)、イ・ウジョン(tvN「応答せよ1994」)、チョン・ソンジュ(JTBC「密会」)、ハ・ミョンヒ(SBS「温かい一言」)

◆男性人気賞

CNBLUE カン・ミンニョク(SBS「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ−相続者たち」、以下「相続者たち」)、キム・ナムギル(KBS 2TV「サメ」)、キム・ソンギュン(tvN「応答せよ1994」)、キム・スヒョン(SBS「星から来たあなた」)、キム・ウビン(SBS「相続者たち」)、キム・ジェウォン(MBC「スキャンダル:非常に衝撃的で不道徳な事件」、バロ(SBS「神の贈り物」)、JYJ ユチョン(SBS「Three Days」)、パク・ヘジン(SBS「星から来たあなた」)、ZE:A ヒョンシク(SBS「相続者たち」)、ソ・ジソブ(SBS「主君の太陽」)、ソン・ヒョンジュ(SBS「黄金の帝国」)、2PM テギョン(KBS 2TV「本当に良い時代」)、ユ・アイン(JTBC「密会」)、ユ・ヨンソク(tvN「応答せよ1994」)、イ・ミンホ(SBS「相続者たち」)、イ・スンギ(MBC「九家の書」)、イ・ジョンソク(SBS「君の声が聞こえる」)、イ・ジュンギ(MBC「TWO WEEKS」)、イ・ジヌク(tvN「ナイン 〜9回の時間旅行〜」)、CNBLUE ジョン・ヨンファ(KBS 2TV「未来の選択」)、チョンウ(tvN「応答せよ1994」)、チョ・ジェヒョン(KBS 1TV「鄭道伝」)、チュウォン(KBS 2TV「グッド・ドクター」)、SHINee ミンホ(MBC「メディカル・トップチーム」)

◆女性人気賞

カン・ソラ(SBS「おバカちゃん注意報」)、Ara(tvN「応答せよ1994」)、コ・ヒョンジョン(MBC「女王の教室」)、コン・ヒョジン(SBS「主君の太陽」)、キム・ジス(SBS「温かい一言」)、キム・テヒ(SBS「チャン・オクチョン」)、キム・ヘス(KBS 2TV「オフィスの女王」)、SISTAR ダソム(KBS 1TV「愛は歌に乗って」)、ドヒ(tvN「応答せよ1994」)、ムン・チェウォン(KBS 2TV「グッド・ドクター」)、パク・シネ(SBS「相続者たち」)、パク・ハソン(MBC「TWO WEEKS」)、miss A スジ(MBC「九家の書」)、ソン・イェジン(KBS 2TV「サメ」)、シン・セギョン(MBC「男が愛する時」)、少女時代 ユナ(KBS 2TV「総理と私」)、ユン・ウネ(KBS 2TV「未来の選択」)、イ・ボヨン(SBS「君の声が聞こえる」)、イ・ヨニ(MBC「ミスコリア」)、チョン・ジヒョン(SBS「星から来たあなた」)、チェ・ジウ(SBS「怪しい家政婦」)、ハ・ジウォン(MBC「奇皇后」)、ファン・ジョンウム(KBS 2TV「秘密」)

◆男性バラエティ賞

キム・グラ(MBC「ラジオスター」)、キム・ソンジュ(MBC「パパ、どこ行くの?」)、シン・ドンヨプ(JTBC「魔女狩り」)、ユ・ヒヨル(tvN「SNL KOREA」)、チョン・ヒョンム(JTBC「HIDDEN SINGER」)

◆女性バラエティ賞

キム・ヨンヒ(KBS 2TV「ギャグコンサート」)、キム・ジミン(KBS 2TV「ギャグコンサート」)、パク・ミソン(MBC「セバキ」)、パク・チユン(Y-STAR「食神ロード」)、イ・ヨンジャ(KBS 2TV「アンニョンハセヨ」)

◆OST(劇中歌)賞

ロイ・キム「ソウルここは」(tvN「応答せよ1994」OST)、LyN「My Destiny」(SBS「星から来たあなた」OST)、ソン・シギョン「君に」(tvN「応答せよ1994」OST)、Ailee「涙が心を盗んで」(KBS 2TV「秘密」OST)、2AM チャンミン「Moment」(SBS「相続者たち」OST)
 
(mydailyより)
 
メタプからはミンホ君だけかぁ…
 
 

 
 
「赤と黒」のキム・ナムギルと「私の頭の中の消しゴム」のソン・イェジンが主演したドラマ「サメ〜愛の黙示録〜」のBlu-ray&DVD SET2が5月2日(金) にリリースされる。リリースを控え、特典映像に収録される舞台裏映像が先行公開された。

「サメ〜愛の黙示録〜」は、韓国ドラマ史上最も心に刺さる、愛と復讐のサスペンス・ラブストーリー。Blu-ray&DVD SET2 には、特典映像として“キム・ナムギル インタビュー”“ ソン・イェジン インタビュー”“ 「サメ」in 韓国バラエティ番組集”のほか、“メイキング・オブ「サメ」PART2”と題した、メイキングが豪華収録されている。
 
 
 
今回その“メイキング・オブ「サメ」PART2”より、本作の見どころの一つでもある、キム・ナムギルのカッコ良さが強調されたアクションシーンの舞台裏が公開された。
映像には第13話の駐車場で暴漢に襲われるハードなシーンを代役ナシ、手抜きナシで演じるキム・ナムギルの迫力ある姿が収録されている。

過去と現在が幾重にも絡み合い、激しい愛憎と疑惑が交錯する中で展開する、切ない愛と狂おしい宿命の物語「サメ〜愛の黙示録〜」のBlu-ray&DVD SET2は、いよいよ5月2日(金) にリリースされる。
 
(Kstyleより)
 
 

 
速報! チュ・ジフン祭2014 決定!
 
 
 
5/16のチュ・ジフンのお誕生日に合わせ、今年も開催が決定しました!

【期間】
5/10〜5/16

【上映作品】
アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜
キッチン 〜3人のレシピ〜

【料金】
一般・大高1300円、シニア1100円
※サービスデーあり
※入替制
 
(シネマートHPより)
 
 
今年も開催するのね〜シネマート六本木さん^^
どうせならナワンも上映して欲しかったけど…
配給会社の系列が違うから無理かぁ
 
 

 
 
キャンペーン概要
 
チュ・ジフンSPECIAL その2
『メディカル・トップチーム』主演のチュ・ジフンさんに関するクイズを週に1問ずつ出題いたします。(全6回)
 
毎週、正解者の中から抽選で5名様に
『メディカル・トップチーム』KNTVオリジナル図書カード(非売品) をプレゼント!
 
チュ・ジフンさんの過去や現在に関するクイズも出題します!クイズに答えて『メディカル・トップチーム』KNTVオリジナル図書カードをGETしよう!!
 
<<クイズ出題スケジュール>>
問題① 応募期間:5月1 日(木)〜2014年5月7日(水)※実施中
問題② 応募期間:5月8 日(木)〜2014年5月14日(水)
問題③ 応募期間:5月15 日(木)〜2014年5月21日(水)
問題④ 応募期間:5月22 日(木)〜2014年5月28日(水)
問題⑤ 応募期間:5月29 日(木)〜2014年6月4日(水)
問題⑥ 応募期間:6月5 日(木)〜2014年6月11日(水)
 
問題① 『メディカル・トップチーム』でチュ・ジフンが演じた
ハン・スンジェはクァンヘ大学病院の●●長です。
●●に入るのは次のうちどれでしょう?
A:心療内科 B:外科 C:内科 D:小児科
 
 
 
受付について
 
・受付期間 2014年5月1日(木) 10:00〜2014年5月7日(水) 18:00 
 
・応募資格 <全てのユーザー>
      どなたでもご応募いただけます。 
      ※おひとり様につき1回の応募とさせていただきます。
 
 
・プレゼント内容 KNTVオリジナル『メディカル・トップチーム』
         KNTVオリジナル図書カード(500円分) ※非売品
 
・当選発表 ご当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。
      (発送は6月下旬を予定しております。)
 
(KNTVより)
 
詳しくはこちら  http://www.kntv.co.jp/event/?p=28073
 
1問目は簡単ですね^^
全問正解目指してガンバロー
 
  

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事