森は文明の前にあった。砂漠はその後にやって来る。

ワイエルフォレスト株式会社 山本亮の 一言ブログ。

全体表示

[ リスト ]

日時:2010年12月9日(木)19:00〜20:30
場所:福岡市南区 東若久公民館
対象:PTAのメンバー様(約40名)
担当:東若久校区 青少年育成連合会 森本会長
 
小学生の子どもを持つ親御さん(約40名)を対象に、弊社がインドネシアで取り組むマングローブの植林や地球温暖化、世界の人口増加など、環境問題に関する話をさせて頂きました。
 
始まりの森本会長のご挨拶では、環境問題や子どもたちに対する教育への熱意等をお聞きし、それに次いで弊社のマングローブ植林活動の映像の視聴とスライドショーを用いて話を聞いて頂きました。
 
・「森は文明の前にあった。砂漠はその後にやってくる。」
フランス小説家の一説に触れ、マングローブ植林を決意した経緯を説明。
・弊社の前身となる山本木材産業株式会社において、安価な外国の原木を大量輸入してきた。
・日本の高い森林保有率(68%)は、外国のハゲ山が背景にある。
 
・冬の寒い日には、暖房を使わずに、セーターを一枚多く着る。
・夏の暑い日は、冷房を使わずに、ウチワであおぐ。
 
・年間6,000万トンの食料を廃棄する日本の現状。
・アラスカの原住民は食べる分に必要な量の鮭しか収穫しない習慣を持ち、食物を無駄にした分、神より罰を受けるという言い伝えがある。
 
・東南アジアに生育するマングローブが伐採され分布面積が減少した原因の一部に、
エビ養殖池の開発が関係している事を紹介。
・エビ養殖池では飼料に含まれる化学物質(抗生物質)の蓄積で水質や土壌の汚染。
・使い物にならなくなった養殖池が手つかずのままに放棄されている現状。
 
・弊社はインドネシアの水産学校より依頼を受け、地球温暖化対策だけでなく、放棄養殖池の再生に対しても、マングローブの植林活動に取り組んでいる。
 
皆様、真剣に話を聞いて下さり、環境問題に対する意識の高さや熱心さを感じとることができました。このような機会を頂き、厚く御礼申し上げます。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
弊社では社会貢献活動として、ご依頼があればどこへでも、やまじい(山本亮)が環境講演にかけつけます。
お気軽にお問い合わせください。
 
【お問い合わせ先】
株式会社ワイエルインベスト
電話番号:092−716−3065
FAX番号:092−734−7720
メールアドレス:info@ylinvest.co.jp
山本 亮(やまもと あきら)まで。
 

賢者.tvはこちらからご覧になれます↓
http://www.kenja.tv/index.php?c=detail&kaiinid=10153 
 
 
ワイエルインベストの講演活動については、こちらから↓
http://www.ylinvest.co.jp/7277.html#1
 
インドネシアブログは、こちらから↓

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事