全体表示

[ リスト ]

昨日(17日)にあったイベントで
行った二つ目のイベントがこちら
 
田辺市秋津川町、田辺市内から龍神温泉方面へ行く主要道路沿いの
「紀州備長炭記念公園」
道の駅としても登録されている場所なので
車で出掛けた方は目にすることが多い施設です
その公園の春まつりとしてイベントがありました
こちらも地元の特産品など地元の方で販売されていました。
 
イメージ 1
 
それでこちらのイベントのメイン?は
お昼12時より紀州名物の茶がゆが無料で配られました。
 
イメージ 2
 
大昔、年貢(お米)の取り立てが厳しかったことから
農家の方が納めた後の少ないお米でお腹が一杯になるようにと
おかゆ(茶がゆ)が作られたと聞いたことがあります。
 
イメージ 3
 
自家製のお漬け物も振舞われました
出来たてアツアツ、もちろん備長炭を使って作られました。
 
イメージ 4
 
僕も早速頂きます〜
お茶はあまり濃くなく、程よい風味で和歌山県人にとって茶がゆは親しみのあるものです
今は健康&ヘルシーブームで茶がゆも沢山食べられるようになりました
僕も小さな頃から随分食べたなぁ〜(笑)
 
イメージ 5
 
すぐ道の駅建物の下では今では高級料理にかかせない
紀州備長炭の窯では備長炭が焼かれている最中です
写真は窯の上で煙がモクモク、炭焼きの独特の香りが周辺にしてます
 
イメージ 6
 
左の木は炭になる原木、ウバメガシの木になります
その他道の駅には備長炭の出来るまでの過程を紹介している
資料館もあります、イベントはこの日だけですが
道の駅として気軽に立ち寄れます。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

茶粥はおいしい和歌山県人のヘルシ-食ですね。他府県にはない食べ物だと思います。

2013/3/18(月) 午後 4:51 [ あず ]

茶粥が和歌山のローカルフードと知った時は驚きでした、全国に発信出来るポテンシャルは秘めてそうですけどね(笑)

2013/3/18(月) 午後 5:28 [ 南紀の民 ]

顔アイコン

あずさん
ありがとうございます。
昔から県内では茶がゆを食べていましたね
お茶を変えてみたり色々バリエーションがあるようですね。

2013/3/18(月) 午後 6:01 moru08

顔アイコン

南紀の民さん
ありがとうございます。
茶がゆもサツマイモを入れたり地域によって
工夫されていて面白いですよ。

2013/3/18(月) 午後 6:15 moru08


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事