ゆうの日記

日頃の思いや出来事を日記にしてつづります

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

自分の本当の声というのは日頃は聞いていない。自分で聞こえている声は脳に響いて聞こえているので本当の声ではないそうだ。本当の自分の声を聞くにはラジカセなどをとうして聞くことができる。実際の声というのは思った以上に違って聞こえると思う。声にもいろんな特徴があって、その人柄を感じることもある、特に声のトーンは人それぞれである。
僕は完全に声を失って15年以上も経った。気管切開により声を失うことは人と話せなくなるので、とても辛かったが生きるためには仕方なかった。今となっては自分の声は聞くことはできない。人と話ができない不自由さも加わって声の重要性を痛感している。それでも、こうして日記で自分の意思を残せることは声で伝える以上に重みがあると思う。

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事