ここから本文です
身体動作とkazetakenobujutsuのブログ
武の動きが癒しとなり道を拓く

書庫全体表示

〜技の前の身体稽古〜

本日も朝の稽古であった。

朝からでもスッキリとした稽古が出来た。

基本軸を作る稽古である。

摺り足、手と足の取り、最少筋力へのアクセス、対峙しての相手への調律法など。

技術を学ぶというよりはそれを得る身体を作る方が大切。

身体を作るといっても筋トレをやるわけではなく、実感するために自分の身体の体感分析が出来なければならない。

出来ないところ、動かぬ個所、どうして硬くなるか、または軟らかくなるかが、意味を知り実践できなければ、技術を得る身体が出来たことにならない。


と文章で書けば、なにか複雑だが、稽古ではその渋い稽古を観て、やるしかない。

杖の操作で筋肉の連動を体感。

拳を前に出して、筋膜を操作するだけで筋力は落ちる。その実験を体感しそれを実際型稽古の中で同じことが起こらなければならない。そのような稽古。

胸の抜きの操作で手を動かす。

胸の抜きの感覚が腕と腰、腹の連動に繋がる、その方法。

これら稽古をしながら、感覚を磨いていくと、軸の繋がりや、柔らかな所作の意味が見えてくる。

そうしてようやく技法の世界に入っていく。

今日はこのような稽内容であった。

イメージ 1
大島合宿での写真

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事