ここから本文です

書庫●川崎市交通局

記事検索
検索

川崎市交通局 A-3339

井田営業所所属 日野 KK-RJ1JJHK 1999年式
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
市民プラザ線@(上2枚:)姿見台 / (下1枚):溝口駅南口
1999年式の日野・レインボーRJ。井田営業所に3台配置されており、最古参の部類にあたります。予備車ということで固定運用は持っていませんが、市民プラザ線での運用が多いです。
 

川崎市交通局 W-3371

鷲ヶ峰営業所所属 日野 PKG-KV234N2 2007年式
 
イメージ 1
柿生線@溝口駅南口 2013.8
2007年式のブルーリボン2。標準尺仕様での導入で、鷲ヶ峰営業所に5台配置されました。このW-3371号は柿生線固定運用で活躍しています。

川崎市交通局 W-3401

鷲ヶ峰営業所所属 日野 PKG-KV234L2 2010年式

イメージ 12
生田線[生01]-土橋にて 2015.2
最近になって「住友不動産販売」の広告が入りました。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
生田線[生01]-宮前平駅にて 2014.3
3月のダイヤ改正後、平日はほぼ終日生田線の固定運用となったW-3401号。生01系統の終車にも従事します。溝15系統の終車のW-3425とも顔を合わせます。

イメージ 8
[回送]-鷲ヶ峰営業所にて 2014.1
 
イメージ 6
イメージ 7
柿生線@溝口駅南口 2013.10
ラッピングが解除された姿。ラッピング期間は1か月ほどで、短かったです。広告枠が撤去されて、すっきりとした印象を受けます。 
 
イメージ 1
イメージ 2
柿生線@溝口駅南口 2013.8
ごみ収集日変更に伴い、川崎市環境局のラッピングバスに抜擢されたW-3401号。緑色と水色基調で目立つラッピングです。
 
 
イメージ 4
イメージ 5  生田線@生田駅 2013.6
生田線の起終点、生田駅にて。支線の生03系統での1枚です。
 
イメージ 3 生田線@土橋 2013.6
2010年にW-3402とともに導入されたブルーリボン2のW-3401号。平日は生田線固定運用となっています。

川崎市交通局 W-3363

鷲ヶ峰営業所所属 日野 PJ-KV234L1 2004年式
 
イメージ 1
柿生線@溝口駅南口 2013.10
2010年7月から試験運行扱いで走っている「溝19」系統の向ヶ丘遊園駅東口行き。既存のおし沼行きを延伸した形で運行されています。あとから別に作ったダイヤの為、系統番号は同じでもダイヤは異なり、遊園駅発着のみのダイヤでつくられています。
溝口駅南口から堰下までいく路線は柿生駅を通らないものがあるのにも関わらず柿生線と名称がつけられています。
 
イメージ 2
生田線@宮前平駅 2012.1
2004年式のブルーリボン2ノンステップ。14台一斉に鷲ヶ峰営業所に配置されました。うちこのW-3363号は東進ハイスクールのラッピングバスとして活躍中です。

川崎市交通局 W-3394

鷲ヶ峰営業所所属 日野 PKG-KV234L2 2009年式
 
イメージ 4
生田線[生02]-生田駅にて 2014.7
聖マリアンナ医大発の生02系統。
 
イメージ 3
柿生線[溝18]-神木本町にて 2014.7
川崎市制90周年のバスマスクがとりつけられました。市制記念日に撮影したもので、市旗もつけられていました。
 
イメージ 2
生田線[生01]終車-清水台にて 2014.5
ダイヤ改正で固定運用が変更され、W-3394号は休日の生01系統終車を担当するダイヤに固定となりました。
 
イメージ 1
生田線@犬蔵 2013.7
2009年式のブルーリボン2。W-3390,3395とともに納車されました。あんどう眼科の広告車となっています。
撮影日は参議院選挙がおこなわれる時期だったため、市バス全車に選挙のバスマスクが装着されていました。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事