全体表示

[ リスト ]

田辺市稲成町にある
岩屋観音とその周辺にある新西国三十三番霊場めぐり
タイトルの穴場とは私が勝手に付けたもので
最初は岩屋観音さまだけ行って紹介しようと思っていたんですが
後の新西国三十三番めぐりは行ってみてびっくり
久しぶりに個人的に感動したので
私のブログ最後のトリの記事にしようと思ってたくらいで
実際に行ったのが実は今年1月中旬(笑)
その頃からブログに何かありそうな気がしていて・・・

それはさておき、あまり季節違いで
これから暑くなると、もし行かれる方は
大変かとも思いましたので
今紹介しま〜す、しかもちょっと想定外のアクシデントも
それに元々霊場めぐりとかの趣味も全く無かった私

ちょっと前置きが長くなってすみません〜

さて場所は、高速紀伊田辺インターから下りて
白浜方面ですが、バイパス真っ直ぐ行かず最初の下り口へ
下ってすぐ交差点を左、山のほうへ(北へ)県道を2kmくらい
ゼンリン(ヤフー)さんの地図で★印の交差点近くが
次の写真、入口近くです。

イメージ 1

奥の交差点手前に車で上がれる駐車場入口(矢印のところ)があります
私は少し手前の徒歩で上がる階段の近くに駐車して階段を利用
写真の階段から駐車場までも100mくらいで行けます。

イメージ 2

こちらはその先ほどの入口から上がってきた駐車場で
方向転換も考えて2〜3台くらいのスペースです
車はここまで
その岩屋観音まではさらに徒歩で150mちょい

イメージ 3

写真はその道中で
階段は広くとってあって整備されています
この時はまだ千両が綺麗でした〜
白い線のようなところが、岩屋観音様の塀でもうすぐ
谷からの風が心地よく、5分くらいで観音様へ
程良い運動で?!ハアハアいいながら到着(笑)


イメージ 4

その観音様への手前に、新西国三十三番霊場めぐりの看板と
入口があって、今回はこちらがメインディッシュになりますが
後ほど
このすぐ近くにトイレが一か所で大小一か所のみですが、綺麗に地元の方が
されています(旧式です)、自販機はありません。


イメージ 5

そんな霊場の入口と反対の広い場所に
目立つように、岩の間に建てられた
岩屋観音本堂
近くの案内看板を見ると、田辺市内にある有名な高山寺の末寺でもあるとされ
熊野信仰につながる霊場として、また健康長寿の場所(お寺)としても
大昔から親しまれています、かなり簡単に要約しました(笑)

イメージ 7

こんな岩の間に建ててるとは、匠の技ですね〜

イメージ 8

それでは、お待たせしました ?
観音様のすぐ手前にある
新西国三十三番霊場めぐりの看板のある入口へ
そしてこちらが先ほどあった看板の写真です
ちょっと年代物で文字が消えかけて見にくいですが
現在地から左へすぐに1番那智山
から左下へぐるっと回って、消えかけた番号の2番紀三井寺
そこから斜め右へ3番が粉河寺・・・・
以下右方向へぐるっと一周する感じ

凄く一周するのは遠いなぁ〜と思っていたら
看板には一周所要時間は30分くらいということで
何気なく挑戦したのが実は見どころ満載で・・・

イメージ 6

この道中は自然の道ですが、はっきりとした道と
看板等ありますので迷うことはありません
いきなり倒木がありましたが、現在は撤去されているかも?
その倒木の下をくぐって道に沿って
ゆっくりと山の上へ目指す感じで、でも道は割となだらかです。

イメージ 9

その道中に、それぞれの寺の名前が彫られた
石仏がこんな感じで祀られています
こちらは3番の粉河寺です、ちなみに石には粉川寺と彫られてます

イメージ 10

こんな感じで行く道沿いに
番号順に石仏がところどころ色んな場所にあって
それを探しながら行くのも結構宝探しみたいで楽しかったですよ〜
まずそれが最初の感動で・・・
さて、いきなりクイズです
次の写真に小さな石仏が一つ写ってます
さてどこでしょう〜 ヒント横向きです

イメージ 11

正解は左手前の石の上にあります
こんな感じで横向きになってるのやら

イメージ 12

岩の間みたいなところにあるものも
この14番三井寺から急に岩場が多くなって
結果実は私は12番から回るところを逆回りしてしまったんですが・・・


イメージ 13

岩場の道の先には、何だか開けた場所が見えて
行ってみると・・・

イメージ 14

何と大きな岩で出来た山、この周辺の天然記念物
ひき岩群の岩の頂上に出ました〜

イメージ 15

当然見晴しも良くて、南側には最初説明しました
高速紀伊田辺インター方面、田辺市内が一望出来ます

イメージ 16

しかも巨大な岩の上にいるのが不思議な感じ
これが二つ目の感動、遠くにも同じ感じで岩山が見えます
こんな場所は初めてなので調子にのってもっと高い場所へ移動しようとしたら
途中で足が滑って、斜めにカメラ片手に手から転倒
平らな場所は安全なので、行かれる方はご注意を
私はそれから1か月くらい一定以上腕が痛くて上に上がらなくなって〜トホホ

そんな腕の痛さよりも、まだまだこの先感動がありまして
実はここまで約霊場めぐりの半分
また続きにて宜しくお願いしま〜す。

イメージ 17


イメージ 18

閉じる コメント(4)

ひき岩頂上に繋がってるのね。一度行ってみたいと思ってましたが、今の私の足ではこちらルートも行けないな。
後半、楽しみにしています(^^)

2019/3/25(月) 午後 0:41 [ CHIKA ] 返信する

顔アイコン

ここは、地元の小学生の遠足場所になっています。この辺の山は岩場が多いですね。 削除

2019/3/25(月) 午後 3:22 [ あず ] 返信する

顔アイコン

CHIKA様
ありがとうございます。
自然の山道なので、もう少し整備されていると歩きやすそうですが
景色は良かったですよ〜

2019/3/26(火) 午後 8:28 moru08 返信する

顔アイコン

あず様
ありがとうございます。
そうなんですか、ここは小学生なら楽しい場所になりそうですね
私も結構楽しかったですが(笑)

2019/3/26(火) 午後 8:30 moru08 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事