Speiseeisheft

Morojeのドイツ語学習日記mitメモ。プロフは右メニューの"Hauptseite"をクリックしてください。

英語正誤問題 11〜20


(工事中)



Здравствуй!

 Морожеです。

4月ごろからTwitter(@Morojenium)のアンケート機能で正誤問題をいくつか出しています。第1問〜第10問に引き続き,第11問〜第20問もまとめることにしました。
まだ問題を見たことがない,という方は是非挑戦してみてください!(・∀・)

解答・解説は問題の後に続きます。先に問題を解いてから解答・解説を見ることをおすすめします。

※Twitterに上げたものとは表現を変えたものがあります(もともとTwitterの文字数制限に合わせてできるだけ英文を短くしたので、、、)。




問題:
(11)〜(20)のX, Yの文法的な正誤を判定せよ。

(11)
X: All of the components we ordered from the company arrived intact.
Y: I must remove the old battery and replace it with a new one.

(12)
X: In today's society, electricity has completely taken the place of steam.
Y: This problem has little, if any, to do with most of us.

(13)
X: I'll give this textbook to whomever wants it.
Y: The audience were excited at his nice performance.

(14)
X: He didn't talk much from his early childhood.
Y: Despite lots of trial and error, Eric gave up achieving the objective.

(15)
X: We couldn't help but give up the search for the missing boy because suddenly it began to rain heavily.
Y: I appreciate you offering the opportunity to work in Germany as a car mechanic.

(16)
X: They have strong alibis, so I don't think both of them are to blame.
Y: Please call me when you've arrived in Sweden.

(17)
X: Now I realized that I'd been just fool enough to love her.
Y: You can drink alcohol beverage in Japan if you are more than 20 years old.

(18)
X: Our memory is often likened as a chest of drawers.
Y: The match seems likely to be cancellded by rain.

(19)
X: Have you ever had your car break down on a highway?
Y: Unluckily, just yesterday it happened to me again!

(20)
X:  I will be very happy if you will come to my birthday party.
Y: If it were for a time-machine, what would you like to do with it?










解答・解説:
(11)正正 (12)正誤 (13)誤正 (14)誤誤 (15)誤正
(16)誤正 (17)正誤 (18)誤正 (19)正正 (20)正誤

※解説の各番号の横にあるパーセンテージは実際にTwitter上で行われたアンケートの正答率です。参考までにどうぞ。


(1) 68%
X: I heard they got married to each other.
get married to で「〜と結婚する」。each otherは「お互いに」という副詞ではなく、立派な代名詞なので前置詞が必要。

Y: Then she took something from under the desk.
from under 「下から」。前置詞を2回使った表現で,一見不自然であるが普通に使われる。前置詞が2回出てくる例として他に,across from 「〜の向かいにある」がある。
ex) The post office is across from the hospital.
これは,across the street from ... の省略形。


(11) 21%
X: All of the components we ordered from the company arrived intact.
「AをBに注文する」と日本語では言うが,つられて order A to B と言ってしまってはいけない。
arrivedの直後intact「無傷である」は文法用語では準補語と呼ばれるはたらきをしていて,形容詞や名詞がまるで副詞のようなふるまいをしている時にこう呼ぶ。読解の時は「〜の状態で」という意味だと理解すると良い。
多少強引な解釈だが,beingの省略と考えてもOK。
ex) She came back safe and sound.
ex) The children went to bed hungry.

Y: I must remove the old battery and replace it with a new one.
replace A with B 「AをBと取り替える」で前置詞はwith。exchange/substitute/swap A for Bのような「交換のfor」と混同しないように。
replace自体はS replace A as B 「SがBとしてAに代わった」という使い方のほうが多め。
ex) Sugar replaced honey as a sweetner.
甘味料として砂糖がはちみつに取って代わった = 砂糖がはちみつに代わって(メジャーな)甘味料になった。


(12) 37%
X: In today's society, electricity has completely taken the place of steam.
(10)のXと(11)のYを意識して出題take the place of 「〜の座を取って代わる」 は,少し難し目の単語だが,supplant, supersedeなども同じような意味を持つ単語として覚えておくべき。
supersedeのスペルに注意!

Y: This problem has little, if any, to do with most of us.
準否定語句 + if any, if anything, if everの挿入、という強調の表現。
この表現の意味するところは,言葉通りに考えれば,「たとえあったとしてもほとんどない」ということであり,多くの参考書に実際そのような訳語が書いてあるが,要するにこれは単に「ほとんどない」「めったにない」ということが言いたいだけである。あまり深く捉えないこと。

この表現で注意すべきなのは,手前の準否定語句と形が一致するようにifの部分を挿入すること。
準否定でなく完全な否定で考えれば This problem has nothing to do ... となるから,ここでは if anything が適切である。
ex) There are few, if any, mistakes in his composition.
ex) I seldom, if ever, go to the movies.
なお,準否定語なしで出てくるif any「もしあれば」やif anything「むしろ」という表現にも注意。
ex) Correct errors, if any(= if there are any errors).
ex) "Do you think she's fat?" ―"Oh, no. If anything, she's skinny."


(13) 45%
X: I'll give this textbook to whomever wants it.
toの後だからwhomever,ではない。whoever, whomeverのどちらを使うかは,関係詞が主語の役割をしているか,目的語の役割をしているかで決める。
この文では主語 wants itという形であるからwhoeverが適切。

Y: The audience were excited at his nice performance.
audienceは場合により単数でも複数でも扱う。この文のように,試合を見ている「人々」という感覚が強い時は複数名詞として扱うことが多い。
The audience was large ... のように「大きさ」に言及するときは全体を指していうので,この場合は必ず単数。


(14) 20%
X: He didn't talk much from his early childhood.
don't talk much で「あまりしゃべらない」なので要するに「無口」「寡黙」ということ。すこし難目の単語だが,同義のreticent, taciturnは覚えるべし。
from 時 は普通に使われる表現。(メモ: sinceとの違いを後で書き加える)

Y: Despite lots of trial and error, Eric gave up achieving the goal
trial and errorは不可算名詞なので,lots of とついていてもtrials and errorsにする必要はない。
類義表現のdespite (all) efforts to 「する努力もむなしく」はまるごと覚えると得。
give up 動名詞 という表現は「いままで続けてきたことを諦める」という意味(動名詞には過去のニュアンスが含まれるというのは有名な話!)。「目標を達成し続けてきてそのことを諦める」というのは明らかに奇妙なので,次のような表現を使う。
ex) Eric gave up the goal.
ex) Eric gave up on achieving the goal.
ex) Eric gave up the idea of achieving the goal.


(15) 22%
X: We couldn't help but give up the search for the missing boy because suddenly it began to rain heavily.
can't help but doという形は次の2つの表現が混じったもの。
1. can't help doing 「〜せざるを得ない」
ここで,helpは「避ける(=avoid)」の意味。
2. can't but do 「〜する以外にない=(〜せざるを得ない)」
ここで,butは「〜以外」の意味。(ただしこの表現は現代英語では廃れている」

can't help but doという表現は,原因が「意識的でなく,心理的にせざるを得なかった」という場合にのみ使える。(ただし,can't help doingについてはその限りではない)
ex) We couldn't help but laugh at him. (「つい」笑ってしまった)
ex) I can't help but wait. (「つい」待たずにはいられない)

この文では「突然豪雨に見舞われたので」という表現を使っているため,「つい」捜索を打ち切ってしまった,ということは考えられない。代わりに We had to give up や We had no choice but to give up と言えばよい。

Y: I appreciate you offering the opportunity to work in Germany as a car mechanic.
appreciateは基本的に人を目的語に取れない(※実際はそうでもないようだ)が,このyouは後ろの動名詞 offering... の主語で,すなわち本来yourとなるべきところが変化しているだけである。
同じような振る舞いをする動詞にsuggestなどがある(→(6)の解説参照のこと)。


(16) 16%
X: They have strong alibis, so I don't think both of them are to blame.
Y: Please call me when you've arrived in Sweden.

(17) 35%
X: Now I realized that I'd been just fool enough to love her.
Y: You can drink alcohol beverage in Japan if you are more than 20 years old.

(18) 32%
X: Our memory is often likened as a chest of drawers.
Y: The match seems likely to be cancellded by rain.

(19) 7%
X: Have you ever had your car break down on a highway?
Y: Unluckily, just yesterday it happened to me again!

(20) 15%
X:  I will be very happy if you will come to my birthday party.
Y: If it were for a time-machine, what would you like to do with it?








いかがだったでしょうか。

問題を解き,解答を見て,解説を読んでふむふむと感じて頂き、(僕もまだまだ英語学習者は初心者ですが)みなさまの英語学習の助けになれば幸いです。

この記事について,質問・反論・批判・個人攻撃・食事のお誘いなどあればTwitterアカウント(@Morojenium)にお寄せください。
それでは,またの機会まで。Tschuess! (00 )-3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

英語正誤問題 1〜10

Здравствуй!

 Морожеです。

1ヶ月くらい前から,特にこれといった理由もなくTwitter(@Morojenium)のアンケート機能で正誤問題をいくつか出し始めたのですが,これが結構好評で,おかげさまでフォロワーさんもかなり増えました。
また,数名の方から要望を頂いたので,いままで作った正誤問題を記事にまとめることになりました。
まだ問題を見たことがない,という方は是非挑戦してみてください!(・∀・)

解答・解説は問題の後に続きます。先に問題を解いてから解答・解説を見ることをおすすめします。

※Twitterに上げたものとは表現を変えたものがあります(もともとTwitterの文字数制限に合わせてできるだけ英文を短くしたので、、、)。



問題:
(1)〜(10)のX, Yの文法的な正誤を判定せよ。

(1)
X: I heard they got married each other.
Y: Then she took something from under the desk.

(2)
X: That doesn't sound all that bad.
Y: I'm at a loss as of what to do next.

(3)
X: The treaty between the three countries comes into effect as of June.
Y: Earthquakes are almost unheard of in Europe.

(4)
X: Deciduous trees are planted on either sides of the street.
Y: I don't like the manner how she speaks.

(5)
X: Five-minute walk from Higobashi Station will bring you to the building.
Y: I guess he's impossible to get along with.

(6)
X: I suggested him that he take a short break.
Y: As you already know, the Dnieper River is longer than any other river in Japan.

(7)
X: On my way to home, I bumped into an old friend of mine.
Y: He admitted to have broken the window by design.

(8)
X: The process by which humans acquire language remains unclear.
Y: I make it a point to eat dry fruits every morning.

(9)
X: Penguins lost their ability of flying eons ago.
Y: This fact is no less true to countries than to individuals.

(10)
X: The G7 summit was taken place on May 26-27, 2016 at Ise-Shima.
Y: Ag is most stable at the state of Ag+, so Ag2O is better.










解答・解説:
(1)誤正 (2)正誤 (3)正正 (4)誤誤 (5)誤正
(6)誤誤 (7)誤誤 (8)正誤 (9)誤誤 (10)誤正

※解説の各番号の横にあるパーセンテージは実際にTwitter上で行われたアンケートの正答率です。参考までにどうぞ。


(1) 68%
X: I heard they got married to each other.
get married to で「〜と結婚する」。each otherは「お互いに」という副詞ではなく、立派な代名詞なので前置詞が必要。

Y: Then she took something from under the desk.
from under 「下から」。前置詞を2回使った表現で,一見不自然であるが普通に使われる。前置詞が2回出てくる例として他に,across from 「〜の向かいにある」がある。
ex) The post office is across from the hospital.
これは,across the street from ... の省略形。


(2) 45%
X: That doesn't sound all that bad.
ここでのthatは副詞「そんなに」として用いられており,badを修飾している。
not all that で 「それほど〜でない」というカジュアルな表現になる。
ex) It's not all that complicated. 別にそんなに複雑なことでもないよ。
ちなみに,thisにも副詞「こんなに」がある。this, thatともに副詞として用いられるのは口語体。

Y: I'm at a loss as of to what to do next.
at a loss 「途方に暮れる,困る」。後ろには for, (as to/about) what が来る。
ex) I was at a loss for words. なんと言っていいのか分からず困惑していた。
as ofは日付を表す(後述)。


(3) 18%
X: The treaty between the three countries comes into effect as of June.
treaty 「条約(=pact)」は少し難しめの単語だがニュース・新聞で超頻出なので知っておくべき。
come into effect 「効力を発する」。状態を表すなら be in effect または be effective 「効力がある」。
cause and effect 「原因と結果」,to that effect 「そういう趣旨で」など,effectは意味が広いので注意。
as ofは後ろに時刻(日付)をとり,「〜時点(現在)で」か「〜以降に(時間の起点)」のどちらかの意味になる。
betweenの後ろに3つ以上のものが来ることは普通にある
ex) There's a difference between them.
主に個々の関係を表すのがbetweenで,漠然と集合的に捉えるのがamong今回は3つの国それぞれの相互の関係を表しているからbetweenがイメージに当てはまる。ただし,別にこれがamongであっても間違いではない。

Y: Earthquakes are almost unheard of in Europe.
hear of 「〜について聞く」を受動態にして,un-をつけたものが be unheard of 「話題にならない,聞かれない」。
このofは,speaking of, know of, think of などにも見られる, ofをaboutとして使う古い用法である。(ドイツ語のvonやフランス語のdeを知っている方はそれも参考に)
群動詞の受動態は前置詞を残す,というのは有名なルール。
ex) The children were taken care of by the babysitter. ← take care of
ちなみに、unheard-ofという合成語があり,形容詞で「前代未聞の」,名詞で「前代未聞のこと」という意味。


(4) 21%
X: Deciduous trees are planted on either sides of the street.
deciduous tree 「落葉樹」。de(下に)+cid(落ちる)なのでわかりやすい。decideと語源的に関連している。
eitherは,特定の名詞(side, endなど)とペアになるとbothと同じ意味になる,その時もペアになる名詞は単数形のまま。

Y: I don't like the manner how she speaks.
まず,関係副詞howは*the way howという形では(現代英語では)用いられず,どちらか片方だけ残して the way か, how のみにするはっきりとした理由は分からないが,おそらく,the wayとhowの意味がかぶるため。 
そして,関係副詞として扱われる the way は「方法」を表す他の単語を用いて, the manner, the fashionとなることもある。その場合も勿論 the manner how といった表現は許されない。
(完全に余談だけどGoogle検索でthe way howで調べると一番上に「方法を表す単語はwayしかないので〜」とか書いてあるサイトが出てくるのひどい)


(5) 20%
X:  A five-minute walk from Higobashi Station will bring you to the building.
名詞主語の文。walkは可算名詞なので,不定冠詞として a が必要。five-minuteは形容詞。次のような例とは区別すること。
ex) Five minutes' walk from Higobashi Station will bring you to the building.
five minutesが所有格となってすでに限定詞としてはたらいているため,ここにaが付く余地はない。

Y: I guess he's impossible to get along with.
impossibleは人を主語にしない,とはよく言われる。
ex) I'm impossible unable to go for today's party.
しかしながら,実はYは正しい文である。
to不定詞には,直前の形容詞を修飾する用法が存在する。(この現象は現代英語の英文法ではtough movementと呼ばれている)
ex) This hurdle is easy to get over. / He is hard to please.
ex) The tea is too hot to drink. (☆)
to不定詞内の意味上の目的語は主語と同一である。すなわち,1つ目の例はこう書き換えられる。
ex') It's easy to get over this hurdle.
ただし,主語は this hurdle から to不定詞 になるため,ニュアンスは異なる
Yでは,例において使われている形容詞(hard, easy, hot)の代わりにimpossibleが来ていると考えるとよい。
「彼と上手くやっていくのは無理だと思う」

☆じつはこの例(too + toの構文)ではto不定詞に目的語が代名詞として現れる(すなわち, The tea is too hot to drink it.) ことがあります。試験で書いたらバツだとは思いますが,結構見かけるので一応。


(6) 23%
X: I suggested to him that he take a short break.
explain と同様,suggestは人を目的語に取らない。よって,*suggest him that, suggest him to doといった表現は許されない。ただし,suggest him doing の形は可能(このhimは後ろの動名詞にかかるものでもともとの形はhis
だから)
suggest「提案する」に続くthat節内では動詞は「原形」か「should 原形」の形にする。これは仮定法の名残。

Y: As you already know, the Dnieper River is longer than any other river in Japan.
同じような文を見たことがあるからといって喜んで正を選ぶ人が多い。
ex) Mt.Fuji is higher than any other mountain in Japan.
これは,日本にある(富士山以外の)他のどんな山」とくらべても富士山が高いことを示している。
Yに戻ろう。any other river in Japan とあるが、日本にあるドニエプル川以外の川」という表現は,そもそも日本にドニエプル川がないので不自然である。


(7) 33%
X: On my way to home, I bumped into an old friend of mine.
on my way to ... 「〜に行く途中で」は有名なイディオムだが,「家に帰る途中」と表現する際にhomeを使うときは注意を払わなければならない。homeは「家へ/に」と副詞としてはたらくから,このときtoは不要
bump into / run into(across) / come across 「(偶然)出会う」は頻出。人でなくても使える。
ex) When I come across unfamiliar words in a book written in German, ...

Y: He admitted to have having broken the window by design.
盲点になりがちだが,admitは目的語に動名詞をとる
by design 「故意に(=on purpose, intentionally, deliberately)」。designはカタカナ語として日本語に入ってきているので見落とされがちだが,原義の「服・絵などの図案」から「計画・目的」へと意味が拡大した。


(8) 26%
X: The process by which humans acquire language remains unclear.
languageは不可算名詞にもなる。 
「(ある地域の)言語」を言う時は可算名詞。
ex) the French language, a foreign language
「言葉遣い」や「(意思疎通のシステムとしての)言語」という時は不可算名詞。
ex) bad language 「汚い言葉」

Y: I make it a point to eat dry dried fruits every morning.
make it a point to 「(習慣や自分の中でのルールとして)〜することにしている(=make it a rule to)」。
dry fruitsは和製英語で,正しくはdried fruits。少し硬いが,dessicated fruitsという言い方もある。


(9) 19%
X: Penguins lost their ability of flying to fly eons ago.
「the ability of 動名詞」の形は一般にとらない。ただの推測だが,be able toを名詞化したものだからと解釈すると筋が通る。
eons ago 「大昔に」。eon(aeonともつづる)は「悠久の時間」の意味。古典ギリシャ語αιων「生涯」から来ている。(アクセント記号がないのは勘弁) 

Y: This fact is no less true to of countries than to of individuals.
「この事実は個人単位だけでなく国家単位でみても当てはまる」
true to 「忠実である」。日本語の「忠実だ」は「忠誠心がある」「ぴったりそのままである」の2つの意味があるが,英語のtrue toもその2つの意味で使える。true to myself 「自分に忠実である」true to the original 「オリジナルに忠実である」
ex) But staying true to that story is worth the effort. (オバマ大統領の広島のスピーチより)
「その理想(原文を参照)に忠実であることは努力する価値のあることだ」
ここではtrue toではなくtrue of 「〜について当てはまる/正しい」であるべき。このofは(3)のYで扱ったof と同じで「〜について」を表す。


(10) 42%
X: The G7 summit was taken place took place[was held] on May 26-27, 2016 at Ise-Shima.
take place「開催される」は出来事を主語にとる。hold「開催する」との混同に注意。

Y: Ag is most stable at the state of Ag+, so Ag2O is better.
最上級には必ずtheがつく,と覚えているならそれは大間違い
そもそも,「最上級にtheがつく」,という言い方自体おかしく,正確には名詞にtheがついていてその名詞が省略されただけである。
ex) As you already know, the Volga River is the longest in Europe.
ドイツ語の学習経験があるなら納得しやすいのだが,このtheは,本来 the longest river(one) となるところが, 名詞の部分が消えてしまいtheが残ったものである。
ここでmost stableはAgの補語としてはたらいているだけで,後ろにある何らかの名詞を修飾しているというわけでもない。したがってtheはここではなくても構わない。
次の文は有名。
ex) The lake is deepest at this point.
また,次の文はhappiestはfeelの補語であり,当然theをつける余地はない(が、近年では主に口語でこのような補語の最上級や,like bestのような副詞の最上級でもtheをつける傾向がある)
ex) You will feel happiest when you achieve a dream you've had.








いかがだったでしょうか。
そういえば英語の解説を詳しく,しかもこれだけ多くの量(6700文字くらいあります)を書くのは初めてなのですが,かなり時間がかかるものですね。考えながら文章を綴っているとタイピング速度なんて全く関係なく時間は無慈悲に過ぎていくものですね。(この記事を書くのに2時間以上かかってます。つらい。)

問題を解き,解答を見て,解説を読んでふむふむと感じて頂き、(僕もまだまだ英語学習者は初心者ですが)みなさまの英語学習の助けになれば幸いです。

この記事について,質問・反論・批判・個人攻撃・食事のお誘いなどあればTwitterアカウント(@Morojenium)にお寄せください。
それでは,またの機会まで。Tschuess! (00 )-3


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

英検1級2次 受験体験記

おはようございます。Morojeです。

先日の1次試験についてですが、英作24点で結果87点で合格してしまいました。
正直割と落ちる予定だったからかなりびっくりしている。
後から聞く話によると、問題用紙の注意を守っていれば20点はもらえるそうです。
、、、それ英作の意味あるのか?

まぁ何はともあれ、1次を通過してしまったので、
昨日(12/2 So.)、英検1級の2次試験を受けに行ってきました。1次の時と同様、その日あったことを書いていこうと思います。

言い訳。1次の時は時間配分のため何分で何を終わらせたのかメモをしていたので正確な体験記を書くことができましたが、2次は「問題は手元に残らない・焦っていて体験記のために思考を働かせる暇なんてない(というよりあるはずない)」のでかなり記憶が曖昧です。一応、面接室に入るまでは正確な時刻を記録してあります。
雰囲気だけ楽しんでください。
それと、結論から言うとたぶん落ちてます。(自信があったら落ちた時のショックが半端ないからこう書いて自己暗示を掛けておく)



試験会場の最寄り駅に到着。
コンビニでいろはす温州みかんを買う。1次の時も書いたけど、2次は特に本当に落ち着かないから何らかの水分補給と糖分補給の手段を用意するべき
試験会場は地下鉄四つ橋線肥後橋駅(Google Mapで表示)からちょっと歩いたところ、大阪YMCA。実は開催地が2年前の準1級2次の時と同じで道順を覚えていた。ちなみに、運命かなぜか知らないけれど、2013年から毎年この周辺に来ている(要件は毎回違う)。写真は2年前のもの。

イメージ 3



本当に何気ない景色でも記憶には残っているらしい。2年前はまったく同じ道を歩いていたんだなぁ…。
当時のことを思い出して少し目が眩んだ。(-80分)

イメージ 1


試験会場に到着。(-70分)
控室に入る。どうやらすでに結構な数の受験者が到着しているらしく、教室がすでに1室満室になっており、新しい部屋で待たされた。面接の順番は来た順番に左右されている、すなわち遅めに来れば遅めに受けられるようなので、余裕を持てて逆に良かった。
面接カードを記入する。準1級の時とは違い2枚あったが、試験官2人で切り取って使うのだろう。
控室で自分が作った「主な議題とその賛成/反対意見」の紙を眺めていた。頭を切り替えるために、脳内で時計を見ながらスピーチをしていた。
正直、気持ちが全く落ち着かず、とりあえずいろはすを飲みまくっていた。そういえば、控室で飲食が可能かどうかは開催地によって違うっぽいので、控室にいるスタッフに聞くべき。


教室の外に出てトイレに行く。部屋を出ると同時に外国人・日本人が拷問部屋……いや、面接室に移動していくのが見えた。(-45分)


ふと周りを見渡す。大学生ぐらいの人が後ろの席の方に、右斜め後ろあたりに小学生らしき男の子が座っていた。周りが自分と同年代ばかりだったらと思案していたけど大丈夫だった。実際は20代〜40代くらいであろう人が多かった。(-40分)


控室の右の列の人たちが面接室の前まで誘導されていく。もうそろそろ僕達も行くことになるのだろう。頭のなかで音楽(カラフルトイズ・ワンダーランド)を流していた。せっかく来たんだから外国人と会話を楽しもう、とポジティブ思考に無理やり持って行こうとした。(-30分)


「この列の方々は面接室へ行く用意をしてください。」との指示。順番に誘導され、面接室の前に椅子が3つあって並ばされる。廊下に鳴り響くタイマーの音。会話は殆ど聞こえなかったけれど、"Now you have 2 minutes..."だけはかすかに聞き取れた。時計を見ながら深呼吸を繰り返す。(-20分)


面接室から受験者が1人出てくる。隣りに座っていた女性が面接室に入る。次は僕だ。
意識し始めてから心臓の鼓動がすごく大きく聞こえた。駄目だ、まったく落ち着かない。
緊張を興奮に変えるために頭のなかでジオメトリック∮ティーパーティーを流していた。(-10分)


ドアが開いて先ほどの女性が絶望した顔で出てくる。
数分後、ドアが開いて室内に案内される。(0分)
手前に机2つ。空間を挟んでネイティヴの面接官と日本人の面接官。…と左側に謎のおばあちゃん(タイマーを持っていたから時間を計っていたのだと思う)


以下、M=Moroje, N=Native Examiner, J=Japanese Examiner。

N, J "Hello."
M "Hello."
N "Please have a seat."
M "Thank you."

N "Now, please introduce yourself a little."
M  "I'm a student in 〜. I study hard to enter 〜."
N "Good. What do you want to study there?"
M "I'm going to study about intelligence.... artificial intelligence."
J "So you're much interested in programming, right?"
M "Yes, and also in linguistics Hm, I want to make a perfect translator in the future."
N "That's a wonderful dream!"

N "Let's start the interview test. Please turn over the green sheet, then there's five topics on that card. Now you have 1 minute to choose one topic and prepare for your speech."

カードを開く。うわ何だこれ難しいぞ……。
なんとかなりそうなTopicは2番の"Can Japan's agricultural business survive in the future?"くらい。瞬時にこれを選ぶ。理由はどうしよう…高齢化によって農業に携わる人が少なくなってきていることと、あと輸入によって食料自給率が少なくなっているから、でいいか。よしよし、意外と理由が出やすくてよかった。少しだけ安心する。

N "You have 2 minutes for your speech. Let's begin."

M "In my opinion, Japan's agricultural business will NOT survive in the future. I have two reasons to explain it.
Firstly, we live in an aging society. The elderly people now account... for a large portion of the entire people who... engaged in agrigultural business in Japan. In order to solve the problem, more younger people should have a larger part in agriculture, ...I think."

高齢化社会に関してのトピックは対策済みだったので頑張って時間を稼ぐ。もっと理由を言いたかったけどこのペースだと時間が溶けそうだったので2つめの理由に行く。

M "Secondly. the pact about international trade is a 〜〜.(ここらへん全く覚えてない) The Japan's self-sufficiency rate is low. Eh, hm, we should we have to regard our, Japan's local, agricultural produce... as more important."

内容が貧弱すぎていうことがなくなる。焦る。そうだ、1つめの理由を補充し直そう。

M "To conquer the agricultural issue in Japan, educational efforts should be made more. ......School teachers and teachers have to encourage younger students to engage in agriculture. I suppose we can make agricultural revived."

これぐらいで2分かなぁ?と思う。ネイティヴの試験官の方に目を合わせる。えっ、えっ、まだ終わらないの…。首を傾げる。どうやら10秒ほど早かったらしい。変な雰囲気でスピーチが終わる。
ちなみに、文章量が少なく見えますが、ゆっくり話したり考えながら話してるからです。もっとたくさん内容入れたかったですね…。

N "OK, Mr. Moroje. You said younger generations are less interested in agriculture. Why does this happen?"
M "Because, among many students... many young people have more interested in other fields of biology than agriculture.(何言ったか忘れた)"
今思えば農業は昔はもっと生活に密接していた、とかもっと言えたよな…

J "Is... .... agriculture .... and you said ... . Do you think that ... makes ....?"
M "...What? Sorry but could you repeat it again?
面接官の訛りが強くて聞き取れない。うわ、最悪だ。お前マジで面接官かよ。
J "Ok, if you ... agricultural business ... profit?"
僕、めちゃくちゃ焦る。質問の意図がわからん。農業は儲かる仕事か、って勝手に解釈。
M "Yes, I think.(とりあえず同意しとくか…) By doing more agricultural business, Japan's economy will ... (何を言っていたか本気で覚えてない)"

N "You said in the speech that trade pacts are ... with the problem. What do you think we should do about that?"
さすがネイティヴ、とても聞き取りやすい。安心する。
M "Such pacts make... prevent Japan's socal agricultural business from developping. In some ways, ...those laws are good, but we should take economical measures... to impose high taxes on exports.. exported produce. ...I think it's an important issue."

J "Should big companies also get involved(?) in Japan's agricultural business?"
あ、今度は意味がわかった。
M "Yes, of course. ....Hmm, you know..., big companies have advanced technology, such as genetic... genetically modified crop. Big companies should use many ways in order to encourage many people... to buy their local and traditional food."
うわ、こいつまたencourage使ったぞ。もっと他の言い方あるだろ。

N "OK. Your time is up. Please turn over the topic card. You may go now."
M "Thanks for interviewing me."
N,J "You're welcome."

M "Have a nice day. Good-bye."
N "You too!"


あ、勘の良い人は気づいてるかもしれませんが、質問が1つ足りません。
記憶が試験直後に吹っ飛んで残りの1つがどうしても思い出せないのです。申し訳ありません。

僕、絶望すぎて逆に諦めた顔で廊下に出る。
準1級の時と違って清々しい感じの諦めの辛さがある。
うん、落ちたな。





試験会場をあとにする。
約2年前に写真を撮った場所まで来る。
そうだ、ここだ。
鞄を開けてボム兵を取り出す。

イメージ 2


僕はここに来たんだ。
2年前の僕、こんにちは。
僕の英語力は少しだけ進歩したぞ。






完。




あああああ。追記。落ちてました。

あと4点………アアアアアアア…・…
イメージ 4

人生つらい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

英検1級1次 受験体験記

おはようございます。Morojeです。
先週の日曜日(1/24)、英検(本会場)が開催されましたね。一部地域では交通機関がブロックされて受けられなくなった人がいるようですが。

僕が試験中に考えていたこととかを大学への数学の入試体験記っぽく書こうと思います。受けたりする人は何かの参考にしてあげてください。



会場最寄のJR尼崎駅に到着。(-85分)

コンビニで水分補給のためにいろはすを買う。僕は当日家にあった砂糖を持って行きましたが、受験時は何らかの糖分補給の方法を用意しておくべきです。
目的地へ向かうため受験票の地図を開こうとしたら、辞書に挟んでいた受験票を家に辞書ごと置いてきたのに気づく。一瞬本気で慌てる。
ネットで調べて、受験票がなくても普通に受けられるとわかって一安心。
生年月日や名前などの情報からあとからデータを照合するらしい。(-80分)

目的地に向かう。駅から出ている高架をそのまま歩いて辿るだけでいいのか、、、。
ベンチでボム兵を撮影。(-70分)

試験会場の大学に到着する。人通りはあまりなかった。
受付には早めに着いたつもりが意外と受験者がたくあんいて混みあっていた。
受付の係の人に頼んで仮受験票を発行してもらい、無事試験会場の部屋に到着。周りが30代〜50代くらいの人ぱかりで年齢差に驚く。この時点で会場を見回して自分と同年代くらいと思われる人が斜め右前の女子高校生(?)くらいしか見当たらなかった。(-50分)

iPhoneにイヤホンを挿して時間配分の方法や単語を確認したり、リスニングの過去問を聞いたりして頭を英語モードに切り替える。
この時点では緊張というより諦めの方が強かったので精神的には楽だった。今思えばこのくらいのテンションが割と良い結果につながったのかも。(-45分)

試験管の人から携帯の電源を切り机上に置けとの指示。リスニング音量確認用の音声が流れる。
初めて見る実物の問題冊子が配付される。モノクロ印刷で"1"の文字が威圧感があってビビる。(-20分)

トイレに行く。最後の精神的な猶予時間。
このタイミングでここに来たことを後悔し始める。(-15分)

色々と思考が錯乱し始める。確かなぜかAcid Pumperのボルテ創作譜面を考えて手を動かしていた気がする。(-10分)

問題用紙を開く。13:30(0分)

最初の数秒で(1)〜(5)で正答に丸をつける。
(4)のdisheveledは知らなかったが他が簡単なので消去法。(5)の文でクスッと笑いがこみ上げる。(6)〜(8)でわからない単語が増えて来て、(8)は2以外知らなかったので語感だけでbotchedを選ぶ。ちなみにこの選択は合っていた。

(10)で止まる。2と3は速攻削除、1と4で迷う。(11)、(19)も2つに絞って勘で当てる。(19)のslurは見覚えがあった気がしないこともない。
句動詞を前置詞部分の感覚を利用して無理やり勘で選ぶ。ただ(24)のdispense with、お前はどう考えても2級レベルだろ。
ささっと25問を終えて時計を見ると8分しか経っておらずびっくり。今回は見た瞬間答えが出る問題が多かった気がする。(8分)

英作文の[4]にささっと映る。化石燃料の将来について。内容が書きやすくてホッとした…。
availabilityを限りある資源、environmental impactを温暖化ガスの排出、international relationsを輸出国への依存とわかりやすく置き換えて、下書きなしで一気に書き始める。(10分)

ところどころ表現につまったりして鉛筆が止まる。焦りつつ稚拙な文章が完成。(34分)

見直さずにすぐにページをめくって[2]に戻る。1文目はかつてヨーロッパで論争となった地動説・天動説の話。科学系で読みやすいなと思いながらさっと処理。(39分)
2文目は商品のマスコットキャラが人間の考え方にどんな影響を及ぼすかという経済学(心理学?)の話。(31)でかなり戸惑う。かなり悩んで4を選択。(46分)

[3]-1を開く。アメリカの刑務所に入っている人の数の変化についての話。残り時間約55分最後の文のために20分は確保したいな、と35分で2文を読み切ることを決意。(33)でけっこう悩む。3段落目で一つ前の段落と全く違うこと言ってるじゃん、何考えてんのこいつと思いながら1を選択。全体通して割と読みやすいと感じた。(60分)

[3]-2を開く。うわ、イギリスの歴史系の話かよ〜、、、と一瞬怖気付いたが、読んでみると遺伝の話で割と読みやすかった。(35)の3と4どちらを選ぶかだけでかなりの時間を費やす。ほとんど意味同じだろこれどっちだよ、、、となる。
(36)、(37)をサクサクと解いて、30秒間気合いを入れ直すため瞑想。(75分)

[3]-3を開く。問題を見て仰天。
過去問をpdf形式でしか見たことなかったので、見開き1ページででかでかと書かれているのだとは知らなかった…
落ち着いてなんとか読み始める。アメリカの憲法で今と昔の対比か…。
(38)の3と4でどちらが正しいのかの根拠が見当たらず2段落目を4回くらい読み直す(これだけでかなり時間を食った)
3段落目にようやく移る。昔の憲法に合わせてうまく解釈するか、昔の憲法通りに動くか、2つの主義がある、という対比の話だとここにきて理解。and for the appointed ... the nation's founderの意味がよくわからず3段落目も何回か読み直して(3)を選択。この時点でようやく半分と時計を見て焦る。(90分)
ただここからは文意も取りやすかった。文章のtriumphと選択肢のdefeatなどの言い換えなどもわかりやすいので、ささっと自信を持って選ぶ。(97分)

残り3分でできることもないなーと思いつつ、作文を少しだけ見なおして、リスニングの[4]の選択肢を読んだあたりでタイムオーバー。(100分)

ここから2分間休憩(?)を挟んでリスニングパートに入りましたが、正直言って記憶がほぼないです。たぶん集中力が切れて中途半端に聞きながら早く解放されたい早く解放されたいとか思ってたと思う
強いて言うなら4番の訛りが強すぎて本気で断片的にしか聞き取れなかった。それくらいしか覚えてない。

マークシートの回収作業が終了し、周りの人が帰り始めてから自分一人席を立った。
今年一番の溜息を吐いた。
リスニングが全然聞き取れなかった自分を心の中でdenounceしていた。
(比喩表現でもなんでもなく)泣きそうになった。

試験会場の大学を出る。時刻は15:57分。
周りの風景はここに来た時より少しだけ暗みを帯びていた。

尼崎はすごい街だなぁ。
道路の上に高架があって、高架の上が様々な建物や装飾で賑わっている。
街の上に街がある。
まるで雲の上を歩いているような不思議な感覚だ。
人生ってなんて素敵なんだろう。

イメージ 1

よく覚えていないがたぶん駅までずっと無表情で歩いていたと思う。
それほど疲れ果ててリスニングに集中できなかったのが辛かった。

すべてのことを忘れて人生きっかり3度目のJ尼ラウワンの音ゲーフロアに向かった。弐寺の皿とボルテの赤つまみが壊れていた。ポップンはM?SECAに場所を奪われて消滅していた。
あまり話したことなかったフォロワーや、音ゲーマーのリア友とばったり会う。色々話をしたり音ゲーをやったりした。楽しかった。
帰りの電車で友人と喋った。徒歩で何も考えずに家に向かった。

帰宅して2chの英検スレを開いて集まっている情報から仮自己採点をする。
リスニングの正解率が半分なことに気づく。あはは。面白い。(*´艸`*)



こんな風に絶望だらけの日だったけれど、次の日発表された公式解答で改めて自己採点をした時にすこしだけラッキーな事が発覚した。リスニングで採点ミスをしていた。
…Part 2をなぜか2点問題と勘違いしていて点数を2倍引いていました。てへぺろ。

得点内訳は
筆記 20-5-16-x、リスニング 7-7-6-2
まとめると
筆記 41+x/79
リスニング 22/34
合計63+x/113
です。英作文20点ください
来週の火曜日に合格点発表が行われますが、とりあえずそれまでは希望を失わずにいようと思います。僕と同じような点数の方も最後まで諦めないでいきましょう!


ここまで読んでいただきありがとうございました!


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ボルテ譜面の簡略化(?)

なんと2日ぶりに記事書きます。いいペースだ。

以前TwitterにアップしたSDVXの譜面簡略化(というかこつみたいなもの)をK-Shoot Editorのキャプチャ画像を使いつつ説明しようと思います。


●大宇宙ステージGRV
 
イメージ 1





赤直角が真ん中から出ているので認識を間違えやすくなってしまう。
赤つまみを回し続け、鍵盤は常に左手で取る意識で。
(直角は来た瞬間にその方向に回していればつながるのでこれでOK)













●Absurd GaffGRVEverlasting MessageEXH

イメージ 2



あとから押してもエラーは出ないので、
ノーツを勝手に足すと押しやすくなる。
エバラスは微妙か…











●GanymedeINF

イメージ 3


※左手の片手処理のほうが精度取れる人向け。
僕は左手のほうが動く速度が遅いのでEARLYはまりせずに済みます。
SOFT Touch ROKUROさんが右手で片手処理するためにクロス多用してるのと同じで、その左手版みたいな。
Lロング+ABは押しにくいのでRロングCDに合わせる。(FXの始点の判定はゆるい)
終点の判定も長く押しがちなので画像通りの長さのイメージでOK。

CBCのCをまず右手で取り右手を少し跳ねさせてその勢いで右手で青つまみを取りに行く。BCは左手で処理。そのままラス殺しは左手で処理する。

画像のこの部分の後に赤つまみが来るが、鍵盤は左手のままで、赤つまみを右手で取る。






今日の更新はこんなところで。前の記事が張り切りすぎて分量が少なく見えるのは気のせい。
駿台模試ウェブ版で何故か結果が見れないんだけど。助けて。


この記事に

開く コメント(0)

過去の日記見てるとなんか面白いですね。昔の僕なんで英検2級受かってないのに準1級の教本買ってんだ…。 
なぜか某サイトに影響されて更新間隔バラバラなドイツ語日記までやってるのが少し黒歴史か。
Twitterは140文字までしか投稿できないからまとまった一連のアイデアを書き記すには少し不適当だけど、こっちならいくらでも書ける。文字の装飾まで使える。TeX使えないけどね。

ということで英検1級についていろいろ書こうと思います。何が「ということで」なのかよくわからないけどね。
色や下線や太字の使い方の練習も兼ねてます。読みやすくなっていたらいいな。

今年の2月4日に例の自由の女神の本を買いました。英検1級の語彙問題の教本「英検1級 語彙・イディオム問題500」のことです。

イメージ 1
この本は、過去の英検の語彙400問を大まかに科学・日常・政治・経済・イディオムの5タイプに分けて掲載しています。左ページ側が問題、右側が答えと選択肢の単語の解説、というスタンス。最後の方には実際の語彙問題の形式に即した25問セットが4つ(つまり100問)あって腕試しに使えます。過去問が全部で500問あるので不正解の選択肢までちゃんと覚えれば2000語頭に入ることになります。実際には何度も出てくる単語もあるけど…
巻末には500問の選択肢に登場した単語のリストがずらずらと並んでいます。(単語ごとに下に和訳が付いているのがめちゃくちゃ邪魔だけど)

2000語と書きましたが、問題文中の英単語にも普通に難しい物が混じっていることもあるし、そもそも和訳だけの単語カード形式で単語を覚えようとしてもまともに頭に入ってこないので、必然的に類義語やフレーズを覚えることになり、2000語を上回る量の語彙を身につけられます。
僕は単語リストの狭い余白に英英辞書で調べたこととフレーズや例文や発音をひたすらメモしまくっています。細かい字でびっしりと埋め尽くされているのではたから見たらかなり気持ち悪いけんだけどね。

今日は6月28日、買ってからそろそろ5ヶ月が経とうとしていますが、全単語の暗記がまだ終わってません。経済のところがあと30問ほど、あと25問セットのが1つ残ってます(ただし、これはわざと最後に残してる)。
かなりのんびりやってますが、学校の鞄の中にこれと英英辞典を忍ばせて電車の中で読んだりして、定期的に復習を心掛けてるので、覚えた単語はちゃんと自分の物として習得できています。まぁちょっと怪しいが。

でも、実はこういう単語帳をやってもまだまだ語彙が足りない、というか全然足りないのが現実でして…。
いくら英検1級の大問1(語彙問題)の合格者平均がそんなに高くない(16-18くらい)からといって、リスニング力が高くない僕にとってはやっぱり20より上を安定させたい。

そういうわけで、(昔からやってるけど)英字新聞やNHK Worldの長文中の未知の単語をメモして覚えるようにしている。英単語を単語帳で覚えることは確かに有意義なことではあるけれど、長文中で覚えた単語は、単語と文章の全体の文脈が具体的に結びつくので、より印象が強く、頭に残りやすい。だいぶ前に見た記事だけれど、misconduct や panel と言われればSTAP細胞、aftermath や tumult と言われれば原発事故が頭に浮かぶ。文脈に単語の意味を依存させて暗記すれば、その記憶は確固たるものになる。

英字新聞は無料で読める、The Japan Times をたまに読んでいる。
実は中2の頃から地味にやっていた。英字新聞とはいっても、確かに文のひとつひとつが格調高く書かれてはいるものの、他の英字新聞と比べれば、極端にレベルが高いわけではないので、オススメ。
英検1級には英字新聞型の長文問題があるので、その対策にもいいかもしれない。

NHK World はNHKのニュースサイト。日本語以外に、アラビア語、韓国語、ロシア語、タイ語、ウルドゥー語などの言語で利用できる(ドイツ語がないのが悩み)。
その中の英語版が英語学習者にとって非常に便利。
先程述べた The Japan Times と比べれば記事の分量が短く、格調高さは少し抑えられているので、概要を簡単に知ることができる。多読に非常に便利。意味がつかみにくい文や、未知のフレーズが入っているところだけメモをとっておくとあとから復習としても有能。僕はTwitterでそのメモを取ってます。

さらに、NHK World の良い所は、ニュースを朗読したものを録音したmp3を公開してくれているところ(毎日2回更新、長さは9分か14分でその日のニュースの分量で変わる)。音声はそんなに速くないものの、まとまった長さの難し目の文章を聞き取って内容を理解するための訓練としてとても良いサービス。

PC版ウェブサイトなら、右上の Radio&Podcast → Listenのボタン で聞ける。Listenのボタンを押したところのダイアログのフレームをURLに指定し、ブラウザ側のアプリケーションショートカット作成機能を使ってデスクトップに置いておくと便利。(Chromeなら右上の設定ボタンから その他のツール → アプリケーションの… をクリックで作れる)
スマートフォンなら、NHK World のアプリ(Radio Japanがロゴに入っている方)を入れて、上の Clip → Englishまで右にスワイプ → Newsをタップ で。その上のNHK WORLD English Newsを押せば記事の内容、すなわちスクリプトが見れる。ちなみにNHK World のアプリには生放送のTVのものもあって、のんびり眺めたり、作業中にBGMとして流すのに非常に便利。僕はあんまり使ってないけどな!

これらのサイトが英検受験者の頼りとなれば幸いです。←書いてたら40分ぐらい経っててとりあえず終わらせようとするもののよくわからない締めくくりをする人(日本語力の圧倒的な欠如を感じる)

…明日もなんか記事書くか。(※多分書きません)
それにしても僕日本語不自由すぎる

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

結構早かったですね〜。

11/8 iPhoneをiTunes経由でパソコンにバックアップ、Appleのウェブサイトから配送修理を依頼。
11/8 iPhone初期化、さよなら僕のiPhone。
11/9  午後7時頃、ヤマト運輸の人が家まで来てくれる。ここでiPhoneが専用の箱みたいなものに入って運ばれていく。ばいばーい。
11/11 めっちゃ朝早く目が覚める(6時)。パソコンから修理状況をウェブサイトで確認すると、手順が1〜3あるうちの1と2が終わっていた。手順3で「製品交換確認中」の文字。どういう意味だ、、、?
11/11 19時頃再度パソコンから状況を確認。「交換製品出荷済み」の文字。無償交換きたか!?
11/11 ヤマト運輸の例の数字が表示されている。ヤマト運輸の方のページを見ると「ADSC支店」の文字。Appleとヤマト運輸の間で引き渡しの契約が結ばれたときにこの名前になるっぽい。
11/11 21時頃再度確認。「作業店通過:羽田クロノゲートベース」の文字。あ、羽田ってことは東京…東京から車で8時間はかかるからいま設定すれば明日の午前中には届くのでは?と期待を寄せ時間帯変更。
11/12 8時位に起床してだらだらといろいろやっていたら10時頃に届く。中から出てきたのは新品のiPhone5s。やったぜ!ケーブルをパソコンに接続しバックアップを復元。(このときiOSのアップデートとバックアップで1時間はかかったつらい)

新しく来たiPhoneの電池持ちは最強でした。10分Twitter使っても1%しか減らない。よかったよかった。
ちなみに僕の修理に出した方のiPhoneのバッテリーがおかしかった原因は充電の仕方に原因があったそうです。僕が見つけてきた下のページを参照のこと。(バッテリー節約設定もいっぱい載ってるのでiPHoneユーザーはこの機会に出来る限り設定せておくといいですね)


この記事の要約+公式サイトにも書いてあることをまとめると、
・基本的に満タンやすっからかんにしてはいけない。20%〜80%で抑える
・ただし1ヶ月に1回位は満タン→すっからかん→満タンをするとさらに持ちが良くなる
・バッテリーを熱にさらさない。場合によってはケースを外す
ということになります。僕は100%まで充電とか余裕でやってました、、、注意ですね。

この記事に

開く コメント(0)

このブログ何日ぶりに書いただろう。1年間ブログを書かないということはなかったけど。
wiki/HTMLモードが追加されましたね。嬉しいです。
このブログの簡易入力モード、突然文字のサイズが1ptになったりするのが悩み。

書くこともないのですが色々と書こうと思う。文字を太字にしたり色をつけたりできるのはTwitterではできないことだからね。こうやって白文字で言葉を隠すこともできるのも利点の一つ。

最近iPhoneのバッテリーがおかしい。3月の初め頃に買って、10ヶ月近くは使ってることになるんだけど、明らかにおかしい。100%の状態で5分ほどTwitterを使うだけで100%から93%になったりする。多分使用時間が1時間持つかどうか、というレベル。
本当に電池がすぐに減っていくので、設定を超省エネなものにして、ネットに接続しない時は機内モードにしている。それでもみるみるバッテリーは減っていく。iPhoneを使うなとでも?
電池の減りも相当おかしいのだけど、電池残量の表示もおかしい。60%から突如1%になって電源が落ちたと思えば、3分ほど放置して電源ボタンを長押しすると普通についたりする(その10秒後電源が落ちることもあるけど)1%の状態で1時間もちこたえたこともある。

この現象を回避するには充電器をつければいい。充電器をつけていれば突然電源が落ちることはない。ただ、充電は家でしかできない。となるとケーブルを繋いで充電できる予備のバッテリーを持ち歩くことになるが、普段からポータブルな掛け鞄を身につけている自分にはちょっと邪魔だ。
ちなみに充電器をつけるといっても、電源が落ちた状態でつけても起動できるようになるまで1時間以上かかる。正常なバッテリーなら5%になれば起動できるようになるのだが、電池残量の認識がまともにできなくなっているため、実際は64%くらいまで充電できていたとしても認識が0%のままだったりするので、運良く認識がうまくいくまで待つしかないのだ。つらい。

正直僕にとってこれは非常につらい。つらい。僕じゃなくても辛い。そもそもネットに接続しない時は常に機内モードなので電話をかけられても反応することができない。じゃあ機内モードにするなよ、と言われそうだが、そもそも4G接続だと何もせずに放置しても15分で3%は減っていく。外出先ではTwitterもLINEもまともに見れないし、家でも常に充電器を付ける必要がある。

頭おかしいレベルでバッテリーが異常なので、意を決してAppleCareを利用してバッテリーを交換してもらうことにした。ただ、バッテリーを交換するにはiPhoneのデータをまずパソコンにiTunes経由でバックアップし、iPhoneを初期化する必要があるが、iTunesがiPhoneを認識するはためにはiPhoneが起動していなければならない。そして僕のiPhoneはいま電池残量表示が0%で、すでに1時間は待っている。もう意味分かんないよこれ。

この記事に

開く コメント(0)

iPhoneを買いました。受験終わったご褒美です。auショップで3時間ほど待ちました。ちょっと人多スギィ!
ざっと7万円しました。これにより外出先でもリア友と連絡をとれるようになりました。
あと、音ゲーのリザルトを取れるようになりました。これは大きい。
使い始めてから2日目に暗証番号忘れていきなり初期化したのは秘密です。


早速音ゲーのリザルトを貼ってみる。
あとiPhoneって写真サイズなかなかでかいですね。2448×3264(3:4)。8で割って306×408にするのがおすすめ。
イメージ 2
あるかなさんとやってたら偶然付きました。びっくりした。


イメージ 1
36回目でクリア。最後は6%でした。絶対スクスカ穴のノマゲよりむずいって。
ちなみに☆12ではスクスカ、氷長石、白壁穴、宇宙戦争を易してます。
サンパラとかレザクラあたりは一生無理そうです。

ちなみに氷長石(Adularia)なんですが、こんな感じの三角板状の鉱物です。
読み方に一瞬迷いますが、氷+長石なので、こおり(ひょう)ちょうせきってよみます。
Adularia の読み方は「エイジュレイリア」みたいです(%{dZ@"lE@ri@)
ちなみに、Adulariaの語源は、かの有名な英英辞典サイト dictionary.com によると、
1790–1800;  < Italian  < French adulaire,  named after Adula  amountain group in Switzerland
だそうです。また、月長石などのこういった正長石がもつ性質を
Adularescence(%{dZ@l@"rEs@ns)というみたいです。かっこいい。







この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事