ピースパイプのこころ

お陰さま、お互いさまの気持ちを大切にしましょう!!

ブログトップ

すべて表示

手紙

原作者は不詳ですが、日本語訳詞:角智織さん、補足詞:樋口了一さんという方がされた詩です。メロディもあるようですがまだ聞いたことがありません。
数年前に出会っていれば、母の介護に臨むときの心構えにできたと思います。
母の介護を思い浮かべると、歌詞にあるような場面がありました。そのときの母の気持が、この詞にあるような気持ちだったとしたら…、後悔するばかりです。
介護を受ける用になる年代の人の気持ちがとてもよく分かりました。
ご家族の介護をされている全ての方に知ってほしい詩だと思いす。
一人でも多くの方に読んで欲しいので転載ご自由にどうぞ。


手紙〜親愛なる子供たちへ〜

年老いた私が、ある日今までの私と違っていても どうかそのまま私のことを理解して欲しい 私が服の上に食べ物をこぼしても、靴ひもを結び忘れても あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい あなたと話す時、同じ話を何度も何度も繰り返しても その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は いつも同じでも私の心を平和にしてくれた 悲しいことではないんだ、消え去っていくように見える私の心へと 励ましのまなざしを向けて欲しい 楽しいひと時に、私が思わず下着を濡らしてしまってり お風呂には入るのをいやがるときには思い出して欲しい あなたを追い回し、何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて、いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを 悲しいことではないんだ、旅立ちの前の準備をしている私に 祝福の祈りを捧げて欲しい いずれ歯も弱り、飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない 足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったら あなたが、か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように よろめく私に、どうかあなたの手を握らせて欲しい 私の姿を見て悲しんだり、自分が無力だと思わないで欲しい あなたを抱きしめる力がないのを知るのは辛いことだけど 私を理解して支えてくれる心だけを持って欲しい きっとそれだけでそれだけで、私には勇気がわいてくるのです あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように 私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい 私の子供たちへ 愛する子供たちへ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事