全体表示

[ リスト ]

胎蔵界曼荼羅

イメージ 1

イメージ 2

画像1 胎蔵界曼荼羅
画像2 胎蔵界曼荼羅 配置図

胎蔵(界)曼荼羅は大日経を典拠とし解釈を広げ三句すなわち菩提心・大悲・方便を覚りの道標をとして図形化し慈悲の完成を顕すと言う、また空海の著作「十住心論」(空海注3参照)を視覚に訴えたものが胎蔵界曼荼羅と言える、但し経典とは尊数及び呼称に相違がある。
大日経は理論編と実践編に分かれており理論編から作られたと言う、胎蔵曼荼羅の正式名称は「大悲胎蔵生曼荼羅」と言い、真言密教では本来の略称は胎蔵生曼荼羅若しくは胎蔵曼荼羅と呼ばれている。
胎蔵曼荼羅の中心である大日如来の姿形としては他の如来と違い頭に宝冠をかぶり首には瓔珞(ようらく)・腕には臂釧・腕釧等を付け菩薩と同型をしている、大日如来の五智宝冠は胎蔵界曼荼羅の根幹と成る大日経二章の「入曼荼羅具縁真言品」すなわち具縁品に於いて記述され、髪髻(ほっけい)をもって冠と為しと記述があり初期の大日如来は附けていなかったとも言われる、また壇の東側に掲げられる事から東曼荼羅とも呼ばれる。 

胎蔵界曼荼羅には大日経を典経としていないと思惟される曼荼羅があり円珍請来の「胎蔵図像」「胎蔵旧図様」など多数ある。
曼荼羅は当初蓮華形や円形であったが中国に招来される過程に於いて現在の形態となる、源流は仏部(中台八葉院)・蓮華部・金剛手部の三部で構成されていたとも言われ密教の興隆により、仏部が釈迦如来から大日如来に変更されたとされる、従って周囲に従う菩薩は顕教からの金剛手菩薩、観音菩薩、弥勒菩薩、普賢菩薩、文殊菩薩である、これに地蔵院の地蔵菩薩と除蓋障院の除蓋障菩薩を加えて密教の八大菩薩が構成される。

胎蔵曼荼羅は409尊・十二の院により構成されており以下のようになるが中台八葉院を中心に縦のラインで智慧を表現し横のラインに於いて慈悲を現しているとされる。  

1,中台八葉院―深紅に塗られた八葉の蓮弁の中心に描かれる主尊は法界定印を結ぶ大日如来(ほっかいじょういん)とその役割を分担する下記の4如来。
・菩提心起こさせ宝物で作られた幢(旗)印を持つ宝幢如来(与願印よがん)
・菩提の華を開き汚れなき開敷華王如来(施無畏印せむい)
・慈悲の光が無限の慈悲を示す無量寿如来(禅定印)
・法音を響かせて導く天鼓雷音如来(降魔印ごうま)の五如来及びその補佐役として普賢・文殊・観自在・弥勒の4菩薩を配し、9尊で胎蔵界曼荼羅の中核をしめる、真実の覚りの姿を示す。

2,遍智院(佛心院)煩悩の闇を照らし、一切如来智印を中心に向かって右に大安楽・大勇猛・左に佛眼佛母・准胝佛母の4菩薩と小さくゾロアスター教から釈尊に帰依した優桜頻迦葉と伽耶迦葉と一印を配し智慧を作り出すパワーの象徴を表現する、合計7尊。

3, 釈迦院―釈迦如来を中心に右に観自在・左に虚空蔵の二菩薩と釈迦の実在したと言われる十大弟子の内、迦葉(かしょう)・舎利弗(しゃりほつ)・須菩提(すぼだい)・阿難・優波離・等39尊を配し密教が顕教を吸収したと言う表現、合計29尊。

4, 文殊院―文殊師利菩薩を中心に真実の姿を示し智慧を象徴され使者衆を含めて25尊で形成される、文殊院には小さく観音菩薩と普賢菩薩が描かれている、経典に於いては五尊のみ記述されている。

5, 持明院(じみょういん・五大院)―東寺の羯磨曼荼羅は仁王教からの引用とされるが持明院を参考にして空海の新たな解釈と考えたい、中心に般若菩薩を配し,向かって右から不動・降三世・大威徳・勝三世の四明王の5尊を配し降伏のパワーを示す即ち自我者を憤怒降伏の姿で般若に導く。
般若菩薩は梵語のプラジューニャでバーリ語の音訳でバンニャーから来ている、漢訳を慧と言い、和訳では見識・真実の智慧とされ覚りの母胎である、般若心経の要諦的菩薩である。

6, 虚空蔵院―虚空蔵菩薩を中央に配し両端に大きく右に金剛蔵王菩薩、左に27面の千手千眼観音の両菩薩等29尊を配し、全ての徳を生み出す働きを示す、経典に於いては虚空無垢菩薩・虚空慧菩薩・清浄慧菩薩・行慧菩薩・安慧菩薩のみが記述されている。

7, 蘇悉地院―功徳の完成を意味し十一面観音菩薩・金剛軍茶利菩薩等8尊を配するが経典に於いては虚空蔵院に統括されている。

8, 金剛手院ー金剛薩凱、を主尊として32尊を配し佛の大智の徳を著わしている、金剛薩凱(こんごうさった)は密教創設者であり重要な院である、大日如来の大智の徳を示す。

9, 蓮華部院―観音院とも言い大日如来の大悲救済示す、聖(しょう・正)観音菩薩を主尊に慈悲を表し如意輪・不空羂策観音等37尊を配置する。

10, 外金剛部院(げこんごうぶいん)―最外院とも言い、曼荼羅の守護との説も有るが十界曼荼羅とも言われ、佛・菩薩・縁覚・声聞・天人・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄・即ち宇宙全体を説き現したと見られる、ヒンズー教の神々や持国天・閻魔天・阿修羅・吉祥天・等四方に201尊が配置される。     

注11、除蓋障院(じょがいしょういん)―除蓋障菩薩を主尊に九尊を配し障害除去の働きを現す、経典とは尊名に相違がある。  
九尊の内訳は上から  悲愍慧菩薩(ひみん)  破悪趣菩薩  施無畏菩薩  賢護菩薩  除蓋障菩薩   慈発生菩薩  慈愍菩薩  拆諸熱悩菩薩(しゃくしょねつのう)  不思議慧菩薩(日光菩薩)合計9尊。

注12、地蔵院―地蔵菩薩を主尊に9尊を配し全ての救済を表しているが、経典には宝印手菩薩・宝手菩薩・地蔵菩薩・宝処菩薩・持地菩薩・堅個意菩薩の六尊である。
九尊の内訳は上から  除一切憂冥菩薩(除憂冥菩薩・うみょう) 不空見菩薩   宝印手菩薩   宝光菩薩   地蔵菩薩  宝手菩薩  持地菩薩(堅意菩薩)  堅固深心菩薩  日光菩薩(除蓋障菩薩)  


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事