ここから本文です
日々気になることをピックアップ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

硬めてみた


T4を走らせてきました。
セッティングの方向性を大幅変更しました。
今まではXRAYのワークスセッティングをベースとしていました。
ですがそれでは現在使っているタイヤに合いません。
タイヤのグリップが高過ぎて走りが重くなります。
そこでギャンブル。
ガッチガチに硬めてみました。
シャーシロールで曲げることは一切無視。
曲げるのはタイヤの横方向のグリップのみに頼ります。
あとはひたすら前に進むようなセッティング。
コーナースピード遅くてもいいから、ラクに速く走れる車を目指してみました。
それでテストで持ち込んだんですが、予想外の事態。
普段はハイグリップの路面がカッサカサでグリップしません。
春の陽気で湿度が低く、とにかく滑ります。
皆さんグリップが低いと言っていました。
そんな状況でガッチガチの車です。
思いっきり手を焼きました。
とにかくピーキー。
ラフなステアリング操作だと簡単にスピンです。
ですが次第に慣れると結構普通に走れます。
限界域はナーバスですが、高剛性を活かしてとてもシャープに走れます。
運動性は良かったです。
僅かなセッティング変更でも敏感に反応しました。
計算外だったのが、コーナースピードが予想以上に高かった。
中年オヤジには辛いです。
路面グリップが低かったこともありますが、若干リアグリップが弱い。
あと少しだけ安定性が欲しいです。
でもそれを得るために曲がりはあまり犠牲にしたくありません。
細かい微調整で対応出来ればと思っています。
イメージ 1
ラップベスト11秒033。
アベレージ11秒391。
ピーキーな車に振り回されてアベレージが揃いませんでした。
これが今後の課題です。
ちょっとシャープ過ぎるかもしれません。
調整したのはモータープレート取り付けビスの場所と本数のみ。
それだけでもかなりフィーリングが変わりました。
もう少し穏やかにしたいです。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事