VISA SPECIALIST - Sachio MORITA

入管・留学・翻訳のことなら行政書士森田幸生事務所【兵庫県三田市】

お題:米ツアー専念の松山英樹に制裁金 「時代に逆行」と非難の声

『ケツをまくっての渡米となった。

 プロゴルファーの松山英樹(22)は去る4日、今季は国内ツアーのメンバー登録を行わず、シード権を放棄したことを明かして米国へ向かった。プロ転向2年目の昨年は主戦場を米ツアーに移したことにより、国内のシード選手に課せられる5試合の出場義務を果たせず2試合止まり。今季も「5試合に出られる余裕がない」という理由から、昨年末に日本ゴルフツアー機構(JGTO)に100万円ともいわれる制裁金を払ったという。

 松山は今、「日本人で最もメジャータイトルに近い男」であることは間違いない。日本のゴルフ界にとって日本人選手のメジャー優勝は悲願のはずだ。ファンもそれを願っているのに、JGTOは松山を後押しするどころか、「ちょくちょく帰国して5試合に出ろ」と強制してきた。日本ゴルフジャーナリスト協会顧問の菅野徳雄氏はJGTOに対し声を荒らげてこう語る。

「例えば、野球は日米の球場に大差はない。投手からホームプレートまでの距離も同じです。でも、日米ツアーのゴルフコース、特にメジャーの舞台は大違い。難易度が低い日本にいては100年たってもメジャーでは優勝できない。国内外で100勝以上しているジャンボ(尾崎将司)は米ツアーの冠大会でさえ勝てなかった。JGTOは日本のプロをどんどん海外に行かせるべきだし、例えば米ツアーに参戦する者には『米国での賞金を日本ツアーに加算しておくから、ダメな時は帰ってくればいい』というぐらいの度量はないのか」

 さらに菅野氏はこうつづける。

「昨年、国内でテニスがあれだけ注目されたのは錦織圭(25)が全米オープンで準優勝するなど大活躍したからに他ならない。今の若者たちは世界が土俵です。ゴルフにサッカー、野球に卓球、水泳等々、有望な子供たちはみんな小・中・高校の時に世界の舞台を経験している。目指すのは日本一ではなく世界の頂点です。錦織も世界のトップになるため中学から米国留学した。それが今の時代です。JGTOは、選手が世界で戦える環境を整えるどころか、足かせをはめて逆行するようなことをやっている。選手やファンに反感を持たれるだけです」

■アスリートの海外進出を阻む日本スポーツ界の封建制度

 こんな閉鎖的でローカルなルールをつくって選手を縛っているのは、ゴルフ界だけではない。

 大リーグのレッドソックスに所属する田沢純一(28)は社会人時代の08年、ドラフト1位指名が確実といわれていたが米球界入りを表明。プロ野球の12球団にドラフト指名を見送るよう文書を送った。これに怒ったプロ野球界は、日本のドラフト指名を拒否して海外のプロ球団と契約した選手は、退団後に帰国しても高卒は3年、大卒・社会人なら2年間は日本野球機構(NPB)の12球団とは契約できない規則を設けた。いわゆる「田沢ルール」と呼ばれるものだ。

 球界OBの中には、「育ててもらった日本球界を捨てるなら、2年や3年、門戸を閉じるのは当たり前。5年でもいい」なんて声もある。日本ハムの大谷が花巻東高3年の時にメジャー挑戦を熱望した際も、プロ球界は超高校級選手の海外流出に危機感を募らせた。要するに「日本で育った有望選手は必ずドラフトを経てからプロ野球選手になれ」ということだ。

 その一方で、補強で外国人選手をバンバン取って、若い芽を摘んでいる球団もある。今や日本球界は助っ人天国だ。スポーツライターの織田淳太郎氏もこう言う。

「日本には封建的な徒弟制度の文化がある。スポーツ界もそうです。まず、カネを生む選手は自分たちの組織に所属させ、『自分たちのものだ』となる。海外に行くとなると『育ててくれた恩を忘れたか』となる。それはボクシングの世界にもある。米国にはジムというものがない。選手は個人でマネジャーやトレーナーと契約し、使用料を払って公共のジムで練習する。日本ではジムに所属しないと国内で試合ができない。大相撲さながらです。ロンドン五輪金メダルでプロ転向した村田諒太(28)はミドル級(69.853〜72.575キロ)ですから、ライバルの多い海外で試合をやらなければ強くならない。海外を拠点にするべきだが、利権なども絡んで国内に縛られているのです」

 世界を目指す子供は、一日も早く海を渡るしかないのだ。』とのこと。
 
まったくもって同感です。
日本には非常に優秀な人がとてもたくさんいますが、政治も経済もスポーツもアメリカに勝てないのは何故か。
その原因のひとつが封建的な文化・考え方が根強く残っていることだと思います。
封建的な文化・考え方にも、欧米的な封建的でない文化・考え方にも、それぞれ良い面・悪い面の両方があると思いますが、個人的には封建的な文化・考え方が好きになれません。
封建的な文化・考え方では、非常に優秀な部下・後輩・若者がいても伸びない、伸ばさない、伸ばさせない、伸ばせない。
封建的な文化・考え方では、部下・後輩・年下には意見が言えるが、上司・先輩・年上には意見が言えない。
意見を言われることを反論されているとしか捉えることしかできない無能な上司・先輩・年上の輩が一番やっかいですね。
ディスカッションの訓練を日本の教育でもっともっと行うべきだと思います。
年齢・性別等々に関係なく他者の異なる考え方・価値観を理解・尊重し、冷静に分析し、判断・発言・行動できる能力を日本人はもっともっと訓練すべきです。
日本ゴルフジャーナリスト協会顧問の菅野徳雄氏のような考え方の上司・先輩・年上の方がもっともっと増えていけば、もしかすると近い将来日本は政治・経済・スポーツでアメリカに勝つことができるのではないだろうか。
世界に通用する紳士・淑女たれ!

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


みんなの更新記事