森使いの診療所

変わらぬテーマは「地域づくり」

リーとキャラメル

K君が5歳になる頃、飼っていた犬のリーが死んだ。白い雑種の犬で、孤独なK君の大切な友だちだった。もう老犬で、だんだん食べる量も少なくなっていたから仕方なかった。父親が家の隣の桑畑の隅に埋めるといって穴を掘り、リーを横たえた。K君と母親、それに近くに住んでいるおばさん(父親の義姉)と、K君と歳の近いいとこ2人が見守った。

母親は義姉の前でいいところを見せようとしたのか、K君といとこたちにキャラメルをひとつづつ配り、リーが好きだったからとお墓に一緒に入れてやるよう促した。いとこたちは言われるまますぐにキャラメルを穴に投げ入れたが、キャラメルは包み紙がついたままリーの胴体のあたりに転がった。K君はこのままではリーが食べられないと思い、自分に渡されたキャラメルの包み紙はむいてからあげようとした。

ところがそれを見た母親はすかさずチッと舌打ちして、「お前が食べるんじゃないんだよ!ばっかだねえー。自分で食う気になってらあ!」とあきれたように言った。K君が自分で食べようとしていると誤解したのだ。リーにあげるよう渡したのに仕方のない子だというわけである。K君は母親と二人だったら、「僕が食べるんじゃない。リーが食べられるように紙をむくんだ」と言えたかもしれないが、おばさんやいとこたちの前だったので、みんなにも自分がダメな子だと思われたと感じてまごついてしまった。あわてて早く紙をむこうとしたが、かえってうまくむけなくなり、母親はさらにイライラして、「お前が食べるんじゃないって言っているだろう!しょうがない子だねえ。早くしな!」とさらにK君の頭を後ろから小突いた。K君はしかたなく、紙がむきかけになったキャラメルを穴のなかのリーの口元においた。

勘違いをしているのは親のほうであり、子どもは子どもの考えで親が考えるより立派にやろうとしていることはよくあるのだ。

「本当は君がちゃんとキャラメルを食べられるように紙をむいてあげたかったんだ。ごめんよ、リー。」

この記事に

開く コメント(0)

K君が高校2年生の時だった。家の電話が鳴り母親が出てから、「お前にだ」というので替わると、男性の声で新しい勉強の仕方について紹介する会があるので来ないかという。無料で誰でも聞ける会であり、同級生もたくさん参加しているという。K君は自分で決めた参考書を中心に勉強しており、塾やほかの教材などだったら興味がなかったが、自己学習のやり方だというので聞くだけ聞いてみるかと思い、母親に許可を求めた。

K君:勉強の仕方を教える会があるというからちょっと聞いてきてみてもいい? T高の人たちも行くって。
母親:聞くだけならいいさ。

K君は自宅から4kmほど離れた指定会場に自転車でいくと、40歳前後の男が「K君ですか」と声を掛けてきた。
小部屋に案内されるとほかに人はなく、「会」だと言っていたのに様子が違うなと思った。
男は受験生におすすめの新しい教材の紹介だといってテキストを見せ、聞いてみると通信教育の勧誘だった。
K君は興味がなかったので「時間を損した」と思い、断って帰ってきた。
家には父親が帰ってきており、K君に向かってくるなりいきなりK君を殴りつけた。K君の帰宅を察知するや玄関から飛び出してきて、「何をやっているんだ!」とすごんでいきなり殴ったのである。

K君は驚き、「なんだよ」と声を上げると、父親は「教材の勧誘に騙されたんだってな!」という。
実はK君が出かけてから母親が、これは教材の勧誘かもしれないと気づいて、K君が勝手にサインして来はしないかと不安になったのである。それを受けて、実際に契約してきてしまったかどうかも訊かずに、父親はいきなりK君を殴ったのだ。
「騙されてなんかないよ。教材の販売だったので断って帰ってきたよ。勝手に契約なんかするわけないよ」というと、父親は出かけて行っただけでも騙されたということなのだという。話にのって契約してしまったのならそういうことになるが、K君は断って帰ったのである。話を聞きに行くだけでも騙されたことになるという一方的な論理は、先に殴ってしまって分が悪い父親の勝手な決めつけに過ぎない。

しかも母親は出かけることを許可しているのであり、出かけることがすなわち騙されたということなら、母親も同様に騙されたというになるではないか。
父親:「なんでそんなのに行ったんだ!」
K君:「お母さんがいいと言ったから行ったんだよ! じゃあ親がいいと言っても実際にはダメなことがあるんだな!」 
父親:「そうだ。」
K君:「じゃあお母さんのいうことは信用できないということだね! 行っている間にいいか悪いかが変わってしまうんじゃどうしたらいいんだ。許可したから行ったのに何で僕がおこられるんだ。」
どう見てもK君に分がある。自分のほうが悪いと考えて済ませてしまう癖は相変わらずあったが、論理的に明らかにつじつまの合わないことには反論するくらいにK君は成長していた。
しかし父親にとってはそんなことは子供の屁理屈であり、K君が母親を心配させたということが父親には許せないのだ。

母親:「お前に親の気持ちがわかるか!親はどんなにお前のことを思っているか!」
論破され反論できなくなった父親に代って母親がここで入ってきた。
自分のためを思ってと言われるとK君はやはり黙ってしまう。それを知っていて母親はさらにK君の弱点を突いてくる。
母親:「もうお前のことなんか構わねえからな! もう義務教育じゃあねえんだから学校なんて行くな! お前なんかどっかへいっちまえ。もう親のやることは終わったから自分で食ってげ! 今後お前のことはいっさい構わねえから!」

実は両親が心配しているのはK君ではなく、もしK君が教材の契約をしてしまったら金を払わなくてはならなくなるのでそれを心配しているのだ。契約によって損害を被るのはK君ではないわけだから、K君のことを心配してというのは嘘である。第一心配しているならその相手を殴るわけがない。

明らかに母親、あるいは両親の側に非や誤りがありながら、全面的にK君のほうが悪いと決めつけられて悔しい思いをすることは毎日のようににあった。そのなかでも、特にこの教材説明会の時のことは支配者である母親、協力者である父親の思考と行動のパターンが典型的に表れた一件であり、K君は今でも鮮明に記憶している。

この記事に

開く コメント(0)

K君の中学校では3年生の春に修学旅行があった。
行先は静岡と箱根だ。登呂の遺跡や久能山東照宮、三保の松原や大涌谷などを訪れる2泊3日の行程である。
K君は同級生みんなと一緒にそれぞれの場所で遊べることがとても楽しく、夜に広間に集まって行うゲーム等の行事では率先して笑われ役をやったりして子どもらしくはしゃいだ。
箱根では小涌園ホテルの団体部屋に泊まり、一枚で何人分もの布団に敷ける大シーツにびっくりしたり、お決まりの枕投げに興じたりした。

学校に決められていたお小遣いは2500円で、K君はそれで中学生がよく欲しがるようなピンバッジを買ったり、石垣イチゴのジュースを飲んだりした。家に「茶餅」という和菓子のお土産も買った。

小涌園ホテルでは廊下の端に髭剃りの自動販売機があるのを同級生のI君と見つけ、ふざけ半分にこれ買って風呂のときに剃ってみるかという話になった。髭などやっと薄く生え始めたばかりで、ひと月半に一回の床屋の際に剃ってもらえば足りていたのだが、大人になることへの興味や修学旅行という非日常的状況、ちょうど販売機を見つけたタイミングがこの行動を促したのである。
髭剃りは使い捨ての50円くらいのもので、I君が一緒ということもあり、いつもの小遣いは少なくてお金を大切に使っていたK君も、この新しい体験への試みをさほど躊躇しはしなかった。
剃刀の切れは悪く、髭自体が少ないこともあり、初体験のK君には皮膚を軽く引っ掻いている感じがしただけで実際に剃れているのかどうかもよくわからなかったが、それでも何か新しいことをやってみたことに満足した。
髭剃りはどう処分したらよいか迷ったが、すぐに捨てるのも惜しい気がしてそのまま持ち帰った。

■親の反応①(お土産に対して):帰宅したK君は「これ買ってきた」といって茶餅の箱を母親に渡した。母親は「お前が何を買ってきたんだ」と言って受け取り、ほかにさしたる反応を見せなかった。
夕飯時になって父親が土産のことを切り出した。顎を軽く挙げて、どうせたいしたものではないだろうという調子でこう言ったのである。
父親:「お前が何か買ってきたんだってに。買ってきたんじゃあもらっておくから。」
K君:「・・・」
父親:(茶餅の箱の開けてみて)「こおんな緑色のなんか、着色料が入っているんだあ。」
K君:「・・・」
母親:「ばっかが、なんにも考えねえで買ってくるから。」
K君が買ってきた「茶餅」は確かに比較的鮮やかな緑色をしており、当時のことで添加物の細かな表示などはなかったが、それだけの緑になるほど抹茶を使っているとは値段からいっても考えにくく、添加物が入っているらしいことはみてとれた。父親は普段から添加物等を嫌う傾向があったが、それでも人にもらったものなど特に甘いものは好物でたいがいは食べていたのだから、K君のお土産にかぎって見たはなからそんなことを持ち出すのはおかしなことだ。
雰囲気がよくないのでK君もだまってしまった。K君が初めて家族のために買ってきたお土産に対する反応がこれである。小遣いの中から何がいいだろうと考えて選んで買ってきたのだ。「よく買ってきてくれたね」とほめることもせず、お礼の一言もなく、まるでテストで悪い点を取ってきたかのような反応だったが、子どもがやることに良い評価を与えないのはこの家の常なので、その時はK君はそれ以上気に留めなかった。

実はお土産に戸惑ったのは子の成長、特に親子の立場の逆転になるような成長を喜ばない母親だった。息子が親のために買ってきた、ということ自体に戸惑ったのである。「こんなの買ってきた」という言い方で父親にK君の土産を見せたことで、父親は自分の支配者でもある母親の不機嫌を知り、それに同調してK君に不満を伝える役を自然に担ったのである。
父親は仕方ないから食ってみてやるといった言い方で茶餅を一つだけつまんで食べ、「ああ甘いや」と言ってあとは食べようとしなかった。ずっと甘い最中などいっぺんにいくつも食べるのだからおかしなことだが、K君はとにかく自分のしたことは、いつも母親に言われるような「考えなし」のことなのであり、自分のほうに非があると思った。心を空しくして何も感じなくすること、また自分のほうが悪いと思うことはこういった状況を切り抜けるためにK君が身に着けている方法である。

すべてのことにいっぺんに配慮できる完璧な人間にならなければいけないのだ。そうでなければこの世では生きていけない。自分はまだまだそれには程遠い、母親に常に言われるとおり、「クズな人間」でしかないのだ。K君はいつものとおり自分でそう納得した。
母親がK君の茶餅を食べたかどうかはわからないが、結局どうだったとも言わなかったのでろくに食べなかったのだろう。

■親の反応②(髭剃りに対して):そうこうしているうちに母親はK君のバッグを調べ始めた。スポーツバッグの中にK君が小涌園で買った髭剃りがあるのを見つけ、「おい何だこれは!」「なんでこんなものがあるんだ!」と騒ぎ始めた。
母親:「お前がなんで髭なんか剃らなくっちゃならねえんだ!」
K君:「ちょっとやってみただけだよ。」
茶餅の件では親に対してしたことが「間違い」とされたので、あたかも答案ができないで叱られたかのように黙って、いつもそうするように心を空しくして時間が過ぎるのを待ったが、髭剃りの件では不意をつかれ、まるでいたずらしたことを取り繕うように言葉を返した。
母親:「はっ! 髭なんか生えてもねえくせに!」
K君:「I君だって買ったよ。」
母親:「こんなもんいくらしたんだあ!」
K君:「50円だよ」
母親:「修学旅行に行って悪さばっかりしてらあ!」

怒鳴りまくる母親の横にいた父親はその髭剃りをつかんで洗面台に行き、ほどなく帰ってくると「こんなもん全然剃れやしねえや。安物だあ」と言って戻ってきた。使い捨てなのだから当たり前であり、父親にはそれがわかるはずがだがわざわざそんなことを言うのは母親に加勢するためである。
子どもが使い捨ての髭剃りを買って試してみたなどということは、別に叱ることでもなんでもない。両親の言動のほうが矛盾に満ちており、K君は我慢しているのが悔しかったが、何か言えば火に油を注ぐのがわかっていたからそれ以上なにも言わず我慢した。
母親が理不尽で強烈な反応をしたのは、K君が成長することへの警戒、特に性的な成長への拒否であり、また父親が母親に同調反応したのは父親自身が母親の支配下にあることから、家庭での自己の立場を守るための合目的行動である。「ちょっと髭を剃ってみたくなったんだよね」などと、男同士として庇ってくれるようなことはこの父親にはありえなかった。K君の父親はまさに母親の意を汲んで動く「手下」なのだった。

子どもにはほかの家庭で普通になされている会話がどのようなものかはわからない。修学旅行から帰っても、「どうだったか」「何が楽しかったか」「何ちゃんと何をした」などという会話が全くなく、あら捜しをして叱りつけるだけの自分の家庭が「異常」と気づくのはまだ先のことである。




この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事