ここから本文です
身体動作とkazetakenobujutsuのブログ
武の動きが癒しとなり道を拓く

書庫全体表示

本日の朝の身意動放。

身心を稽古することだが、まだ身体との対話だ。

この対話が難しいのだが、これが要である。

身体という軸を通し、身心となり、天人地となる。

そうして身心となると、関わりの自分は、私の中のあなたであり、あなたの中の私であることを感じる。

もう少し先の話だが・・。


今は腰を練り、重心を落とし、ぶれない身体を造ること。


動きに角が在り、起こり、が在り、ぶつかりが在ることを感じることから、だんだんそれらが消え、まるく流れてくる。

その過程が身体の稽古。

こういう基礎の稽古は地味だが、深く美しいものだ。先を急がず今の自分を稽古し、解放に向かうことを感じる。

地味な稽古や、自分には難しいと心を閉じるものもいる。

閉じてしまったら、扉の先の世界は分からぬのに・・。


今を感じ今に稽古しようと思う。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事