ここから本文です
身体動作とkazetakenobujutsuのブログ
武の動きが癒しとなり道を拓く

書庫全体表示

〜響き合う身体〜

さて本日の稽古も響きの稽古であった。

相手に通る稽古。

身体を見れば、身体が響いているかが分かる。

朝のゆるやかな集中が身体に沁みた。

毎回が充実である。

気づきも学びも新鮮であった。

午後の稽古はまたギタリストの方との稽古。

バランスが良くなってきた。

気の散漫が無くなり中心に集まってきた。

スタート時はなかなかエンジンが温まらないが、徐々に連動を始め、一つになり動いていく。

指の動きも、最初は腰まで気が流れなかったが、膝と足首が弛んでから丹田に重心が下りた。

普段の状態でバランスを見た。

するとお臍の少し上あたりで重心が止まり動きが止まった。

動いている時は良いが止まると呼吸が浅くなる。

居合の稽古にうつった。

帯刀して歩みをしていただいた。

抜刀を何本か行い、全身が関わるように丁寧に意識をしていただいた。

いつもより長い抜刀稽古を終え。

また停止時のバランスを見る。

こんどは止まっていても臍下まで重心が下り、指の動きも滑らかになっていた。

毎回動きに繊細さが増してきている。本人は実感がなさそうだが、伝える側からは分かるものだ。

呼吸も安定してきている。

次回もまた新たな身体となって稽古をするだろう。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事