TABIBITO

自然に 素朴に 明日をみつめて

全体表示

[ リスト ]

トランプ政権が2日、核戦略の中期指針「核態勢の見直し」(NPR)を発表した。

爆発力を小さくし、機動力を備えた小型核兵器や巡航ミサイルの開発を表明するとともに、相手国の核攻撃抑止や反撃に限らず、通常兵器に対する反撃でも核兵器による報復の可能性についても言及した。

イメージ 1


オバマ前大統領がめざした「核なき世界」の方針を大きく変更させた。
日本の被爆者たちからは、「核使用の緩和」「新たな核抑止力」ともいえる今回の発表に怒りと危機感を強めている。
 
 
そして、さらに、驚き落胆したのは、日本政府の態度である。

イメージ 2


河野太郎外相は、「わが国を含む同盟国に対する拡大抑止へのコミットメントを明確にした。高く評価する」と全面的に歓迎した。
談話では「北朝鮮の核・ミサイル開発の進展で安全保障環境が急速に悪化している」として、「米国と危機意識を共有」し「日米同盟の抑止力を強化していく」と表明した。そのうえで、「安全保障上の脅威に適切に対処しながら、核軍縮の推進に向けて引き続き米国と緊密に協力する」と述べた。
 
 
北朝鮮に「核開発をやめさせる」といいながら、小型の「使える核」を新たに
開発するというのは、「おれ俺は持つけど、おまえは持つなよ」と「力でねじ伏せるぞ」いういう意思表示以外の何者でもない。

これでは、核使用のハードルを下げ、世界に各増強や核保有の口実を与えることになる。新たな核軍拡競争の時代を迎え、世界の不安定化を招きかねない。ロシアや中国、アメリカの敵対国との緊張は激化するするだろう。
そして、何より、ヒロシマ・ナガサキを繰り返す事態を生みかねない。
 
アメリカは、これまで、自らの覇権的な世界支配を推し進める口実であったかもしれないが、まがりなりにも「米国主導の国際秩序」を維持させるための「責任」ということを言ってきた。しかし、トランプ大統領になって、その「責任」を自ら投げ捨てているといえる。
 
「アメリカ・ファースト」の名のもとに、地球温暖化防止のパリ協定からの離脱を表明し、エルサレムをイスラエルの首都と認定すると宣言、国連での核兵器禁止条約採択を妨害するなどしてきた。
 
トランプ大統領のやることは、次々と世界中の非難をよびおこし、アメリカの国際的地位の低下を招いている。
 
そして、そのトランプ大統領に無条件に付き従うのが日本の安倍政権である。
トランプ大統領のやることには、それがどんなに無法なものであっても、決して批判をしないどころか全面的に賛同する。世界の多くの首脳は、米国の同盟国の首脳も含めて、トランプ大統領には厳しい目を向け、言うべきことは言うという姿勢をとっている。
 
トランプ大統領はおかしいが、日本の政府もおかしい。
早く、アメリカも日本もトップが変わることが、政治の常識を取り戻すことになるだろう。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

初めまして。
転載させていただきました。

2018/2/6(火) 午後 5:48 [ 黒柴こたろう ]

顔アイコン

黒柴こたろう兇気

ありがとうございます!

2018/2/7(水) 午前 1:35 [ TABIBITO ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事