TABIBITO

自然に 素朴に 明日をみつめて

全体表示

[ リスト ]

経済協力開発機構(OECD)は、13日、加盟34カ国の子どもの貧困率ランキングを公表した。
 
日本は2009年時点の15・7%が用いられたが、OECD平均の13・7%を上回り11番目に高かった。
自殺率についても10番目に高く、OECD平均を上回った。
 
ちょうど、この調査か発表された前後に、「朝日新聞」が10月10日から15日にかけて5回に渡って「子どもの貧困」と題した連載を行っている。
 
イメージ 2
 
 
見出しだけならべてみる。
■10月10日付
 「『毎日同じ服って言われた』──保護されて1ヶ月ぶり入浴」
 「連鎖する低所得親含めて支援を」
■10月11日付
 「1枚の毛布取り合った冬──『福祉の空白』死も意識した兄妹」
 「18歳からの2年間 行き届かぬ支援」
■10月12日付
 「友達ほしさ重ねて万引き──母子家庭の19歳 保護観察に」
 「格差のストレス非行の一因に」
■10月13日付
「むし歯 乳歯10本が根だけに──母子家庭の9歳、通院できず」
「子の貧困率 日本11番目 OECD34カ国中」
■「風俗は嫌だけどお金なくて──短大生 就活費・学費に終われ」
 「学費値下げ給付奨学金を」
 
 
 
OECDが用いた貧困率15.7%は、2009年のものであるが、厚生労働省では昨年、2012年時点の「子供の(相対的)貧困率」の数値を公表しているが、それによれば16・3%とさらに0.6ポイント高くなり過去最悪となっている。
 
イメージ 10
 
 
6人に1人の約325万人が「貧困」に該当していることになり、豊かな先進20カ国のうち、4番目の高さにある。
 
だが、この「6人に1人の子どもが貧困」と驚くべき値を示されても、学校の校庭にならんでいる生徒たちや、にぎやかに登下校する子どもたちの姿を見ると、「どこに貧困の子がいるのか」と疑問を持つ人もいるかもしれない。
しかし、それが現代の貧困なのだ。一見、よく見えない、わからない。だから深刻なのである。
100円ショップや、リサイクルショップへ行けば、一通りの必要なものが安価で手に入り、身奇麗にはできる時代。
しかし、実際の生活では、上記の『朝日』の記事のような、深刻な実態が、すぐ隣にあるのである。
 
 
「貧困率」というのは、まず「等価可処分所得」というものを算出する。
「等価可処分所得」とは、世帯の可処分所得(収入から税金や社会保険料を引いた実質手取り分の収入)を世帯人数の平方根で割って調整した額のことである。そして、国民一人ひとりを算出された等価可処分所得の順番に並べたて、そのちょうど「真ん中の人」の値の「半分以下の人の割合」がどのくらいか、という指標である。
今回の調査によれば、「真ん中の人」の値が244万円で、その半分以下ということで、122万円が「貧困ライン」となる。それ以下の人が16.3%、すなわち約325万人いるということになる。その人たちがが「貧困」に該当するということだ。
とりわけシングルマザーの場合は、半数以上が「貧困」状態にある。
 
イメージ 12
 
 
日本の子育て家庭、特にシングルマザーなどの親の収入がなぜ低いのか。
それは、こうした親たちが働いていないからではない。日本のシングルマザーは、世界で最もよく働いている。子どもと一緒にすごしたくても、その時間も削って働いている。場合によってはダブルワークで厳しい家計を支える。
 
イメージ 9
 
 
問題は、子供を持つ若い親たちの労働状況が悪化していることがある。多くが非正規雇用であり、ワーキングプアであるからだ。そのうえ、男女の賃金格差も日本は大きい。
 
 
                     非正規雇用労働者の割合の推移  
イメージ 4
 
 
 
イメージ 3
 
 
もうひとつは、経済的に困窮している子育て世帯に対する、児童手当などの金銭的な支援(現金給付)が十分に行われず、公的支援が限られているということがある。
他のヨーロッパなどの先進国が子供の貧困率を低く抑えているのには、現金給付が日本に比べて手厚いということがある。
 
社会保障への公費支出の対GDP比でも、日本は先進国で最低クラスである。
 
       社会保障への公費支出(対GDP比)各国比較
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 
さらに、教育や保育など公的なサービスの制度の違いも大きい。ヨーロッパ諸国では、教育は、義務教育までほとんどが無料であり、保育も無料か、保育料をとっても負担になるほどではない。
特に、日本は、対GDP比での公的教育費の支出は、OECD加盟国中、最低である。大学や高等学校の入学金や授業料もきわめて高額となっている。
 
 
 
そして、金銭的理由で教育を受けられないことが、貧困の連鎖を生む要因ともなっている。
 
 
 
 
今朝の「東京新聞」(18日付)「社説」は「ピケティのその後」と題して、格差問題で「21世紀の資本」という大著でブームを起したトマ・ビケティ氏のことを取り上げている。
 
イメージ 7
 
 
日本では今年3月以降はパタっと取り上げられることもなくなり静かになったが、欧州では、日本と対照的に今、ピケティ氏の存在感がますます増しているという。
 
ピケティ氏は、「資本主義下では、お金持ちの資産の増大の方が勤労者の所得の伸びより大きいので、ほっておけば格差は拡大する。また、お金持ちの富は世襲される。だから所得再分配や教育機会の平等のための投資が重要になる。緊縮路線はそれらを妨げてしまい、結局は成長も阻害することになる」と異を唱えるているのである。
 
社説は最後で次のように述べてる。
「……日本は、一部の富裕層を除き国民の多くが貧しい方向に滑り落ち、格差よりも貧困が深刻化している。ピケティ氏は富裕層を対象に格差問題の「解」を求めたのに対し、日本は貧困や下層の人をどうするかが問われている。そのズレがピケティ・ブームの急落を生んだのかもしれません。
 安倍政権の目指す政策は成長一辺倒で、所得再分配など格差を縮める努力や貧困対策には見るべきものがありません。この国は『富める者がますます富む』というピケティ氏が懸念する資本主義の短所をそのまま体現しています。
 ピケティ氏の主張する国際協調による累進的な資本課税はすぐには実現しそうにありませんが、社会保障の充実など所得再分配政策や教育への投資拡大はやる気があればただちにできるはずです。
 大切なのは、格差を放置したり固定化する社会でいいのか、不平等を黙認するのかを私たち自身が判断することです。ピケティ氏なら『もちろん、それは正しくない』と言うでしょう。」
 
格差と貧困がますます進む日本では一過性で忘れ去られたようになって、一方では、一定のセーフティーネットも充実したヨーロッパでは「今も引く手あまた」のピケティ。やはり、国民が声をあげなければ風化してしまうということか。
何しろピケテイがたびたび指摘する所得再配分にしても世界で最も日本は低い水準にあるのである。
 
イメージ 1
 
 
 
 
そして、「朝日」12日付の「天声人語」。
 
イメージ 8
 
 
昭和の名人、落語の古今亭志ん生の著作『びんぼう自慢』を紹介して“貧乏の極意”をあれこれ語ったうえで、「朝日」で掲載中の上記の「子どもと貧困」についついて触れ「殺伐とした貧しさに胸が痛む。人と人のつながりがやせ細り、周囲からも制度からも孤立しがちな世の中で、親の貧困から子が抜け出せぬ連鎖がはびこっている」「いま6人に1人の子が貧困レベルで暮らしている。一人親などの家庭に限れば、先進国で最悪水準の5割超が貧困層」「あしたのご飯に困る一家もある。とりわけ母子家庭の事情は厳しい」としたあと次のように結んでいる。
「これほどの実態に政治の責任は小さくない。家計と雇用を温める策や、きめの細かい支援は待ったなしだ。そして、市井の人情の出番でもあろう。手をさしのべる試みが各地で始まっている。可能性への切符を、貧富によらずどの子の手にも握らせたい。」
 
 
先月9月にトルコの海岸に打ち上げられたシリア難民の3歳の子どもの写真が世界に衝撃を与えた。その問題について、ある高校のクラスの授業で「自分がもしシリアに生まれていたら」と感想を出し合い話し合った。すると最後はシリア難民のために、あるいは難民を生まない世界にするために、「私たち一人ひとりにが何ができるのか」を出し合ったという。
 
国や地方の政治の力・行政の力、学校の力、地域の力、そして私たち一人ひとり、それぞれにそうした想像性が求められているのではないか。
 
子どもたちは生まれる場所を選べない。
どの子もたとえどんな星の下に生まれても普通の生活ができ、そして「可能性への切符」を手にできるように、この国のすべての智恵と力を合わせるべきである。
 
 
イメージ 11
 

閉じる コメント(33)

日本の雇用が悪化した原因は何だろうと考えたことは有りますか?
デフレなんですね。デフレになると物の値段は下がります。ってか、下げないと売れなくなります。企業は材料費も人件費も抑えて、とにかく原価を下げることに没頭することになります。雇用を復活させるにはデフレを脱却するしかありません。それをやらずにセイフティネットだ財政出動だとやっても効果は一時だけで、ほとんど改善しません。今までの経済政策が功を奏しなかったのはそのためです。
ただ、デフレを脱却したからといって全てのことがすぐさま薔薇色に変わるのかというとそうはなりません。効果が出るには時間がかかります。
結論をいうと、安倍の経済政策は間違ってはいません。他に方法があったら出してみぃ、くらいの大正解です。間違っているのではなく、足りないのです。何が足りないか、そこから先はたぶん皆さんと私と意見が一致すると思います。

2015/10/20(火) 午後 0:41 [ 田吾作 ] 返信する

米沢牛さんのコメントを見たら、アベとハシシタ大阪失調が涙を流して喜んで、もしかして右翼栄誉賞ぐらいはもらえるかもね(^_^;)
デフレの原因は明確で、労働者の賃下げを敢行!さらに派遣で生活困難に陥らせた結果、安いものしか買えなくなった その結果、企業は値下げをせざるを得なくなり、その穴埋めの為にさらに賃下げを強行した!
大企業は自分達の利益率は減らそうとしないから、販売価格下げ→穴埋めに賃下げ(`o´)その負の連鎖を続けて来たのが自民党政府。
それに輪をかけたのがアベ極右政権。派遣法改悪に年金切り下げ 生保支給額減額など悪政の連続で、さすがの自民党政府も「デフレ脱却とは必ずしも言えない」と言い出しました。
そのアベの経済政策、いわゆるアクノミックスがまだ不充分だとは(?_?)
開いた口がふさがらなくて過呼吸になりそう( ̄∀ ̄)

2015/10/20(火) 午後 3:41 [ gip***** ] 返信する

米沢牛さんは労働者の労働時間が「支払い労働時間と不払い労働時間で成り立っている」ぐらいはご存知でしょうね。
企業のコスト削減 人件費削減では、この支払い労働時間分を削減したんです。 だからデフレだろうが不況だろうが、内部留保金は増え続けて、いまや354兆円! 国家予算の四倍以上に膨れ上がり、使い道に困ると言いながら、なお法人税減税を要求する異常さ それに喜んで応えるアベ内閣に見返りは政治献金増加。つまりキックバックでしょう(`o´)
そのアベを支持する人が増えた分だけ日本は凋落していく

2015/10/20(火) 午後 6:49 [ gip***** ] 返信する

あーなるほど。そこからなんですね。つまり、
「なぜデフレになったのか?」
これがわからないと世の中サッパリわからんパー、ですよねw
円高、なんですね。この原因をあえて無視して、あなたのご意見通りに労働者の賃金を上げてみましょう。どうなるでしょうか?
製品の原価が上がり、ますます売れなくなりますね。輸出量は減少し、倒産する企業も出て失業率が高まるでしょう。更には、海外に生産拠点を移す動きももっと活発になり、その分国内では労働力の需要が減ります。そうならないようにしながらデフレを脱却する方法は何でしょうか?
やはり経済問題は単純な白黒論理じゃ説明不能になっちゃいますよねw

2015/10/20(火) 午後 7:18 [ 田吾作 ] 返信する

デフレの原因が円高とは恐れ入りましたが、円高は70年代から進行し、決定的瞬間は85年のプラザ合意による つまり米国の都合による円高導入。一方で日本のデフレが始まったのは98年頃の金融ショックから。年代が合いませんなぁ(^_^;)
その後99年派遣法改悪!除外業務以外は派遣の対象業務となり、その後も改悪を続けられ製造業も許可!さらには派遣期間の制限も撤廃された(`o´)
派遣の低賃金は当然ながら、その影響は正社員にも広がっていった。その結果労働者の平均年収は20年前より50万円も下がるっという「先進国では例のない異常な国」になってしまった!
鶏と卵の話じゃありませんよ(^。^;)物価を下げざるを得なくなり、やむなく賃下げをした。ではなくて、米国の指示に従っての悪政を繰り広げた結果、国民生活を疲弊させ購買意欲を失わせた
悪政→賃下げ→購買意欲低下→やむなく物価値下げ→その原資にさらなる労働者イジメ(`o´)これがデフレスパイラルなんですよ。
悪政により先の見通しがつかない中で、モノだけはどんどん売れる。はずは無いからねぇ

2015/10/21(水) 午前 8:26 [ gip***** ] 返信する

なんだ、ちゃんと原因は円高だって分かってるじゃないですか。それがいきなり賃金格下げが出てくるもんだから、アホかと思っちゃいましたw
米国は関税による貿易量操作を止めて為替による操作に変えたんですね。それが円高誘導です。
では脱却方法はもうお分かりですよね?

2015/10/21(水) 午前 8:40 [ 田吾作 ] 返信する

はぁ〜 野良牛のコメントの「どこをどう解釈したらデフレの原因は円高」ってなるんでしょうね? 呆れた(?_?)

2015/10/21(水) 午後 0:28 [ gip***** ] 返信する

あなたの白黒論でいくと、世の中の事象の裏にはドロドロした陰謀や欲望の渦を織り込まなければならないということですよね?その大変さは理解しますよ。
しかし政策や経済を考えるのに、そのドロドロ妄想をくっつけたままだと頭がウニになって訳がわからなくなりますよね?現にあなたはデフレ脱却の方法が分からないみたいだしw
サヨさんたちにはこういう経済の基礎知識みたいなものを教えてくれる人が居ないんでしょうか?皆で集まってはドロドロ妄想の発表会でもやってるんですか?
それでは何も解決しませんね。

2015/10/21(水) 午後 0:44 [ 田吾作 ] 返信する

> どこをどう解釈したらデフレの原因は円高

いや、あなたの書いた通りなんですよ。余計なドロドロ妄想は取り除いて要約すると、

米国の円高誘導➡日本の輸出減➡デフレ➡雇用の悪化➡内需も縮小➡デフレスパイラル

ということでしょう?つまり、円高を解消することがデフレからの脱却に直結する訳ですね。
具体的には「大胆な金融緩和」が必要な訳で、あなたに分かるように言い換えると、お札を刷ることです。
他に抜本的な解決法があったら教えて下さいな。

2015/10/21(水) 午後 5:18 [ 田吾作 ] 返信する

抜本的な解決法は簡単ですよo(^-^)oあなたのようなアベ狂信者が居なくなれば良いんです。
まるっきりアベ妄想のコピー機状態カンペでもお持ちなんですかねぇ(^_^;)

2015/10/21(水) 午後 5:59 [ gip***** ] 返信する

顔アイコン

生まれた場所は選べなくても、人を選ぶことは出来る
そして、人をどうにかすることも出来る

2015/10/21(水) 午後 6:35 [ 闘争の兆し ] 返信する

安部首相は「大胆な金融緩和」に消極的だった日銀総裁の白川氏を更迭し、代わりに自分と考えの近い黒田氏を総裁に据えて円を刷らせました。日本のマネーストックを倍に引き上げるという前代未聞の金融政策です。
結果どうなっているかというと、円高は大幅に解消し、株価は倍増しました。また日銀が国債を引き受けたお陰で財政はものすごいスピードで改善されています。
これが普通の人達が認識しているこれまでの流れです。
これがどういうわけか脳ミソの片寄った人には大失敗に見えるわけですねw
それはともかく、株価の上昇がこの政策の最終目的ではありません。最終的には雇用情勢が上向き、内需の復活まで成し遂げなければ意味がない。そういう意味でまだ途中だしまだ足りないとは言えますね。
とりわけ今回改悪された労働者派遣法も、企業が息を吹き替えした段階で改正されることを期待します。

2015/10/22(木) 午前 9:18 [ 田吾作 ] 返信する

スカ官房長官「米沢牛氏に【アベゾーリ代弁賞】の授与を検討している。」

注:スカとは大阪弁でハズレの事(^_^)v

2015/10/22(木) 午後 2:11 [ gip***** ] 返信する

好き嫌いで政治や経済を語るから、そうやって最後は罵詈雑言しか出なくなるんですね。理にかなっているかどうかで評価すべきです。
ただしそれには評価する側に基本的な知識が必要です。

2015/10/22(木) 午後 3:08 [ 田吾作 ] 返信する

人を「アホかと思っちゃった」なんて書くお方には相応しいコメントだと思いますよ。
勿論、野良牛はアベ犬とかネトウヨは大好き…じゃありません(^_^;)

2015/10/22(木) 午後 3:37 [ gip***** ] 返信する

お札を刷って円高を解消すれば不況などたちどころに吹っ飛ぶ、なんて話は経済評論家の間で安部政権の前から出ていて、あなたが知らなかっただけのことです。
じゃあ、なぜ政府はそれをやらなかったのか?
世の中にどれくらいの貨幣を流通させるのかは日銀の裁量で、政府も口出しできないんですね。それというのも、政府の命令でお札をバンバン刷って国が没落したなんて話は発展途上国でよくある話(例えば韓国)で、先進国ではそれを防ぐために国の銀行に独立した権利を与えているからです。
では日銀はどう考えていたのかと言うと、円の価値が上がることは良い事だ、と信じて疑わない集団だったんですね。
先の総裁の白川氏などは、「デフレの原因は人口の縮小」などとのたまい、日本の大多数の企業が円高に苦しんでいてもそれは日銀のせいではないと思って
いたみたいです。

2015/10/23(金) 午後 0:07 [ 田吾作 ] 返信する

そこで議員たちの間に「白川降ろし」の機運が高まり、実行したのはが現安倍内閣です。日本はそこから大きく変わり始めたわけです。
サヨさん達がこうした流れをどこまで理解してるのか知りませんが、安倍の政策を支持する輩は皆右翼だ、などと信じ込んじゃってる単純な連中は、これからも世間からどんどん取り残されてしまうんでしょうね。

2015/10/23(金) 午後 0:09 [ 田吾作 ] 返信する

顔アイコン

米沢牛さま
ピケティは「資本論も読んだことがない」と言っていますし、共産主義も否定しています。あまり早合点され、なんでも色分けしないほうがいいと思いますよ。

2015/10/25(日) 午前 0:58 [ TABIBITO ] 返信する

顔アイコン

闘争の兆しさま
仰るとおりだと思います。

2015/10/25(日) 午前 0:59 [ TABIBITO ] 返信する

> TABIBITOさん
共産主義者は言いすぎかもねw
しかしこの人の言うことはどこかバランスがおかしいと思って調べたら、社会党寄りで、親も五月革命の闘志。真ん中の立場で物事を論じる人ではありませんから、その辺は差し引いて話を聞いた方が良さそうです。

2015/10/25(日) 午前 8:49 [ 田吾作 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事