全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


連日のように報道されている中国での乳製品へのメラミン混入事件であるが、

なぜメラミンを混入させるのだろうか?

タンパク質の濃度を上げるための詐欺的行為だと新聞は書いているが、ではなぜメラミンを混ぜると

タンパク質の含有値を大きく見せられるのだろうか。

そのあたりのことを新聞は知ってか知らずにか、説明していない。

疑問が残るのである。

仕方ない、わくわく亭が自分でしらべてみることにした。

すると、これは根の深い食品偽装事件であることがわかってきた。

日本にも重大な関係がありそうだ。

そんな折りも折り、大阪の丸大食品が中国工場で製造した食品3点の回収を発表した。

メラミン汚染の牛乳を使用したことが判明しためである。

中国で牛乳から有機化合物メラミンが検出された問題で、食品大手「丸大食品」(大阪府高槻市)は20日、中国の子会社が製造した総菜に該当メーカーの牛乳が使用されていたことを確認したと発表した。製品は全国で販売されており、同社は自主回収を始めた。これまでのところ健康被害は報告されていないという。

 自主回収するのはいずれもチルド食品の点心類で、「抹茶あずきミルクまん」(8個入り)▽「クリームパンダ」(6個入り)▽「グラタンクレープコーン」(7個入り)−の3商品。

 問題を受けて同社が調査したところ、中国山東省の子会社「青島丸魯大食品有限公司」が製造した一部の商品で、メラミン混入が確認された乳製品メーカー「伊利」の牛乳が原料に使われていたという。
(産経新聞)

このニュースでも、なぜメラミン混入か、という視点が落ちている。

たくさんの日本の食品メーカーが中国に工場をもっている。丸大食品だけですむはずがないだろう。

工場は日系であろうと、原材料は現地で調達するのであるから、汚染原料を仕入れることは大いにありうる。

メラミン汚染は乳製品だけか?

いや、昨年発生したアメリカにおけるメラミン混入ペットフードによる大量のペット死亡事件、あれも
まったく同質の事件であり、乳製品ではなくて小麦グルテン(タンパク質)にメラミンが添加されたことが原因だった。

小麦グルテンとなると、ペットフードばかりか、人間の食品、たとえば製パン原料の強力粉などに混入の可能性だって考えられるではないか。

さあ、他人事ではなくなった。

こうなったらなぜメラミンか、どうでも詳しく知っておく必要がある。

          ――――――――――――――――――――――――


メラミンといえば、メラミン食器が知られている。テーブルトップなどに使用するメラミン化粧板(デコラ)がある。そうした製品になるメラミン樹脂の原料がメラミンである。

化学工場で尿素とアンモニアから合成される無色の結晶体である。

尿素は二酸化炭素とアンモニアを反応させてつくる。尿素は窒素肥料の原料になる。

その炭素原料は石炭である。

ということで、肥料工場などではメラミンは容易に生成できる。

メラミンは化学的には有機窒素化合物として分類されるが、「有機」とは炭素のことで、炭素と窒素の
化合物なのだ。

窒素化合物であることが一つのポイントだ。

専門家によれば、食品が含有しているタンパク質の量を測定する際、窒素が使われるのだそうである。

窒素の量が多ければタンパク質が多いと判定されるらしい。

そこで安価で窒素を多量に含む物質メラミンを混ぜ込むことで、製品が高タンパクの優れた品質であるかのように偽装することが可能となるのである。

これに目をつけた悪知恵の持ち主たちが、安いメラミンを小麦グルテン(タンパク)のメーカーや
酪農家に売りつけているのである。

「この結晶を水に溶いて混ぜると、増量できるし、検査でタンパク質の含有量が大きく出て高品質の
評価が得られるという、一石二鳥の便利な原料」

と触れ込んで販売している。

いまでは「メラミン専門業者」がいるらしいのである。

なるほど、これで、なぜメラミンが混入されているのかが分かった。

ここまで読んで下さったかたには、つぎのニュースの意味がより詳細に理解できるはず。

【北京18日時事】中国で汚染粉ミルクによる乳児の腎結石が最初に判明した乳製品メーカー「三鹿集団」(河北省石家荘市)の事件で、同省の楊崇勇副省長は17日、水で薄めた牛乳に有害物質メラミンを混ぜてたんぱく質含有量を高める不正が2005年4月から行われていたことを明らかにした。18日付の中国紙・21世紀経済報道が伝えた。

 楊副省長は「不正の張本人は酪農家から牛乳を買い集めて、乳製品メーカーに売る業者。酪農家はむしろ被害者だ」と指摘。

逮捕された容疑者の供述によると、メラミンは水に少ししか溶けないが、牛乳の温度を上げて、クエン酸ナトリウムや油などを加えることによって、メラミンを大量に混入していたという。

                                         ★

【北京19日時事】中国で粉ミルクに続いて牛乳から有害物質メラミンが検出された問題で、国家品質監督検査検疫総局は19日、緊急調査の詳しい結果を発表し、大手メーカーの蒙牛と伊利の製品の1割近くがメラミンに汚染されていたことを明らかにした。

 同総局によるサンプル検査で、蒙牛の製品は121回のうち11回、伊利の製品では81回のうち7回でメラミンが検出された。メラミン汚染が発覚した大手3社のうち、残る光明の製品で検出されたのは93回のうち6回だった。

今回の事件発端は「粉ミルク」だったわけで、わくわく亭はすぐに「森永ヒ素中毒事件」を思い出しましたよ。

今の若いママさんたちは、ほとんど知らないでしょうが、とんでもない食害事件でした。

日本中が大パニックになったのでした。

事件は1955年夏、森永乳業徳島工場で粉ミルクの製造工程にヒ素が混入し、西日本を中心に約1万3

000人の乳幼児が中毒を起こし、130人が死亡した。

被害者と加害者である森永乳業との長い裁判。監督官庁である厚生省の責任問題が強く問われた事件だっ

たが、今も多くが後遺症に苦しんでいる。

       
              ―――――――――――――――――――――

メラミンそのものは、森永事件の原因となったヒ素のような毒性はないとされてきた。

しかし、メラミンが腎臓で結石を起こして腎臓障害で死亡するという最悪の事態になった。

それは2007年、アメリカで中国産の原料による犬や猫の大量死を招いたメラミン汚染ペットフード

とまったく同質の事件だった。死んだペットたちもまた結石による腎臓障害がその死亡原因だったのだから。

それが、今回は人的被害となった。

つぎのNET記事をご覧ください。これは今回の乳製品事件について書かれたものではなくて、

07年のペットフード事件について書かれた記事であるが、事件の内実、構造は全く同一である。

メラミン混入事件をあいまいに処理して、徹底した安全対策をとらなかったツケが、乳児被害を招いた

としか言いようがない。

中国ではタンパク含有量を多く見せかけるため、飼料用植物(等)タンパクへのメラミン添加は当たり前のように何年にもわたって行われてきた。
 
中国では今までメラミン添加についての規制が全くなかったため (つい先日禁止したばかり。4/26中国政府公表)、手っ取り早い利潤追求の手段とされたようだ。 

メラミンはいかようにも染められ、ごまかすのにも都合もよく、飼料製造業者などが競うようにメラミン屑(スクラップ)を広く買い集めるため、以前はただ同然だったメラミン屑の価格がここ数年間上昇していると話す業者までいる。
 
中には15年にわたり混入を続けてきた業者もおり、
中国の飼料生産現場では、
「メラミンは栄養にこそならないが、これといって害にもならない」という認識のようだ。

「メラミン混入飼料は中国国内に出回っているほか、一部は タイ、インドネシア、韓国、北朝鮮などのアジア諸国にも輸出されている」 という関係者の話もあり懸念される。

上の記事では、動物への飼料にまぜてメラミンを与えている実態をレポートしているが、

FDAの調査結果では、小麦グルテンに混入されたメラミンがペット大量死の原因と結論づけられている。

ただし、メラミン汚染が乳牛の飼料にまで蔓延している実態はおそるべしである。


                     ★


わくわく亭がしらべた関連事件のなかに、なぜ中国の酪農家や乳業メーカーが、近年そんなにも製品に含むタンパク質量を大きく見せたかったか、その遠因ともいえる事件がみつかった。

これも取り上げておくとしよう。

「偽粉ミルク」事件である。

2004年4月、中国安徽省阜陽市で少なくとも13人、また同省内の50〜60人以上の幼児が、

偽粉ミルクを飲み栄養失調で死亡したという事件である。

さらに100〜200人の幼児も栄養失調に陥ったが辛うじて命を取り留めたという。

偽粉ミルクの製造、販売の責任を負っていた47人の市の公務員が逮捕され、阜陽市の食料品店では

45種類もの他の偽商品が見つかった。

141の工場が偽粉ミルクの製造に関わった。

国が定めた基準ではタンパク質を10%含まなければならなかったが、

偽粉ミルクはわずか1〜6%しか含んでいなかった。

政府は遺族に対する賠償と被害者家族の医療費を援助することを約束した、というのが事件のあらましである。

このような事件がおそらく中国全土で多発していたと思われる。

そこでタンパク質含有量の増量が注目されることになり、メラミン販売業者が「タンパク質水増し」

の解決策として酪農家に売りまくったのではあるまいか。


長くなったので(2)へつづく

閉じる コメント(32)

顔アイコン

食品も問題ですが、食器に『メラミン食器』がありますよね?
こちらは、どうなんでしょう????
やはり有害???子供の食器はやたら、メラミン食器が多いのですが。。。

2008/9/22(月) 午後 10:16 [ さやか ] 返信する

顔アイコン

わたしもなぜメラミンが混入されたのか知りたくて
検索していたらこちらにヒットしました。
とてもわかりやすく調べてくださっていて、納得しました。
ありがとうございました。 削除

2008/9/22(月) 午後 10:18 [ hiko ] 返信する

さやかさん、コメントありがとうございました。メラミン樹脂から成形した食器などの毒性は心配ないようです。

2008/9/22(月) 午後 11:59 わくわく亭 返信する

hikoさん、ありがとうございました。ライブドアのブログのようですが、また別の話題でもコメントお寄せ下さい。

2008/9/23(火) 午前 0:02 わくわく亭 返信する

顔アイコン

疑問に思ったことが理解できてすっきりしました。
ありがとうございました。
数年前亡くなった我が家の犬も、
もしかしたらこれが原因だったかもしれないなんて。
老犬だったので、当時は疑問を持ちませんでしたが…

2008/9/23(火) 午前 10:20 SNOW 返信する

顔アイコン

知りたかった疑問が氷解しました。
ありがとうございました。 削除

2008/9/23(火) 午後 0:54 [ Ul ] 返信する

学生時代、化学の先生に『ナフタリン』なんていう失礼な、あだ名をつけた罰が下った猫婆。
農家として窒素、リン、カリ、尿素系肥料、石灰・・と、毎日、お付き合いしています^^
自分とは関係ない分野と思っていたことが、実は、身近に潜む危機と関係がある、
しかも、一番先にダメージを受けるのが、幼い子供や、物言わぬペットたち。
真実を知る努力を惜しんだらいけませんね。
この記事により、また気持ちを新たにしました。ポチ☆

2008/9/24(水) 午前 0:47 きなこ 返信する

snowさん、ようこそ。日本でもアメリカ経由して輸入されたドッグフードの回収がなされました。ブランドと商品名は公表されています。
ネットでしれべてみれば分かるとおもいますよ。

2008/9/24(水) 午前 1:17 わくわく亭 返信する

UIさん、コメントありがとうございました。

2008/9/24(水) 午前 1:19 わくわく亭 返信する

きなこさん、乳製品へのメラミン混入事件にはとても関心が強いということがわかります。この記事を書いて3日間だけで、訪問者数が2000ほどになりました。こんなの初めてですよ。

2008/9/24(水) 午前 1:28 わくわく亭 返信する

顔アイコン

皆さん既に書かれていることですが、
私もなぜ混入したか、疑問だったので、すっきりしました。
ありがとうございました。 削除

2008/10/3(金) 午前 10:19 [ らら ] 返信する

ららさん、コメントありがとうございました。メラミン問題は日本の
輸入食品にまで広がってきましたね。

2008/10/3(金) 午後 2:38 わくわく亭 返信する

顔アイコン

なぜメラミンなのか、ニュースやTVではちゃんと言わないので、非常に疑問でした。
たいへん勉強になりました。ありがとうございます。 削除

2008/10/21(火) 午後 4:30 [ MAO ] 返信する

MAOさん、ようこそ。メラミン混入事件は、まるで燎原の火のごとく
燃え広がっていきますね。イタリアレストランのピザ生地のまでメラミンが発見されています。

2008/10/21(火) 午後 5:12 わくわく亭 返信する

顔アイコン

信頼あっての(輸入)取引だろうけど、チェックをきちんとするのが、製品と消費者に対する責任ですよね。それにしても、製造原価と健康を無頓着にはかりにかける企業と行政の意識は怖いですね。

2008/10/21(火) 午後 9:06 msh*550* 返信する

ツナマヨさん、中国産ばかりか国内産品でも偽装がまかりとおっていたことが暴かれてきましたよね。モラルの喪失が現代の大問題ですよね。

2008/10/21(火) 午後 10:26 わくわく亭 返信する

顔アイコン

これで疑問がすっきりしました。ありがとうございました。
実は、先日友人からメールが回ってきて、カナダ政府から金貨型のミルクチョコレート(中国製)とコアラのマーチに関してメラミン混入が警告されているので、ハロウィンで子供達がもらって来るミルクチョコには気をつけて!というものでした。びっくりして慌てて調べたところでした。
普段加工食品はなるべく買わないように気をつけているのですが、ハロウィンで配られるお菓子は個人的に盲点でした。お菓子を集めて回るのが楽しみなのに、集めたお菓子の殆どは食べられないものだったりして、ご時世ながらかわいそうです。(カナダ在住)

2008/10/29(水) 午前 3:08 [ yokoyellowsun ] 返信する

yokoyellowsunさん、ようこそ。カナダでも中国製食品のメラミン汚染は問題になっているんですね。乳加工品はさまざまな菓子、食品に
材料として使われていくから、発見が困難です。
ホンコンでは昨日鶏卵からメラミンが発見されました。日本では中国から輸入の乾燥卵からもメラミンが出ています。これらは、ニワトリへの資料に混ぜてたべさせたメラミンが出てきたと思われます。
となると、厳密には豚肉、牛肉などの組織にまで入り込んでいることにもなります。
成人への健康被害は少ないとしても、幼児に与える食品については
警戒することですね。

2008/10/29(水) 午後 2:07 わくわく亭 返信する

顔アイコン

本当によくお調べになったもの・・と感心いたしました。
おっしゃるとおり・・たんぱく質は窒素含有量に換算係数をかけて算出します。
ですので分析装置を騙したということですね。
http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/health/webversion/web07.html

本当にヒドイ!


あまりに急激な経済発展・・経済至上主義・・
そのツケを払わなければならないのが・・本来は保護されるべき未来を担う乳幼児・・というのがなんとも傷ましいかぎりです。 削除

2008/12/2(火) 午後 5:19 [ hiroki ] 返信する

hirokiさん、コメントありがとうございます。今日のニュースで中国衛生部がメラミン混入ミルクによる腎臓障害などの健康被害を受けている乳幼児の数を発表していました。29.4万人にのぼったということです。

2008/12/2(火) 午後 6:00 わくわく亭 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事