休日はいつも強風

アイアンマンになりたい!(衣笠じゃなくってロバートダウニーJrの)

スタント

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

キュン死かも

ツルピカです。 
キュン死寸前…
イメージ 1
 
泣く子もだまる…
プレッテンバーグ!!!!
& ベルトダウーン!!!!
イメージ 2
 
もう、僕もダウンしそう(@_@)。。。。

発電機

これまで現場でのバッテリー充電はDELCOのディープサイクルを用いていましたが、
F3A用の 10Sパックの充電には役不足となってきました。
 
ほんで、発電機を調達。
DELCOのディープサイクルは23kgありましたが、こいつは半分の10kgちょいで軽い。
しかも容量はガソリンさえありゃ無限。 飽きるほど練習できるはハズ。
実際にはそんな長いこと飛行場にいれるわきゃないんですが。
イメージ 1
 
電動機を飛ばすのに化石燃料で発電機を回す…?
何か矛盾を感じますが、そもそも沖縄では100%火力発電です。
自宅の100Vコンセントから充電したって本質はあまり変わらんワケですね。
(コストや効率、環境へ影響の面からはコッチの方が悪いんでしょうね)
 
 
ま、そんなコトは置いといて。
 
現場充電セットが完成しました。 冷却ファン付き。
素人工作なんで荒削りな面はありますが、御愛嬌ってことで。
イメージ 2
 
前のフタがパカッと開いて、バッテリーカモーン!
イメージ 3
 
12cmファンでフライト直後のバッテリーを優しく冷やします(本当か?)
そしてどうでしょう、ポチっとスイッチを押すとタイマー回路ががテキトーな時間、ファンを回してくれます。
イメージ 4
 
いつもアルミケースの中でバラバラになっていた小物もタンスに収納。
イメージ 5
 
以上、ビフォー・アフター風に解説してみました。
 
 
ほんで時期FX機ですが一昨日、AKBさんから直電あり。
「もの凄く良く飛ぶんですよ」とのこと。
トップフライヤーが「もの凄く良く飛ぶ」という機体を僕なんかが飛ばしていいもんか?
 
その機体の写真が印西RCクラブのフライトログに載っていました。
興奮のあまり、1日100回くらい写真をながめていますが
労をとって頂いた AKBさんに報いるべく(多少ビビっていますが)、更に精進してみようと存じます。
 
早くコイコイ、ファンタジスタ!

シンナー臭い…

NEUモタにしてから 20数フライトをこなし、先日ギアユニットのグリスアップを行いました。
 
何でだろーう、何でだろ? 古い、古すぎる…)
 
新品の時はあんなにバラしたかったのに、今は何だか面倒くさい…
 
そうはいってもやらなきゃいけないので気合いを入れて解剖開始!
 
ギョエエエエエ〜!!!
というほどのものでもありませんがヤッパ汚い…
イメージ 1
 
プラナタギアを取り外してみたところ
イメージ 2
 
ブレーキクリーナーと歯ブラシでゴシゴシしてやりました。
 
写真は撮ってないですが、拭き取ったウエスにはキラキラと光る金属粉が付着していまひた。
「やっぱり摩耗してるんだね〜」と妙に感心。 これだからメンテが必要なんですね。
しかし、これを数十フライトごとに繰り返すのは正直おっくうです…
早く、ベルトユニットを積んだファンタに来て頂きたいです。
 
 
ブツくさ言いながも、キレイキレイにしてあげました。
イメージ 3
 
ほんでもって新しいグリスを注入。 
こういう時は、いつも仕事で使っている注射器が便利ね。
イメージ 4
 
 
わたし、実は注射器を使う職業でして。  そう、アレの売人です。
 
 
 
 
 
 
 
ウソです。
ほんとは病院で働いているウルトラ堅気です。
 
 
 
んな冗談はさておき、この翌日フライトしました。 
グリスアップする前に「うるさくなっているな」とは思っていませんでしたが
音がマイルドになった印象です。
 
久しぶりに飛行場に来ていた師匠にテストフライトしてもらったところ、
ストットルカーブをいじるべし!と言われました。
言われてみるとハーフより少し上で、未だちょっと「ドッカーン」な感じがありました。
でも、その日は燃料切れで試すことは出来ず…  次の課題です。
 
 
それはそうと、なぜシンナー臭いかというと、コレのせいです。
イメージ 5
 
フィールド用充電セットにウレタンクリアを塗りました。
久しぶりのウレタン作業で部屋はシンナー臭が充満…
 
本日、沖縄地方は日中 30℃を超えたそうです。 今もムシ暑い…
換気をすると熱気&湿気とともに得体の知れないムシが入ってきます。
 
トルエン中毒になっちゃうと、本当にヤバい職業のヒトになってしまいそうです。

時期 FX機の準備よね

久しぶりに札幌へ行ってまいりました。 
仕事はほどほどに、毎晩喰って飲んでの3日間(^^)。 海産物、ウマ過ぎ…。
 
広い土地でRC飛ばし放題なのでは?と思いましたが、冬は本当に大変でしょうね〜。
山頂や日陰には未だ雪が残っていましたが、やっと春が訪れたという感じでした。
イメージ 3
 
 
 
ラジコンの方はといいますと、
AKBさんより、時期 FX機のファンタ、リンゲージ60%完了との報告あり!
こちらでも受け入れ準備を進めております。
 
電動でRCに入門した私は、やっぱ電動が性にあってると思います。
こうなりゃトコトン電動でいってみよう!と。
 
フィールド用の充電ステーション。 
イメージ 1
のぶさん、ごめんなさい。 パクりました<m(__)m>。 
凄いイイアイディアだと思ったので。
 
 
 
ほいで、こちらはRC秘密基地での充電ステーション
イメージ 2
100C充電も可能(いや、言いすぎました)
 
梅雨に入ったそうですが、これが明けたら沖縄の空にファンタが飛ぶかもしれません。
待ち遠しくてたまりません(^^)。

ナーイス!!!

飛ばしてきました NEUモーターで!
良い意味で別の機体になっちゃった感じ。
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
① パワー:もう十分すぎるくらい。
   とりあえずメイズリック21×14ELを履いてみましたが、これ以上何を望む?というくらい。
  今度、 Falcon 21×14も試してみます。
② エンコンのフィーリング:よく言われることですが
  吹け上がり、吹け下がり、ともに4stグローの様なフィーリング。
  Q80の「ドッカーン!」が無くなりエンコン操作に神経を使わずに済みます。
③ 音:
  全然OK牧場! 流石にQ80ほど静かではありませんが、
   Hacker C50の「ギャーーーー!!!」っていう雄たけびとは比べ物にならないくらい
   サイレントです。 「ビィユーーー」って感じのむしろ心地いい音です。
   今後ギヤユニットのエイジングが進んでくるとどうなるか分かりませんけどね。
③ スタミナ:どうなんだろう…?
  風は6mくらいでやや強めでしたがバッテリーの残量的にはQ80より少し悪いくらいか?
  エンコン操作がとても楽なので省エネ飛行を心掛ければいいかもしれません。
  っていうか軽くなった分、大きめバッテリーを積めばいいんじゃん!?って話も。
④ モーターの発熱:
  気温 23℃でフライト直後のモーター温度は 60℃。 37℃の上昇です。
  せっかくのスピンナーエアインテークは全く効いていないので
  機首部分のエアホールからモーターへの導入板を検討しないといかんです。
  とりあえず年末に作製した EDFみたいな冷却ファンで強制冷却中。
イメージ 3
 
 
総じて「NEU、もう君なしでは生きていけない!」感じです。
もっと早く出会いたかった。
 
 
昨日おつきあい頂いた Tさん、 アルティア110を飛ばす。の図。
あざーっした<m(__)m>。 僕も練習がんばります!
Tさんも生まれ変わった僕の Spark Evoを絶賛しておられました。
イメージ 4
 
 
いや、ホントに早く NEUにしてりゃ良かったですよ!
NEUを検討しておられるアナタ! いつNEU買うの?
 
 
今でしょ!!
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事