ここから本文です
身体動作とkazetakenobujutsuのブログ
武の動きが癒しとなり道を拓く

書庫全体表示

〜身体の変化〜

本日も基礎稽古から型稽古への流れであった。

体術の稽古へ入り、受けの意味、対峙しての力と重心の感覚などをお伝えした。

相手より力を出してはならない、相手を感じる、そのための身心の準備、働きなどを稽古した。

また接触、触れなどで身体の変化を実感していただき、繊細な事で身体は変化することを理解していただいた。

技がかかる具体的な変化が感じられなければ、相手に技は効かない。

ただ勝てばいいという粗い関わりならばそれを技とは呼びたくない。

触れかた一つで変化する身体、筋肉が弛む方法などをお伝えした。


最後に身体の緊張を解く操作を武術という稽古ではなくお伝えした。

今まで解けなかった身体がある個所を静かに触れただけで、明確に変化したのは私自身驚いた。変化には自信があったが、ここまで緩むとは・・。
触れと概念とバランスを日々稽古しているが、それが一致したのか、予想を越える変化に私が一番驚いた。

身体がこんなに変わるものか・・。

がこんなことを面白がってはいられない。

身体の変化は必ずしも術者側の技術が働いたとは言い切れない。

身体は常に変化して、黙っていても、緊張したり緩んだりしている。

心の機嫌でも緩んでしまう。

今日の変化をまだ術と呼ぶには早すぎる。


まだこれからが研究稽古だ。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事