公園、遊び場ー!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

冬の新庄公園

一気に寒波が来て寒い、寒い県内各地で
こんな時期に公園の紹介も何なんですが・・・

こちらは県内でも最大級の広さの公園
田辺市新庄町の小高い山の上にある「新庄公園(しんじょうこうえん)」
お隣、白浜町との境目に近いので、観光ついでに立ち寄る家族連れの方も多いとか
ちなみにタイトルは冬に紹介してるだけで、何〜んもこだわりがありません
というかネタ不足という、非常に個人的な軽〜い事情です(笑)

しっかしそれでは新庄公園さんに大変失礼なので?
少しいつもの、うんちくを入れまして・・・
最初の写真の公園内の南側、野外音楽堂は4千人近く収容可能
体験博や全国植樹祭の式典会場としても使用された場所です
最近はあまり使用されていない様子
まぁ、この時期の屋外のイベントは寒いですが


イメージ 1

とにかく敷地は広いです
遊具は大型の施設が充実してます
大人が見ても、大きいのでお子様なら大満足なんじゃないでしょうか
しかも入園料も駐車場も無料なので、大人も大満足ですね(笑)
ただ駐車場は、休日はすぐに満車になりやすいです。

イメージ 2

この日は昼間の風も強くなかったので
まだ寒さは幾分マシでした・・・
なので小さなお子様は元気、大人は大変?

イメージ 3

そしてこちらの公園は遊具だけでなく
花や木々も多く
年中色んな花などが見れます、こちらは公園の東側の端で
奥に見える建物は、田辺市立美術館です

その美術館の前のコスモス畑では、おやおや何やら皆さんがワイワイ花を摘んでます
イベントだったのかは詳しく調べませんでしたが
この時期にまだ咲いていたようで・・・
色んな年代に親しまれている、広い新庄公園でした マル

イメージ 4

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

私事で恐縮ですが、先日7日に誕生日を迎えまして
白浜町のアドベンチャーワールドで、誕生日の日に1カ月前に有給取って
誕生日の本人のみですが、チケット窓口で運転免許証などの提示で
今年も入園が無料になる企画を利用しに行ったら「休園日」 トホホ
来週も13日〜15日まで休みがあるので行かれる方はご注意を
ちなみに、私のように休園日が誕生日に重なるときは
誕生日の前後1日だけ、営業日の日が該当になります

そんなこんなで、そのまま帰る私じゃないので
久しぶりにちょこっと2時間掛けて新宮市まで南下してきました(笑)

その道中国道42号線の那智勝浦町内だったかな、国道沿いの大きな看板に
「海賊公園」なるものを発見、もちろん私は初めてですが
今年8月に出来たばかりで、アクセスも那智勝浦道路の佐野インターから下りて
すぐ最初の交差点を山側に行く感じ(右折)して、すぐ近く

写真はその駐車場の案内看板で
奥に見える橋が、那智勝浦道路です。

イメージ 1

出来たばかりの公園と施設なのでとても綺麗で
案内看板を見ると、「海賊公園スクエア・ビストロJIN新宮店様の収益により
市民の憩いの場として」無料開放されているとのことで
この公園と高齢者介護施設、商業施設を一体化させて作ったのが
すずきこどもクリニックの院長鈴木幹啓氏になります

近年は子供たちが安心して遊べるところが少なくて
あっても住宅街から遠いとか、この場所は住宅地や学校からもそれ程遠くなく
実際に平日の夕方ですが、学校帰りの子供たちや高校生のカップルの姿なんかも・・・
写真はほんの一部です。

イメージ 2

それで今回、一般企業さん?の施設ということで
駐車場前の施設内の「MCボクシングジム」さんに写真の許可をもらいに中へ
そうしたら、東京出身トレーナーの鈴木さん(以下チラシ内に登場)が中も詳しく案内してもらえて
本格的な、ボクシングリングなども見せてもらい
写真のように上には本格的な照明も完備
私なんかは体が叩かれるほうのサンドバッグ状態になりつつありますが(笑)

夜は仕事帰りの方など、体を鍛えるだけでなく
精神力も!
気合の入ったパンチは仕事や人間関係、日頃の細かいストレスまでもぶっ飛ばしてしまいそうですね〜
実際にトレーナーの鈴木さんいわく「とても気持ちがいいですよ〜」とのこと
私も近くにこんな施設があればいつも通いそうです
(鈴木トレーナーありがとうございました)

イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5




開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

和歌山市の和歌山城のお城の南側にある
お城のすぐ近くにある動物園は当時としても珍しくて
大変人気があったそうですが
今も入園料が無料で、市民の憩いの広場として
県内北のほうに住んでる方の学校の遠足で一度はここへ来たことがある人も多いのでは(笑)

イメージ 1


今日の子供の日も多くの家族連れで賑わうことでしょうね
イベントも周辺と西の丸・砂の丸広場であります〜♪

イメージ 2


ここからは園内の動物の一部をどうぞ
余談、最近の私の記事は写真ばかり多くて、文が少ないですが・・・
それだけ忙しいということで(笑)

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


この日も多くの方が来ていました、この日はなぜか年配の方が多かったです
地元新聞でも100年ということを紹介されていたので、この動物園の昔話をしている方も・・・

イメージ 6


最後は動物園の主役でもある、クマのベニーちゃんです
お昼時でお昼寝中でしたが(笑)

イメージ 7


イメージ 8



開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

王子遊園地 (美浜町)

美浜町の煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)に面した
松林の中にある遊園地
実は遊園地という大きな名前が付いていますが
小さな場所です、どちらかといえば公園のようで・・・
ところで美浜町の浜沿いには
徳川頼宣が植えさせたとされる、松林が約4kmくらいにわたり続いていて
その周辺に公園は何カ所かありますが
この公園・・いや遊園地を紹介してるのは見かけないので(当社比?!)
今回、穴場?として紹介します

その美浜町の全体ということで、高い山の上(西山)から見た美浜町です
立派な浜、煙樹ヶ浜と松林が見えていますが
その王子遊園地浜から近く、大体の位置的に赤い矢印⇒くらいです。

イメージ 1

詳しくは、美浜町吉原地区にあり
国道42号線御坊方面から、松原通り交差点を美浜町方面へ
500mくらい最初の信号のある交差点を家の密集してるほうへ、反対には小学校
松原小学校が見えます、その家の密集してるところを真っ直ぐ
家が途切れて、松林へ出たすぐ正面がこの遊園地で
車も乗用車4台位止められます(周辺にも沢山止められますが)


イメージ 2

看板から見ても、随分昔からあったような感じですが
大体遊具は結構新しそうです
この日は平日で誰もいませんでしたが

イメージ 3


浜はすぐ隣なので、石段を越えると浜へもすぐ行けます(石段は低いです)

イメージ 4


こちらは西側、日の岬方向です
県道からも少し入っているので地元の子供たちが中心に休日に遊んでいるんでしょうね
トイレはこの場所にはありませんが、近くの若者広場にあります
ちょこっと穴場の遊園地でした〜


イメージ 5

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

白浜町にある、動物園と水族館と遊園地がセットになったような
レジャー施設「南紀白浜アドベンチャーワールド」
そこで、誕生日の日は本人のみですが入場が無料になる
バースディセレブレーション
そんな訳で7日が誕生日だった私は日曜日にアドベンチャーワールドへ(笑)
 
 
イメージ 1
 
アドベンチャーワールドといえば、今月12月2日に双子のジャイアントパンダの赤ちゃんが
誕生して、ますますパンダのアドベンチャーワールド&白浜町になりました
 
パンダの数は中国本土を除いて世界一
入場してすぐの建物から出て坂を下ると正面にはパンダラブという建物があって
一時敷地奥にあったパンダゾーンからこちらの建物に引っ越してきたのか
パンダが近くなりました(私はこの建物は初めてです)
 
 
イメージ 2
 
施設の中にも・・・
あれっ、パンダの赤ちゃんも生まれたのに何だか寂しそうな姿が
ちょっとお疲れモード?
こちらには「海浜・陽浜・優浜(かいひん・ようひん・ゆうひん)」の三頭が暮らしています。
 
イメージ 3
 
もちろん以前にあった奥のパンダ施設には
今回誕生したパンダのお母さん、ここアドベンチャーワールド生まれの(良浜らうひん)と
お父さん(永明えいめい)が暮らしていますが、お母さんは子育ての為にこの日は不在でした
その良浜のいる部屋にはこんな展示が・・・
パンダの1日のお食事(量)が展示されていました。
 
イメージ 4
 
そして奥が世界的にも稀な繁殖能力をもったお父さん
永明様が暮らしてます(中国生まれ)
男性の皆さんの憧れの的です????(バク)
 
 
イメージ 5
 
すっと後ろ姿だったので、こんな写真ですが
何だか風格がありますねぇ〜
 
イメージ 6
 
再び入場門に近い、パンダラブの施設へ行くと・・・
お食事を済ませたパンダがたれぱんだ状態に(笑)
折角なんで明日も今年生まれた動物を紹介したいと思いま〜す。
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事