ここから本文です
咲 く ら
心に移りゆく・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

全314ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

笑顔には「おお」


 大喜びだったのは、大相撲の栃ノ心。()
 
 大関から陥落して、復帰の二桁勝利まであと三つの段階で、貴景勝の再休場による不戦勝で勝ち越したからだ。


          イメージ 1
      

     春場所千秋楽の「大関入れ替え戦」に敗れ、関脇に降下
    していたから、代わって大関昇進した貴景勝とはやりたく
    なかったのではないだろうか。


 ランクを下げているのは、大坂なおみ。


          イメージ 2


 シーズン最後に年間の上位8選手で競う「WTAファイナルズ・深セン」
への出場権を巡る「レース・トゥ・深セン」。
 WTAの20日付のレースランキングで、前週の2位から3位に後退した。1位再び ・・・。




開くトラックバック(0)

大失敗だらけで


 大それた望みを抱いているわけではなく、何となく不運なことだけに
は遭遇しないようにと暮らしている。

 それでも、想像もしていなかったことに出合ってしまうことがある。
 悪夢に、うなされる。


       イメージ 1

  
 想定外に偶然に起きただけに、衝撃的で対策どころか、逃げ様を探すのに、頭の中は愚策が駆け巡る。

 大失敗の「da」の濁音に、身も心も沈むばかりだ。




開くトラックバック(0)


 今日の強敵は、カラスノエンドウだった。


      イメージ 1


 赤紫色の、マメ科の花、一つだけを見れば、とてもかわいい。


 これがね、私の耕作放棄地に、ぐんぐんと勢力を広げている。
 背丈が30cmまでくらいならとてもきれいだ。

 ところが、私のそれ。7,80cmほどにも伸びて、野球のダイヤモンドの
芝と同じくらいに広がった。
 私がその真ん中に寝転んだら、回りからは見えないほどの勢いだ。

   最もよくないのは、ここまでくるとマメ科のもつ「つる性」が
  出てきて、刈り払い機に絡みついて絶やすのが大変なことだ。


 これを乾燥してお茶に飲むことが出来るらしい。利尿作用や新陳代謝アップの効能は、外の野の草と同様だ。




 

開くトラックバック(0)

時鳥初音す


 陽が少し南にいって、雲が薄くなってきた。
 
 高いところを時鳥ほととぎすが渡っていった。
 夏は来ぬ、だ。


      イメージ 1


 今日は、旧の4月13日。
 立夏が6日だったから、11日目だ。
 
 これから、ますます爽やかに晴れ上がるだろう。




開くトラックバック(0)

笑顔で上手くいくか


 朝食後の1時間だけ。1時間だけと自らに言い聞かせて、雑草との闘いの草刈をする。何時でも出来るから、慌てなくていい ・・・。

 草を相手に集中していると、昨日のことが、緑を見ていたせいだろうか。突然に、ゴルフ、グリーン上が蘇る。

      2mのバーディーパット。
      カップの縁にけられて入らず。

 恨めしそうに振り返って、次のホールへ歩いて行く。
 こんな風景が、くっついてくる。


      イメージ 1


 コンペでも何でもないのだから「学習」にしておけばいいのだけれど、ちょっと面白くない。
 こんなのを次のホールまで引きずり、「負の連鎖」に入り込みかねない。要注意だ

 「そういう時こそニコッと笑うのです。」と、メンタルトレーナーが言っている。難しい。




開くトラックバック(0)

全314ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事