ここから本文です

書庫○S:瀬田

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

東急バス S1300

瀬田営業所所属 日野:QPG-KV234L3 2013年式

イメージ 2
二子成城線[玉07]-吉沢にて 2015.8
毎年8月中旬に開催されるたまがわ花火大会での周辺道路交通規制に伴い,当日の二子玉川駅発着バス路線は,運休や経路変更,行き先変更などが行われます。
玉07,玉08,玉31系統はその日の夕方から二子玉川駅より2つ手前の吉沢で折り返し運転を行います。その日のために吉沢停留所前のコヤマドライビングスクール内に臨時折返所と臨時停留所が設置され,珍しい光景が広がります。

イメージ 1
遊園地線[玉11]-二子玉川駅にて 2015.2
2013年式のブルーリボン2。納車からしばらくは瀬田営業所初のブルーリボン2と騒がれていましたが,今となっては,2016年3月にエビス線の担当が下馬から完全に瀬田に移行され,下馬出身のブルーリボン2が多数転属してきたことから,特に目立った車でもなくなってきてしまいました。


東急バス S541

瀬田営業所所属 日野:PB-HR7JHAE 2005年式
 
イメージ 2
[直行]-用賀駅にて 2014.8
用賀駅行き。
 
イメージ 1
[直行]-用賀駅にて 2014.7
2005年式のレインボーHR。美術館線でよく運用されていますが、世田谷美術館での企画展で用賀駅からの直行バスが運行されるようになると、ラッピングバスとなって毎日直行バスに充当するようになりました。この直行バスは瀬田営業所だけでなく弦巻営業所も担当しています。

東急バス S8780

瀬田(→高津貸出→現・瀬田)営業所所属 三菱ふそう:PKG-RA274KAN 2007年式
 
イメージ 3
等々力線[渋82]-深沢不動前にて 2014.10
二子玉川ライズのパートラッピングが貼られました。
 
イメージ 1
二子成城線[玉07]-二子玉川駅にて 2014.4
二子玉川駅での1枚。等々力線での運用が多い瀬田のエアロスターSにとって、二子玉川機に来る姿は少し新鮮です。
 
イメージ 2
等々力線[渋82]-渋谷駅にて 2013.9
2007年式のエアロスターS。外観からは日産ディーゼルのスペースランナーRAと勘違いしそうですが、三菱ふそうのエアロスターSになります。

東急トランセ S3303

瀬田(→現・下馬)営業所所属 日野:QPG-RU1ESBA 2014年式
 
イメージ 1
-たまプラーザ駅にて 2014.3
2014年3月に東急トランセが新たな取り組みで高速バスを開業し、センター北駅・たまプラーザ駅から富士山五合目/御殿場プレミアムアウトレットまで運行しています。
専用の車両の3302〜3304が3台瀬田営業所に配置されました。
2014年5月末付で観光バス事業が下馬営業所に移管されたため、路線・車両ともに下馬営業所へ移管されています。

東急バス S8779

瀬田営業所所属 三菱ふそう:PKG-AA274KAN 2007年式
 
イメージ 3
等々力線[渋82]-渋谷駅にて 2014.4
この日は等々力線の入庫便、瀬田営業所行の終車に充当しました。渋谷駅から各営業所行への入庫便は多く、この時間帯になると終車灯をつけた営業所行が渋谷駅で多く見られます。
 
イメージ 2
等々力線[渋82]-渋谷駅にて 2014.2
ラッピングが解除された姿。瀬田営業所のエアロスターSは等々力線での運用が非常に多いです。
 
イメージ 1
等々力線[渋82]-渋谷駅にて 2014.1
2007年に瀬田営業所に3台配置されたエアロスターS。この時期はJR東日本の「大人の休日倶楽部」のラッピングバスとして活躍していました。

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事