-酒屋道楽- もりもと社長の日記

儲からない商売に儲かる商売の原点がある。今までの古い体質の酒屋を見直すことで何か光るものを見出したい。

お酒のデパート もりもと

すべて表示

情報技術の進歩や人手不足の深刻化、社会構造の変化により小売業の店舗や事業モデルは大きく変わろうとしている。

 情報技術の進歩や人手不足の深刻化、社会構造の変化により小売業の店舗や事業モデルは大きく変わろうとしている。
スーパーマーケット業界では昨年12月にアークス、バロー、リテルパートナーズの3社による「新日本スーパーマーケット同盟」が発足し、戦略的な資本業務提携を発表した。各エリアの独立系食品系流通企業の生き残り策として、それぞれのノウハウをいかし協業をすすめるそうだ。
 また、近い将来コンビニエンスストアが全国各地の銀行窓口業務を果たすようになるのかも知れない。
 中国ではキャシュレス化がすすみ、QRコード決済は人間の生活に深く浸透している。
財布を持ち歩かなくとも、買物、タクシー、映画館、屋台、家賃・・支払に至るまでスマホ決済でできる。
 僕も昨年11月に高槻商工会議所の主催の異業種交流会の中国ツアーで常州市、上海市を訪問した。
セルフ清算レジやキャシュレス化などが日本よりすすんでいるのに驚いた。
 日本では、2019年10月に消費増税が実施される見通しだ。
これを機に、消費増税対策としてキャシュレス決済を利用した5%をポイントとして還元される。
期間は2020年の東京オリンピック前までの9ケ月。
中小小売店でクレジットカードや電子マネー、QRコードなどを利用した決済が対象。
 ポイントを発行するカード会社などを通じて還元し会社負担分を国が補助するのが大まかな仕組みのようだ。
消費増税の悪影響を最小限にし、キャシュレスを大きく普及させるのが狙いだ。
 また政府は2019年、中小企業のIT(情報技術)ツール導入に最大、450万円の補助金を支給するそうだ。
会計ソフトや顧客情報を一元管理するクラウドシステムなどの導入費として経費の半額を国が負担する。
業務の効率化を後押しし、生産性向上につなげる。
中小企業の生産性を向上させることで地方の景気の下支えにしたい考えだ。
大規模なポイント還元で、少しでも消費税の影響を少なくしたい。
 世の中変わる。商売変わる。
これからが大変だ。
 人生100年時代を迎えて、従業員一人ひとりが人間らしい働き方改革をし、同時に生産性の向上をはからねばならない。
 中国では、今春節のさなかだ。
もりもとでは、紹興酒マオタイ酒がよく売れている。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
お酒のデパート もりもと
                       
http://www.morimoto.co.jp
                         http://www.morimotowine.jp
     スマホ携帯      http://www.osakenet.com/
     netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/

その他の最新記事

すべて表示

 神戸商大39会同窓会の案内をだした。記念の年にあたり少しデラックスでいこうと、グランドエクシブ鳴門一泊でやろうと幹事会で決めて案内状をだした。 場所が遠かったのか、少し高くつくのか、出席の返事は17名と以外と少なかった。  いろいろな ...すべて表示すべて表示

 都議選は民主党の圧勝になった。投票率も10%もアップした。議席を大きく減らした自民党は公明党と合わせても過半数を維持できなかった。 日本の首都、東京も政権交代となるのも近い。 今までの石原慎太郎の都政も難しくなる。 高校の時、なら ...すべて表示すべて表示

 一年たったのかな。早いものだなぁ。 今年度ロータリーの幹事役の引き継ぎを終えた。 「市内3RCの会長・幹事会やまた北摂12RCの会長幹事会にも楽しく参加させていただきました。今年は周年事業のクラブが多く記念式典にも参加し、それぞれ ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事