カンタンクのモノ作り

川崎バトルロボットを作る為の機材を作ってます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ミニッツ

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

前のMMはまあフリクションダンパーを入れればまあ走れます。

LMはオイルダンパーとタイヤさえ用意すればバリバリ走れる雰囲気。

FET交換はしてないですが、今度SP8 に交換を一応予定中。
少しずつ足回りのセッティングを煮詰めてバリバリ走れるようにするぞー。

2.4Gシステムは最高だー。
双葉さん、早くミニッツ用の2.4Gモジュール出して下さい。
出してくれないとヘリオス買っちゃいそうですよ・・・・

開く コメント(0)

開く トラックバック(7)

電池ケース

イメージ 1

ミニッツをやってるとどうしても電池ケースが高いと思うようになる。
今まで交換したミニッツのシャーシを使って電池ケースを作っていたのだけど。
単セル放電基盤を知り合いに作ってもらったので、
アクリル+スペーサで電池ケースの作成。
うーん良い感じ。
端子も含めて単価500円位かなーと思う。
まあ、シックリ感がたまらんのです。

開く コメント(0)

ウズウズ

イメージ 1

楽しそうな大会用に出たくなってきたので
サクっとアウトライン作成。
まあ見ての通りスッカスカ

予定
タイミングベルト流用キャタピラ片側2畳= 20+20で40mm幅
アメリカT28重戦車/T95対戦車自走砲もしくはオブイェークト279 ですか?状態です。
大会違うけど機甲揚陸艦と戯れる為に、アーム意外は完全防水構造にする予定。

(アームの電装は外して蓋、現実の戦車も水中に入る時は砲身に蓋したりシュノーケル付けるから有りでしょう)

もう少し分厚いキャタピラにしたいけど、生憎ちょうど良いタイミングベルトが無い・・・・
後、サスペンション機構付けなきゃ、ソ連方式で大型転輪タイプでブイブイ走る。

装甲はいつもの5mmFRP装甲で。
予想スペックは6mmプラスチック速射砲の連続射撃に全方位防御の予定w
重量測って軽いようだったら5mm軽合金装甲。
それでも余裕があれば5mm合金装甲(SUS304)でw

開く コメント(0)

開く トラックバック(4)

スピンドル

イメージ 1

イメージ 2

うーむNSKとかのスピンドルも非常に良さそうなのだが、そこまで予算を割きたく無いのと。
すでにベビーチャックを投入してしまっている関係上、今からNSKのコレットを揃えるもの辛い。
と、言う事でこんなもの書いてみた。
ベアリングが内径20外形36とあまり好ましく無いベアリングだ・・・
本当は内径20外形46(アンギュラコンパチ可能←後々アンギュラにしたいよねー・・・)を使いたいがスリーブの強度の関係上使いにくい。
(世の中のシャフトホルダーの最大径が50の為、外形50以上に出来ない・・・・)
もう少し設計を煮詰めて良い物にしよう。
ベアリングは並級でも綺麗に作って組めば振れ精度10〜20μ以下になるはず。
4級とか6級とか使えば数μも夢じゃない?

開く コメント(0)

イメージ 1

マダマダ完成では無いですが、
とりあえずリュータで使う軸付砥石を整理する小物を作ってみた。
画像では底板と、後シャフト2本が無いのでこんな感じですが、現状でも十分使える便利さです。

原材料はアクリル板700円位。(後もう一個分取れそう)
と基盤用スペーサ数百円
(場所によってマチマチ、近くのホームセンターだと2本で500円もしたので、在庫を流用→本数不足・・・・)
CNCで外径と穴だけ空けただけの簡単仕様だけど、満足度の高い出来です。
今後別に持ってるダイヤポイント用や、WA GC砥石とか、種類毎に増殖予定。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事