森 ゆき子のブログ

なるべく解りやすい活動報告、日常をお伝えするように頑張ります!
10日の午前中は実際の工事現場を見学しました。市民に広く公開するように言い続けましたが、汚染対策等専門家会議の先生方も、座長(豊洲問題の座長、平田先生)を始め、みなさん、情報公開を進めておられ、姫路市としても透明性が重要ととらえて、見学バスを出して見学希望者を一般公募しました。70人くらい集まり、議会の経済委員会も参加しての、見学と、なりました。
午前中の中央市場移転先の土壌汚染対策工事見学に引き続き、実際に書類や図面を見ながらの対策専門家会議も傍聴しています
専門家会議の平田座長から、いつも指名頂き、最後にまとめ的な質問や感想を求められます
情報公開と、公開した情報の正確さと透明性の担保をと、梅木議員が心配されていたこともまとめ、とくにエアースパージングやフェントン式の浄化は効果があるのかないのかも含め、市民にはわからない方式なので、ホームページでの結果公表を求めました
また、「食の安全を守る会」としては、最終的に処分するベンゼンなどの産業廃棄物こそ、信頼される形にして欲しいことや、今後も可能な限り、現地を見学できる対応をするなら、ホームページで周知をと要望しました。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

先日、素敵な時間を頂きました。なるみ堂さんの企画で、姫路市内で児童虐待防止のために活動されている皆さんとトークをする企画に出演させて頂きました。オレンジリボン運動で活動、通報ができない人への支援や、福祉の仕事を通じて、自力で生活出来ない人を支える活動、自分自身がアトピーで苦しんだ経験をいかし、こどもの食と医療を考えながらの支援活動など、色んな立場の皆さんとトークができて、勉強になりました。
男女共同参画の意識や人権意識など、姫路市が調査したことから見えるここ10年ほどの経緯をかいつまんで話をしながら、受け皿としての姫路市の支援や、ひきこもりやいじめなどの相談ができる施設や窓口を紹介。親もこどもも、働くひとも、しょうがい者も、「居場所」を作る大切さを感じました。
市民参画を進めるための条例があること、市にも責務や役割があるけれど、市民にもどんどん市政に参画して欲しいこと、出前講座を利用して市の制度や支援事業をもっと知って頂きたいこともお話ししました。
あっという間に一時間経ちました

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

なんとも言えない気持ちです。
今年4月に入ってから体調が芳しくないらしい、と知りました。すい臓癌にかかっておられ、手術もうけ、あとは治療・回復に専念。知事を辞任されるかも知れないと心配していたら、辺野古への米軍基地問題移転では、あらためて「基地建設のための公有水面埋め立て容認の撤回」を申し入れる強い姿勢を示されていました。7月27日に、満身創痍の命がけの撤回を示す公務だったのでしょうか。
胸が締め付けられます。
知事を辞任される報道の数時間後に、訃報が流れました
心からのご冥福をお祈り申し上げます。

この記事に

開く コメント(1)

今日は広島に原爆が投下された8月6日

核兵器は『非人道的』だと、国連の会議の中で改めて認識され、それは昨年7月7日に裁決された『核兵器禁止条約』にも明記され、それに賛同した122ヶ国により、条約は正式に採択されました。
三度(みたび)許すまじ、原爆を!!

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

原水爆禁止世界大会5日の特別集会は、非核平和のアジアにするために、日本はどんな役割を担うべきか、朝鮮半島の非核のためにどんな外交を進めるべきか。
アメリカのジョセフ・ガーソンさん、韓国からはパク・ソクミンさん、中国からチェン・ジェさん、川田忠明さん、四人のパネリストがそれぞれの立場で発言をされる集会に参加しました。
戦争の反省なくして、前には進めない! 日本もアメリカも中国も韓国も、そして北朝鮮も。戦争の史実、これまでの外交を省みて、謝るべきは謝り、約束は守る。当たり前のことをすれば、核兵器廃絶はもっと前進するし被爆者の皆さんの力・存在は大きいのだから、しっかり連帯しよう!と、およその意見がまとまりました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事