全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

勝ち点1差で残留ラインを争うヴァンフォーレ甲府戦、あっさり負けたよ。

石にかじりついてでも勝たねばならない試合だったのでは?


今日は7ゲートでファミリーに混じって観戦。

手拍子や子供達はチャント歌ったりして微笑ましいな、なんて感じで自分にも緊張感が少いうちに、先制され、同点に追い付くも、追加点を上げられず、同点ならまあいいかといったぬるい空気が立ち込めるなか、逆転され、せめて同点に追い付け、と応援をしてる感じで、あと二点とって逆転するんだ!という空気は自分の回りの席にはなかった。

長々と意味のないことを書いてますが、二点とれる気持ちがチームから伝わって来ないのです。マークにいかない、フリーで上げさせり、フリーでシユート打たせたり。。

そんななか、我らが湘南にも見てるだけで気持ち踊らせる選手、大竹洋平選手。
梶川選手とのパスのやり取りは、見てて楽しいしワクワクさせますね!
東京から出場機会を求めてきたとのこと。そんな東京に勝ったのは奇跡だな。


触れざるを得ない高山選手のミスシュート。大竹選手はあのスルーパス一つで十分に仕事したんじゃなかろか。あれを高山がちゃんと決めれば、大竹選手にもアシストがついたのに。湘南のプロパー選手がふがいなくて、情けない。
以前から枠に飛ばない選手だというイメージを湘南サポーターなら持っていると思うけど、今日の自力残留を賭けた超大一番であれはマジでないわ (T-T)


近くのファミリーのお子さんが、試合後、パパ〜、東京は勝った?浦和は?って。若い者には無限の選択肢がある。

残留はかなり厳しくなったけど、大竹選手を楽しみに足を運ぼうかな、運ばないかな。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事