ここから本文です
咲 く ら
心に移りゆく・・・

書庫全体表示

盆が迎えられる


 お盆の準備も、今日一日を残すところとなった。
 釜の蓋の饅頭を供えてから十日あまりあったというのに、母屋に最も近いところの草が退治し切れていない。

 何とかしたいと、自らの朝食抜きで取りかかった。
 細かい草ほど手強かった。

                        イメージ 1
 水を飲みながらの作業は、
どうにか予定をクリアしそうだ。

 花魁草おいらんそうが、真夏の日差しを浴びて
色を鮮やかにしている。
 こんなのに励まされて、盆前の草との闘いは
最終段階に入った。


 暑くなる前に生け垣の剪定まで終わったが、落とした枝の片付けは夕方にすることにした。暑さ対策としよう。


 その間に、盆飾りの若竹や真菰を準備しておくことにした。
 お盆の花ミソハギが、それでいいと言っているようだった。


        イメージ 2


 日はゆっくり暮れて、それらの片付けまでこぎ着けた。
 これで何とか整って、先祖が迎えられる。




顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事