ここから本文です
身体動作とkazetakenobujutsuのブログ
武の動きが癒しとなり道を拓く

書庫全体表示

〜自主稽古〜

本日も自主稽古日記。

部屋が狭いため剣術の斬り上げがどうしてもできない、どう身体のぶつかりを消し、折りたたんでも難しい・・。
この動きは毎回道場に行ってはじめてできる。

と思ったのだが、この考えがすでにぶつかりが在ることに気づいた。

出来ないと自分で決めてかかっては、稽古は終わったも同然。

この狭い空間で斬り上げを研究していくことに決めた。つまり出来る工夫をやる!

身体が委縮したり、出来ない、難しいという思考が支配することを中心に置いてどうする。

出来ないから工夫する、委縮したから、そこから解放する、そういう前向きな身体で在るべき。

そう感じてから、今の自分の委縮する身体をもう一度改めて感じてみた。どの遣い方が自分は恐れているのか、出来ぬと答えを出してしまっているのか。

そんな自己洞察をしながら自主稽古を進めた。

気づくことから前に進む。

出来てしまうことは忘れる、しかし出来なことは覚えているものだ。

ということは出来ないこと、というのは重要な事だ。

さてまたさらに稽古が面白くなってきた!

イメージ 1

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事