ここから本文です

書庫●川崎市交通局

記事検索
検索

川崎市交通局 W-3373

鷲ヶ峰営業所所属 日野:PKG-KV234N2 2007年式
 
イメージ 3
柿生線[溝18]-神木本町にて 2014.12
交通ルールのバスマスクを掲げた姿。交通安全週間になると必ず取りつけられます。
 
イメージ 2
犬蔵線[溝15]-犬蔵にて 2014.1
犬蔵交差点を右折する姿。ここを右折する路線は溝15系統のみです。
 
イメージ 1
犬蔵線[溝15]-土橋にて 2010.11
2007年式のブルーリボン2。標準尺というのが特徴です。W-3370〜W-3374の計5台が配置されました。
写真は2014年2月末で廃止となった、免許維持路線の溝15系統溝口駅前行き。大多数は溝口駅南口行きですが、こちらのみ駅前行きで設定されていて、休日の日中に1往復だけ運行されていました。

川崎市交通局 M-1849

(鷲ヶ峰→)菅生営業所所属 いすゞ:PDG-LR234J2 2008年式
 
イメージ 1
西菅線[回送]-清水台にて 2014.11
2008年式のエルガミオ。当初は鷲ヶ峰営業所所属でしたが、菅生営業所の開設と西菅線移管により菅生営業所に転属となりました。
写真は菅生営業所から多摩消防署前まで回送するシーン。到着後は多摩消防署前始発西菅団地行となります。

川崎市交通局 M-3359

(鷲ヶ峰→)菅生営業所所属 日野:PJ-KV234L1 2004年式
 
イメージ 2
五所塚線[登05]-蔵敷にて 2014.12
春秋苑の広告は鷲ヶ峰営業所に在籍していた名残です。
写真は朝と夜にわりと多く運行されている鷲ヶ峰営業所行き。大多数を占める菅生車庫行きはこの蔵敷交番前交差点を左折します。
 
イメージ 1
五所塚線[登05]-菅生車庫にて 2014.1
2004年式のブルーリボン2。菅生営業所開設時(2011年4月)に鷲ヶ峰営業所から転属しました。
写真は早朝の五所塚線での1コマ。

川崎市交通局 M-3444

(上平間→)菅生営業所所属 日野:LKG-KV234L3 2011年式
 
イメージ 2
五所塚線[登05]-蔵敷(浄水場通り)にて 2014.10
五所塚線充当中の姿。菅生営業所管内の大型車が運用できる路線は有馬線と五所塚線のみです。
 
イメージ 1
有馬線[回送]-土橋にて 2014.3
2011年式のブルーリボン2。上平間営業所に配置されましたが、2013年に菅生営業所に転属。現在、菅生営業所在籍の大型車のなかでは最新鋭の車両となります。
写真は有馬線の運用に就くために鷺沼駅まで回送出庫している姿。有馬線の出入庫方法はほとんどがこの菅生営業所〜鷺沼駅間の回送でまかなわれています。写真のようにこの土橋交差点を右折すると、市バスの営業路線が通らない道を通ります。

川崎市交通局 W-3460

鷲ヶ峰営業所所属 日野:LKG-KV234L3 2011年式
 
イメージ 8
生田線[生01]-犬蔵にて 2015.2
 
イメージ 7
生田線[生01]-土質改良プラント前にて 2014.11
 
イメージ 6
柿生線[溝19]-堰下にて 2014.2
2月末で廃止となった溝19系統のおし沼どまり。3月からはこれまで試験運行扱いだった向丘遊園駅南口行きに統一される運行形態となりました。
 
イメージ 5
柿生線[溝17]-堰下にて 2014.2
溝17系統(溝口駅南口〜柿生駅前)は総距離が13.9キロで、川崎市バス最長路線となっています。本数は40分に1本程度ですがそれなりに客はいるように思えます。
 
イメージ 4
犬蔵線[溝15]-犬蔵にて 2014.1
交通ルールのバスマスクの姿。
 
イメージ 3
犬蔵線[溝15]-犬蔵にて 2013.10
あんどう眼科の広告が入りました。このころは市長選挙の時期で市バス全車にバスマスクがとりつけられていました。
 
イメージ 2
生田線[生01]-生田駅にて 2013.6
生田線固定運用をもっています。
 
イメージ 1
生田線[生01]-清水台にて 2013.6
2011年式のブルーリボン2。W-3453〜W-3461の9台が一斉に配置されました。
写真は生01系統終車の1コマ。生田線は道幅の関係で標準尺・長尺の車が充当できないため、専ら短尺のブルーリボン2での運用です。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事