ここから本文です

書庫韓国芸能情報

記事検索
検索

全2156ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

『補佐官』でシン・ミナが国会議員カン・ソンヨン役に挑戦した理由は何だろうか。「大衆が知っているイメージとは違う、新しい姿を披露したい気持ちが大きかった」という回答は彼女の変身を期待させる。

来る6月14日(金)に初放送されるJTBCの新しい金土ドラマ『補佐官』(脚本イ・デイル、演出クァク・ジョンファン)はスポットライトの後ろで世界を動かすリアル政治プレイヤーたちの危険な賭けを描く。権力の頂点を目指すスーパー補佐官チャン・テジュンの熾烈な生存ストーリーだ。シン・ミナは比例代表初当選議員であり、ガラスの天井に挑戦する女性政治家カン・ソンヨン役で、堂々として自信に満ちたガールクラッシュな魅力を披露する予定だ。

『補佐官』を通じて2年ぶりにドラマに出演するシン・ミナ。 「まず台本が面白かった。私たちがよく知らない激しい政界の話を込めた作品だったので、興味深かった」と出演理由を説明し、彼女をひきつけたのは何よりもキャラクターの差別化された魅力だった。「いつも堂々として、所信を持って働き、自分の成功と目標に向けては躊躇せずに走って行く人物だ。これまで大衆に見せなかった演技をすることができるだろうと感じた」と。

このため、これまで以上にキャラクター分析に多く悩み、心血を傾けた。 「まず、髪が長かったが、ボブに切った。衣装も監督とスタイリストなど多くの専門家たちと意見を交わして準備した」とのこと。外的な部分だけでなく国会議員の役に慣れるために「関連映画、ドラマ、ニュース、資料画面を探し、堂々としてプロフェッショナルなカン・ソンヨンのセリフのトーン、ジェスチャーなどをたくさん悩んだ。実生活であまり使用しない政治家の用語が含まれた台詞は自然と言うことができるまで練習した」という努力は、これまで以上に頼もしくなって帰ってきたシン・ミナの新しい演技への期待を高める。

最後に「他の俳優の方々のキャスティングニュースを聞いて、文章だけだった台本がどのように表現されるのか、本当に気になるし、期待している。このように多くの先輩たちと一緒に作業することは初めてなので、ときめき半分、緊張半分で現場に入って、膨大なエネルギーを感じている。視聴者の方々にこのエネルギーをうまく伝えることができるように最善を尽くしたい」と期待と関心を要請した。

来る6月14日金曜日の夜11時に韓国のJTBCで初放送される。

(毎日経済 スタートゥデイ)

イメージ 1

ユチョンが法廷に出席する。

23日、法曹界によると水原(スウォン)地裁刑事4単独は6月14日、麻薬類管理法違反の容疑を受けているユチョンに対して初公判期日を行う予定だ。17日、水原地検強力部(部長検事:パク・ヨンビン)は麻薬類管理に関する法律違反の容疑でユチョンを拘束起訴した。

検察によると、ユチョンは今年2〜3月、大手乳業会社・南陽(ナムヤン)乳業創業主の孫ファン・ハナ容疑者と3回にわたり覚せい剤1.5グラムを購入し、6回に分けて使用した疑いで立件された。また、昨年9〜10月にユチョンが当時の自宅でファン・ハナ容疑者と共に覚せい剤を1回使用した疑いも出ている。ユチョンの嫌疑は、ファン・ハナ容疑者との共犯に当たると検察は説明した。

ユチョンは先月10日、記者会見を直接開催して「決して麻薬を使用していない」と強く否定したが、国立科学捜査研究院の精密鑑定で麻薬に対して陽性反応が出て麻薬を使用した事実が確認された。

警察もユチョンが麻薬を購買していた防犯カメラの映像を確保し、容疑を確定した。数回麻薬使用の容疑を否定していたユチョンは、麻薬使用の事実を認めて芸能界を引退した。

これに先立って、拘束起訴されたファン・ハナ容疑者は来月5日に初公判を控えている。ユチョンとの対面尋問の可能性もあり、関心が集まっている。

(mydaily)


俳優チ・チャンウクが、セクシーな魅力を発散しました。

チ・チャンウクは最近進行されたファッションマガジン「marie creile」のグアラビア撮影で、自由に路上を歩いたり特有のソフトなほほ笑みを見せて、その間待っていたファンのための素敵なグラビアを完成しました。

引き続き公開されたインタビューでチ・チャンウクは、次期作に対する便りも伝えました。 脚本家ペク・ユギョンのドラマ「僕を溶かしてください」の“冷凍人間プロジェクト”という新鮮さに引かれたという彼は、自身が演じる人物だけでなく、劇中新しくて魅力的な多様なキャラクターがドラマをさらにおもしろくするだろうと、期待感を伝えました。

また、軍隊で過ごした時間に対して、いろんな人々に会ってたくさん学んだし、今まで生きてきた人生に対しても振り返ってたくさん考えたとし、その間の所感を語りました。

チ・チャンウクは、復帰作に決めた「僕を溶かしてください」で、冷凍人間プロジェクトで24時間後に目覚める予定だったが、20年後に目覚める新鮮な設定の人物を演じる予定です。




(WoW!Korea)

イメージ 1

俳優チ・チャンウクのファンミーティングの現場およびインタビューが公開された。

21日放送されたSBSの「新SBSテレビ芸能」では、チ・チャンウクの除隊後の初めてのインタビューが公開された。

この日リポーターはチ・チャンウクに「軍隊に行ってみてどうだったのか」と、尋ねた。チ・チャンウクは「入った瞬間から一度もしてみなかった仕事をしてみることになった。直接経験をしてみるのでそれで“軍隊、軍隊”言うんだなあと思った」と、答えた。

引き続き「1年8カ月の間たくさん学んだし、意味のある時間だった」と、軍での所感を伝えた。リポーターが「入隊をもう一度できるか」と尋ねるとすぐにチ・チャンウクは「それはちょっと」としながら奥歯をぎゅっとかんで笑いを誘った。

チ・チャンウクは「入隊後12kg太った。 ラーメンや冷凍食品をたくさん食べたため」と、話した。 引き続き冷凍食品の広告は自信があると、まなざし演技を見せて周辺を爆笑させた。

リポーターが「空白期の間、欲が出た作品があったのか気になる」と、尋ねるとすぐにチ・チャンウクは「活動している友達や後輩を見ると、みなうらやましかった。また一方では僕も出てからあんなふうにできるだろうか」と、思ったと付け加えた。

これを聞いたリポーターは「もう再入隊をするべきではないのか」と尋ねた。これに対しチ・チャンウクが慌てるとすぐにリポーターは「ファンたちの心に再入隊をしなければならないのではという意味です」と、話した。

これに対しチ・チャンウクは「再入隊という表現じゃなくて僕はファンたちの心に再入場する」と、話して爆笑させた。

また、チ・チャンウクはファンミーティングに対して「事務所の内部で意見衝突があった。代表様は大きいところでやろうと言った」とし、しかし自身が軍空白期を勘案して小さいところを主張したと明らかにして「ファンたちにとても叱られた。実は僕もとても不安だった。 とても申し訳なくて次のファンミーティングは必ず3000席以上の所でする」と、伝えた。

(innolife)



2PMのテギョンが約1年8ヶ月の軍服務を終え、ファンの元へ帰ってきた! 除隊当日、現場には世界各国のファンが大勢駆け付け、彼を出迎えた。国防の義務を果たしたテギョンが、除隊後初めて語った事とは? 現場の様子を動画で大公開!

5月16日、京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市の白馬(ペンマ)部隊の新兵教育隊での任務を終えて除隊したテギョン。より一層凛々しくなって帰ってきた彼の姿は、まさに“キャプテン・コリア”そのものだった。

ファンからの「おかえり」「待ってたよ!」という声援に応えるように、笑顔で颯爽と登場したテギョン。除隊の心境を訊かれると「今朝までラッパの音で起床していた。明日の朝、アラーム音を聞いたら実感が沸きそうだ」と答えた。

今後の活動計画について、テギョンは「除隊後初めての作品については、深く悩みながら考えている。早いうちに、良い姿がお見せできるように努力する」と伝えた。

イメージ 1

軍服務中、たくましい姿と実力で“キャプテン・コリア”と名付けられたことについて「それに相応しくなれるように、もっと努力しようと思った。当時は運動をたくさんしていた。これからも頑張りたい」と照れながらも嬉しい感想を伝えた。

今会いたい人については、まず2PMメンバーを挙げていた。テギョンは「すごく会いたい。大好きなメンバーたち、みんなで早く集まってまたカッコいい姿を見せたいね。みんなで頑張ろう」と、並々ならぬメンバー愛をアピールした。

最後にテギョンは、除隊を待っていてくれたファンに「待っていてくださり、ありがとうございます。また、(現場に)朝から来ていただいて感謝している。もっと良い姿をお見せできるように努力したい」と感謝の気持ちを伝えた。

アメリカ永住権所持者であるテギョンは2010年、現役入隊するためアメリカ永住権放棄の確認書を提出。さらに椎間板ヘルニアで代替服務判定を受けたが、手術と治療を経て現役服務判定を受け、2017年9月4日に現役として入隊した。約20ヶ月の軍生活の中で、助教になり模範兵士として表彰されるなど、輝かしい功績を残してきたテギョン。今後、芸能活動に復帰してどのような作品で彼の姿を見られるのか、ファンのみならず世間からの期待も高まっている。

(Kstyle)

全2156ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事