ここから本文です
Morris Minor '67 dialy
実用車としてVintageCarを購入してしまいました。さて、どうなることやら、、、、

書庫全体表示

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨夜は宿でCCRを見に来ていた方と一緒になり、お酒とよもやま話が進みました。
今日の午前中のメインは親不知海岸でのヒスイ拾いとなります。
イメージ 1
幅は300m位の小さな海岸です。ここで本当にヒスイが、、、、、
といった感じですが、波打ち際に行くと
イメージ 2
小石がいっぱいで少し、期待も高まります。波が来る度に表層の小石が入れ替わりますので、常に新しい小石が表に見えて来るような感じです。朝の8時、すでに二人程ヒスイ拾いの方がおりました。当方は海岸の端から端へとゆっくりと3往復、3時間位かけてめぼしい石を拾っておりました。ヒスイは比重が高く、ずっしりと重いという事ですので、まずは軽い石はその場ではじきます。持っていると乾いて来るので、濡れている時は綺麗でも乾くと?という石も多いのではじきました。
今日も暑いです。
親不知海岸でも食事は出来るのですが、宿の主人の情報にて能生の道の駅まで約30分のドライブにてお昼はカニの天ぷら定食!
午後の1時に糸魚川に戻り、148号線で白馬、松本を目指します。
宿で合った方の情報で148号線が信号もなく、気持ちよくドライブが出来るとの事。
確かに、交通量も少なく気持ちよくドライブ出来ました。白馬まではちょっとトンネルも多いのですが、流れも良く少しずつ涼しくなっていき車も喜んでいるようでした。
イメージ 3
白馬まで約1時間、コンビニにて小休止!
ここから白馬村を通り、青木湖、木崎湖を横に見ながら気持ちよい道が続きます。この辺は本当に信号も少なく地元では考えられない快適さです。
木崎湖を過ぎて信濃大町に入ってくると、信号も多くなって来ます。この感じで松本まで行ければ、最高なのですが、、、、、
松本の手前、安曇野から雨も降って来ました。
松本インターより長野道に入ったのが15時30分、少し車もだるそうでしたので
岡谷インター手前のみどり湖Pにて約20分の休憩に入ります。
イメージ 4
みどり湖Pから中央道にて甲府の境川Pまで約1時間ちょっと。
甲府も暑い!車も暑さでちょっとだるいようです。
ここまで戻ると、戻って来たな〜という感じになります。
それにしてもMinor号は快調ですし、運転していて疲れません。
約50年以上前の車がこんなに快適で良いのかな〜。
なんて考えてしまいます。イベントに皆さんの話を聞くと、結構大変そうな話も聞いております。Minor号は普通に乗れて、疲れない車という事を再確認!
みどり湖Pから一気に自宅まで戻ります。
この当たりから高速のスピードも上がり、みなさん飛ばしております。
今までは約90キロ走行で来ておりましたが、ここからは約100キロ走行での運転になります。笹子トンネルを抜けると少し涼しくなりました。気持ちの良い高速走行となります。
イメージ 5
1時に糸魚川を出て、148号にて松本へ、そこから高速を使い、自宅に着いたのが6時40分!
糸魚川って結構近い!と思えてしまいます。去年の名古屋に続いてのロングドライブになりましたが、この感じで走れるならばもっともっと遠いところにも足を伸ばそうかと思います。思っていたよりも快適で疲れの無いドライブとなりました。
勿論、来年も糸魚川には行きたいですが、来年はもう少し遠いところのイベントにも顔を出したいと思います。

9月4日(日)関東は雨のようですが、新潟は朝から暑いです。
上越にて前泊、朝より糸魚川に向かいますがガソリンを補給しようとガソリンスタンドを探しますが、見つかりません。高速途中にサービスエリアが有りましたのでそこでの補給。
朝から道路も空いておりあっという間に糸魚川に到着、ここからフォッサマグマミュージアムに向かいます。会場までは道路の誘導看板に従い、簡単にこれました。
8時過ぎに会場に入りましたが、すでに車も見学人達もいっぱいです。
イメージ 1
隣はフォードのアングリア、色合いが良いですね。
朝から暑い!とにかく暑い!
始まる前にバテそうです。
9時50分よりは申し込んでおいたシーサイドレビューにて約50キロのドライブ!
糸魚川のヒスイ海岸より能生に向かって8号線を走ります。
やっぱりドライブは気持ちが良い!前のヒーレーマークⅡの小さなお尻を追いかけます。
イメージ 2
糸魚川の道路は空いていてドライブには快適です。
この暑さ、後のアングリアはキツそうでした。
Minor号は暑さに強いのでもちろん何とも有りません。
とにかく気持ちが良い!
途中、チェックポイントにてヒスイレディーとジャンケンにて買って糸魚川のブランド米を貰いました。
戻りは能生より高速を使用!
約一時間のドライブにて会場に戻ります。
イメージ 3
今回のヒット!カッコ良かったです。
会場に戻ると暑さと人ごみにて、ギブアップ!
フォッサマグマミュージアムにて博物館探索と休憩に入ります。
イメージ 4
ミュージアムにてパンフレットを見ていると当方のMinor号がピックアップにて紹介されておりました。minor号が紹介されるなんて珍しい事です。初エントリーかな?
午後より約100台の地元商店街パレードにてまたまた会場も盛り上がります。
この暑さで10数台がパレードに参加されておりませんでしたが、パレード中にも3台程がオーバーヒートにて止まってしまったようです。
新潟の気温は35度!これは旧車には厳しいですね。
3時より閉会式が始まりますが、名古屋グループなど遠方から自走で来ている方達が2時過ぎにはポツポツと抜けて行きました。
パンフレットに載る位だからもしかすると!と思いながら閉会式会場に行っておりましたが、やはりMinor号は表彰されず!
地味な車なのですが、本当はとても優秀なminor号!このような車こそ本当は評価されるべきだと思うのですが、、、、、どうしても見栄えの良い車にいってしまいます。
閉会式の終りともにすぐに当方も会場を後にします。出やすい位置でしたので混雑もなく一般道へ、これから本日のもう一つのイベント?に向かいます。
イメージ 5
ガソリンスタンドで仕入れた情報にて姫川河川に来ました。
今回のもう一つのイベントとはヒスイ拾いになります。
山から川へ、そして海へヒスイは流れて行きます。良い物は海ではなく川だよ!とガソリンスタンドの人が言うので何もわからず川へ!
拾っている人がいると思いきや、誰も居ません。
何もわからないまま、ミュージアムで見て来たヒスイの記憶を頼りに何個か拾ってみました。
雷が出て来たので約1時間のヒスイ拾いにて今夜の宿、親不知の民宿に向かいます。


イベントに行くと皆さん口を揃えて糸魚川のクラシックカーレビューは良いよ!と言いますので今年はエントリーをし、3日間掛けて長野、新潟に行って来ました。
関東は天気も下り坂でしたが、新潟は天気予報では猛暑のようです。
イメージ 1
朝の6時に家を出て7時前には圏央道狭山インターにて小休憩。
鶴ヶ島ジャンクションにて約30分の渋滞の後、8時30分には上信越自動車道の甘楽パーキングにて小休憩。ここから気温も涼しくなり快適なドライブが進みます。
ずっと高速も詰らないので上田の先の坂城インターより一般道18号線にて千曲川沿いを走ります。
イメージ 2長野に近付くにつれ猛暑がやって来ます。長野の手前に入ると信号が上手く繋がらず、すぐに停められてしまいちょっとイライラ運転が続きます。
我慢しながら須坂に外れて本日の第一目的の小布施のJAZZ喫茶BUDへ11時20分に到着!
イメージ 3BUDにて先日当店のMINIアンプを購入頂きましたので、音の確認とSOGAPHONEというスピーカーにて蓄音機を鳴らしているのでこちらも単能して来ました。当日は夜に同士達にてイベントを開催するという事にて朝から仲間が集まっておりSOGAPHONEの製作者曽我氏も来店しておりました。
BUDでは皆と話も弾み、2時までおりました。
イメージ 4
お昼は地元でも有名なお蕎麦屋さんへ!
お昼に行っても入れないという事でしたので閉店20分前の2時10分に到着!
並ぶ事なく入店出来ました。
3色そばという3種類の蕎麦を堪能し、18号にて上越に向かいます。
長野を過ぎると18号線、殆ど車の通りが有りません。信号も少ないので気持ちよく流れます。みな高速道路を利用するようで18号はガラガラでした。
イメージ 5

途中、野沢湖で小休憩したのち上越の割烹旅館へ予定通りの17時に到着!
美味しい京風割烹料理を堪能し、のんびりと過ごしました。
Minor号も順調で初日を終わります。
明日は今回のメインイベント、日本海クラシックカーレビュウー参加にて糸魚川に向かいます。

先日の日曜日は”横須賀くりはま花の国ヒストリックカーデイ”に参加しておりました。
前回は午前中の雨、午後から晴れの天気、今回は朝から晴れで暑い位の天気で日焼けもしました。秋はコスモス、春はポピーとお花畑横でのヒストリックカーイベントになります。久しぶりの合う車に人達、楽しい時間を過ごせました。
これから梅雨、夏とヒストリックカーには辛い季節になりますが、今年も何とか乗り切りたいと思います。
イメージ 1

昨日は関東工大クラシックカーフェスティバルに参加して来ました。
天気も良く、日中の日向ぼっこにて顔がまだ火照っていますが、普段部屋内にて
外に出ませんので、こんな時に思いっきり太陽の日を浴びたいと考えております。
今年初のクラシックカーイベントになりましたが、少しずつ顔見知りも増えて来て
このような会にて合えるのが楽しくなって来ました。
当日は隣がデロリアンとオースチンセブンという目立つ車に挟まれて、地味なマイナーがさらに目立たなくなってしまいましたが、個人的には十分に良い勝負をしていると思っております。
招待倶楽部のメンバー達は屋根付きの建物内にて、それ以外は外にて太陽と砂ぼこりをかぶりながらの展示でしたが、それなりに楽しめました。
8日は富士山オールドカーフェスタに参加予定しております。
イメージ 1

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事