ここから本文です
身体動作とkazetakenobujutsuのブログ
武の動きが癒しとなり道を拓く

書庫全体表示

〜棒を扱う身体〜

本日の稽古は朝の基本操作の会。

杖の動きを主にお伝えした。

杖は術の前の操作法、つまり棒をどう動かすか。

棒を握るという行為は、身体的には屈曲をする動作に近い。

なので、なるべく軽く握り、棒を滑らすように、身体が詰まるような扱い方ではなく、静かにぶつからないように扱う。

棒を持つことで、最小の筋力が働き、力が過ぎれば、扱いは鈍くなる。

そんなところに気を付け、丁寧に操作することで全体に連動が起こることを実感していただいた。

力を抜くという、単純だが、基本にして難易度の高い稽古でもある。

しかしこんな、地道な稽古が分かってくると、なんと楽しいことか。

身体が分かるということの奥深さが地道な稽古にあるのだ。

イメージ 1

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事