杉並区の内科・小児科 『諸岡クリニック』

じっくり話を聞ける、そんな診療を目指します。

全体表示

[ リスト ]

◆◆ホームページに入るには、上(オレンジ色)のタイトルから入り、次に
http://morooka-clinic.com をクリックしてください◆◆                                                                               

■院長よりごあいさつ

 平成18年年7月に、内科・小児科のクリニックを開設し、地域の医療に関わることと致しました。
 これまで、東邦大学第一小児科の教授として、長年にわたって小児医療に携わってきました。平成18年3月に東邦大学を定年退職し、同年7月に諸岡クリニックを開設した次第です。
 現在は、当クリニックの他に、埼玉県熊谷市にある特別養護老人ホームにて高齢者医療にも関わっています。
 こうした経験を生かして、子供から高齢者まで幅広い診療をしていきます。

 私は千葉大学医学部を卒業し、同大学院にて小児科を専攻しました。特に、小児神経学、中でも発達障害を専門としていました。
 大学病院では次のような症例を診てきました。
【 脳の症状………頭痛、熱性けいれん、てんかん
 言葉の遅れ……言語発達遅滞、知的発達の遅れ
 行動の異常……自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害(ADHD)
 認知機能………学習障害
 運動機能………チック、運動発達の遅れ、脳性麻痺
 自律神経………起立性調節障害  】

 このように、私の専門分野は、「脳の症状」、「言葉の遅れ」、「行動の異常」、「認知機能」、「運動機能」、「自律神経」など、脳に関わる病気です(不登校、拒食症、うつなど、心の病いは専門としておりません)。

 また、この他にも、「発熱への対応」(解熱薬の使い方)、「少食(体重増加不良)の原因と対処法」、「気管支喘息の早期診断と対応」などについても関わってきました。

 私の勤めていた大学病院(東邦大学大森病院)がある大田区の保健所での乳幼児健診の基準作りや、発達クリニックの診察にも携わってきました。
 退職後も引き続いて、毎週金曜日の午前中は、大田区教育委員会(「就学相談」、「ペアレントトレーニング」)や大田区こども育成部(「保育園児の発達相談」)に非常勤ならびに嘱託として関わっております。

 また、週に2日(火曜、木曜)は、特別養護老人ホームや障害児施設(熊谷市・太陽の園)、厚生連 熊谷総合病院、土屋小児病院(久喜市)でも診療しています。

 木曜の午前中は、内科医である次男が担当いたします(内科のみの診療となります)。内科全般を診療しますが、特に、糖尿病や、脳神経領域(頭痛、もの忘れ外来、パーキンソン病など)を得意分野としています。

 これからも、子どもからお年寄りまで幅広く診る、地域に根ざした診療をおこなっていきます。


諸岡クリニック
http://morooka-clinic.com

この記事に


.


みんなの更新記事