森 ゆき子のブログ

なるべく解りやすい活動報告、日常をお伝えするように頑張ります!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

アメリカ海兵隊員、飲酒運転でまたも沖縄県民が被害者に。命を落としました
「とても良き隣人とは言えない」
翁長知事、よくぞ仰って下さいました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

高齢者の事故などが問題視されていますが、それならば自治体は、しっかりと、住民の足、移動する権利を保障し、また移動できることにより、住み慣れた地域に住み続ける権利も保障するべきだと思います。
9月議会で私も取り上げた『公共交通の充実で住み続けられる政策』は、コミュニティバスなど、鉄道駅が近くにない場所から実施する自治体が増えています。先日の市川町の『買い物支援バス』に続き、丹南市でもサービスの試験運行が始まってます。昨日の議員研修会でも、公共交通が充実していてこそ、住み続けられるまちになる、と学びました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000010-kyt-l26

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

西播磨いったいの自治体を訪ね、社会保障政策について懇談する自治体キャラバン、毎年参加しています
先週、14日の地元、姫路市からスタートし、市川町、福崎町をまわりました。
あらかじめ国保、介護、福祉関連についてアンケートは送っています
自治体キャラバン、姫路市との懇談のあとは、市川町、福崎町と続きます
国保行政は『社会保障制度』という認識の違いの有無や介護保険、子育て、福祉など、どこに重点施策をおくのか。自治体をまわると色々と見えてきます
市川町では役場にバス停があります。
私が9月議会で取り上げた、鉄道駅や神姫バスのない地域に、コミュニティバスを走らせる交通施策を四年前から実施済み。『買い物難民』についても議会で触れましたが、市川町ではしっかり『買い物支援バス』を走らせてました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

朝7時に家を出て、大阪・なんばで、議員研修会に参加しています。自治体問題研究所の主催です。午前中は国家戦略特区・地方創生について。午後からは、子どもの貧困について。子どもの貧困は、子どもが貧困なのではなく、親や家庭が貧困であり、親や家庭が貧困なのは、社会と政治が貧困。雇用を破壊し、非正規雇用を当たり前にして、サービス残業を当たり前にしている政治が貧困を産み出しています

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

毎年、10月26日は、姫路市にて、太平洋戦全国空爆犠牲者追悼平和祈念式典が執り行われます。
内閣総理大臣を始め、兵庫県知事、全国から太平洋戦空爆犠牲者の遺族の皆さま、平和慰霊塔運営協議会関係者、平和遺族協会関連のみなさまなど
二度と戦争はしない、という誓いのシンボルは、剣を地中深く突き刺したモニュメントで、昭和31年、全国から募金を集め、当時の石見姫路市長が建立に力を尽くしたと伝え聞いています。
その子息である、現、岩見市長は、今年の長崎市で開催された平和首長会議総会で、この平和と不戦を誓った慰霊塔を紹介し、平和行政を発信しました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

全45ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事