森 ゆき子のブログ

なるべく解りやすい活動報告、日常をお伝えするように頑張ります!
米国のシリア攻撃への支持と一体に、「東アジアでの大量破壊兵器の脅威」=北朝鮮の核・ミサイル開発にあえて言及し、米国の対応を「高く評価」する。安倍首相のこの姿勢は、米国が北朝鮮に対して軍事力行使を選択肢とすることを容認、支持するものとして、きわめて重大である。それは、「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とした日本国憲法にてらして許されない
 
武力ではなく、外交交渉の中で、北朝鮮の非核化を
日本共産党 志位委員長

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

 おはようございます。今朝は飾磨駅前宣伝からスタートです。入江次郎県会議員、後援会のみなさんと赤旗号外を配りながら宣伝しました。
 国連安保理決議に違反し弾道ミサイルの開発を進める北朝鮮。そしてシリアに一方的なミサイル攻撃をしかけたアメリカ軍。かつてイラク戦争をしかけた時に「大量破壊兵器がある」という情報だけで多数の犠牲者を出したアメリカ軍。北朝鮮の脅威を強調し、一方的な先制攻撃を繰り返すアメリカ軍に追従する日本政府。
 一方、世界を見渡せば、「核兵器禁止条約にむけた国連会議」が開催され、参加国は115ヶ国にもなります。広島・長崎の被爆者が立ち上がり、核兵器廃絶を訴える署名は、これまで原水爆禁止を訴える世界中の平和活動家たちがとりくんできた核兵器全面禁止署名に続くものとして、取り組まれています。
化学兵器、核兵器の非人道性が国際社会の共通認識となり、平和外交への最大限の努力をはらうことが大きな世界の流れです。
 日本が攻撃をされてもないシリアへアメリカが一方的に攻撃しているのに、日本がわざわざそれに理解を示す。
こんなアメリカ追随の態度は、平和外交を目指す国を敵にまわすことになるのではないか、と個人的には冷や汗もの。
 アメリカがする戦争に、またも日本が巻き込まれるようなことを容認するわけにはいきません。
 世界の平和外交への流れを正確に報道せず、核兵器禁止条約締結にむけた多国間国際交渉を報道しないマスコミ。アメリカありき、アメリカ追従ではなく、日本独自でしっかり外交政策を打ち立てて欲しいです。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

反省していないから、自分たちが好き勝手に使ってきた不正な政務活動費を指摘されていることに対して、アラ探し、だなんて言葉を使うのではないでしょうか。市民の大切な税金なのに、議員が好き勝手に使って、なにが悪い!と言いながら選挙してるようものですね
逆効果ですよ、新人候補さん
⬇⬇
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1252969321488695&id=100003269175501

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

共謀罪法案審議に対して報じるYahooニュースです。
それに対する一般コメントを見る限り、共産党は反対したいから反対してるとか善良な市民には関係ない、つまり、なぜ反対するのか理解できないという、余りに単純すぎる理由で共謀罪に反対する野党を批判的に見ています。まだまだ足りないですね、共謀罪の恐ろしさを伝える人数が。
テロ対策は現法にも既にあるんです。共謀罪で対策をとらなきゃオリンピックができないなんて、嘘ばかり。既に現法で沢山の処罰は決められています
善良な市民には関係ない、と言われていたのは治安維持法の時も同じ。密告させ、民主主義や平和主義を訴えただけで投獄され獄死していった「善良な市民」が大量に犠牲になりました。戦争はやめて、という当たり前の「善良な」意見が言えなくなりました。
過去、三回も国民世論が廃案にしてきたことも、よく考えて頂きたいです


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170406-00000018-nnn-pol

この記事に

開く コメント(0)

3月21日の子育て支援対策特別委員会、22日の厚生委員会、と2日続いてどちらにも認定こども園の法令違反に関わる部署がまたがるため、どちらの委員会にも所属する私は、2日続けての審議になりました。
監査に対しては
1 どんな監査が入ったのか、何をきっかけに違反に気づいたのか。
2 この二年間、子どもたちがろくな給食を与えられずにいた粗悪な保育に気づかなかった責任をどう思うのか。
3 監査として今後何を改善すべきと思うのか。
4 監査の体制も、職員の配置を増やし、監査を増やすなど対応すべきではないのか、県知事は全ての認定こども園の運用状況を調査すると言っているが、姫路市もそうすべきではないか、などなど、質問が山積みでした。

保育関連では
1 保護者が子どもの入園を取り消し、変更したい場合の受け入れ先については、市が責任をもって、人数を確保すること
2 夢工房に引き続き、不正が続いている。改めて監査については、他の園についても指導や調査にまわり、信頼を快復すべきでは
⬆⬆
が、他の議員からも出たので、その意見に賛同する意思表示をしつつ。さらに。
3 十分な食事を与えない給食の問題については、子そだて支援法や運営設置基準に違反すると書かれているが、それ以前の問題。子どもの人権問題であり、児童福祉法にも違反する。
虐待とも思う。子どもの保育の理念が全くない。そこを厳しく指摘、指導すべきではないか。
4 夜間のシッターや学童など、無許可で運営した部分の保育士の賃金はどうなっているのか。無給かのようにも書かれている。労働基準法違反
5 そもそも、今議案で、別で提案されている「保育士の多忙化や待機児童解消策として保育士の資格がなくても研修を受ければ配置できる要件緩和の議案」がでていることにも関連するが、この法令違反の子ども園の定員超過問題の背景には待機児童の問題がある。
ー定員超過しても預かってほしいーという保護者の要望に答えて22人も超過した。これをまず、問題にとらえ、公的な責任で待機児童解消をはかること。認可保育所をふやすなど、保育の理念をしっかりいかすのは公的な責任でおこなうべき。
など、指摘しました。

保育士に対しては裏雇用契約までとりつけ、厳しい劣悪な雇用形態で、この二年間は辞めたくても辞められない状況。届けも出さず、許可なく夜間のベビーシッターや学童を運営してるため、賃金はタダ働きということも明らかになりました

許されるものではありません
幸い、46人の園児の転園先は決まりましたが、この二年間、お腹をすかせ、寒いなか、暖房もつけられず、架空の保育士で目の行き届かない劣悪な保育環境にいた子どもたちがひたすら可愛そうです
ほとんどの園は良心と愛情と保育理念をもって保育を運営してると信じていますが、やはり最後に全ての園の再度の調査を要望しました。

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事