ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

川崎市交通局 W-3457

鷲ヶ峰営業所所属 日野:LKG-KV234L3 2012年式
 
イメージ 9
犬蔵線[溝15]-土橋にて 2014.12
 
イメージ 8
犬蔵線[溝16]-溝口駅南口にて 2014.12
犬蔵線の出庫便、溝16系統。溝18系統と重複しないように、行先表示LEDの経由地表記が細かいです。
 
イメージ 7
犬蔵線[溝15]-宮前平駅にて 2014.3
ダイヤ改正後、どう固定ダイヤが変化するか期待していましたが、W-3457は平日朝は新たに犬蔵線の固定ダイヤを務めることになったようです。
 
イメージ 6
柿生線[溝19]-堰下にて 2014.2
3月のダイヤ改正で廃止となった溝19系統のおし沼どまり。これまで試験運行扱いだった向丘遊園駅南口行きを本格運行化し、既存のダイヤに組み込むことで廃止となりました。しかし改正後も朝にはおし沼始発の溝口駅南口行きが設定されています。
W-3457は休日の溝19系統おし沼行き終車を務めるダイヤに固定でした。
 
イメージ 5
生田線[生01]-稗原にて 2014.1
生01系統の宮前平駅行きの終車はわりと早く、21時台に設定されています。
 
イメージ 4
生田線[生01]-清水台にて 2014.1
3月のダイヤ改正前は平日の生01系統の終車を務めるダイヤの固定車両でした。
 
イメージ 3
生田線[生01]-清水台にて 2013.10
「川崎市長選挙」が近づいていたため、市バス全車にバスマスクがとりつけられていました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
生田線[生02]-生田駅にて 2013.6
2012年式のブルーリボン2。W-3453〜W-3461の9台がまとめて鷲ヶ峰営業所に配置されました。W-3457は生田線を中心に運用されています。

横浜市交通局 5-3824

(本牧→)保土ヶ谷営業所所属 日野:PJ-KV234L1 2005年式
 
イメージ 1
[50]-横浜駅西口にて 2014.8
2005年式のブルーリボン2。本牧営業所に配置されましたが、現在は転属し保土ヶ谷営業所管内で活躍しています。

東急バス SI871

(淡島→)下馬営業所所属 三菱ふそう:PKG-AA274KAN 2008年式
 
イメージ 1
エビス線[恵32]-深沢不動前にて 2014.10
2月のダイヤ改正でエビス線が増便したため、淡島営業所から転属となったSI871号。
最近になり下馬営業所は路線の移管を繰り返し、高速バス・空港リムジンバス・観光バスメインの営業所になったようで、路線バスの大型車の充当する路線はこのエビス線だけになってしまいました。
この日は東京ラーメンショーが沿線の駒沢オリンピック公園で開催されており、ダッシュボードに案内が置いてありました。

小田急バス 06-E9166

生田→登戸営業所所属 いすゞ:PJ-LV234L1 2006年式
 
イメージ 2
蔵敷線[向11]-蔵敷にて 2014.10
蔵敷線での1コマ。
 
イメージ 1
[回送]-新百合ヶ丘駅にて 2014.2
2006年式のエルガ。管内各路線で活躍しています。
写真は大雪が降った翌日のことで、前後輪両方にチェーンがとりつけられていました。

川崎市交通局 W-3373

鷲ヶ峰営業所所属 日野:PKG-KV234N2 2007年式
 
イメージ 3
柿生線[溝18]-神木本町にて 2014.12
交通ルールのバスマスクを掲げた姿。交通安全週間になると必ず取りつけられます。
 
イメージ 2
犬蔵線[溝15]-犬蔵にて 2014.1
犬蔵交差点を右折する姿。ここを右折する路線は溝15系統のみです。
 
イメージ 1
犬蔵線[溝15]-土橋にて 2010.11
2007年式のブルーリボン2。標準尺というのが特徴です。W-3370〜W-3374の計5台が配置されました。
写真は2014年2月末で廃止となった、免許維持路線の溝15系統溝口駅前行き。大多数は溝口駅南口行きですが、こちらのみ駅前行きで設定されていて、休日の日中に1往復だけ運行されていました。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事